{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201002267319355579   整理番号:10A0789445

Fe基合金の超臨界水環境での腐食に及ぼすCr,AlおよびSiの影響

Effects of Cr, AI and Si on Corrosion of Fe Base Alloy in Supercritical Water Environment
著者 (4件):
資料名:
巻: 76  号: 767  ページ: 988-995  発行年: 2010年07月25日
JST資料番号: F0227B  ISSN: 0387-5008  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: 日本 (JPN)  言語: 日本語 (JA)
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
高価なNiおよびMoを含まず超臨界水環境でSUS316Lと同等の耐食性の示すFe基合金の作製を目的とし,Cr,AlおよびSiを添加した材料を作製し,超臨界HCl環境で腐食試験を行った。Fe-25%Cr-10%Al合金およびFe-30%Cr-1~10%Al合金では,673K以下の範囲においてSUS316Lと同程度の耐食性を示したが,693K以上ではAlの溶出量が増加するため,Alを添加した材料の耐食性は低下した。Fe-25%Cr-10%Al合金およびFe-35%Cr-5%Al合金にSiを添加することにより,693K以上でのAlの溶出を抑制することができた。また,孔食などの部分腐食の発生も抑制し,SUS316Lより優れた耐食性を示した。(著者抄録)
シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

準シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

分類 (2件):
分類
JSTが定めた文献の分類名称とコードです
腐食基礎理論,腐食試験  ,  鉄鋼材料 

前のページに戻る