研究者
J-GLOBAL ID:201101006369758394   更新日: 2019年03月26日

小林 大輔

コバヤシ ダイスケ | KOBAYASHI Daisuke
所属機関・部署:
職名: 助教
研究分野 (6件): 生理学一般 ,  応用生物化学 ,  分子生物学 ,  応用分子細胞生物学 ,  植物分子・生理科学 ,  植物栄養学・土壌学
研究キーワード (6件): 輸送体 ,  イオンチャネル ,  ボルテージクランプ ,  微量元素 ,  セシウム ,  細胞障害
競争的資金等の研究課題 (4件):
  • 2011 - 2014 植物科学者・土壌肥料科学者の共同作業による、福島第一原子力発電所被災により生じたイネと水田環境に関する被曝調査とその低減のための将来対策の検討
  • 2011 - 2012 ヒト培養細胞のセシウムによる増殖抑制に関する研究
  • 2013 - 現在 御種人参を主とした医薬農連携による生薬地産地消プログラム
  • 2016 - 現在 薬用作物の国内生産拡大に向けた技術の開発 「オタネニンジンの生産拡大のための技術開発」
論文 (29件):
  • Mutsumi Yamagami, Masumi Yanai-Kudo, Daisuke Kobayashi, Shun'ichi Hisamatsu, and Jiro Inaba. Screening and characterization of cesium-resistant mutants from mutagenized Arabidopsis thaliana. Proceedings of the International Symposium on Radioecology and Environmental Dosimetry. 2003. 284-289
  • Daisuke Kobayashi, Masahiro Tamoi, Toshio Iwaki, Shigeru Shigeoka, and Akira Wadano. Molecular Characterization and Redox Regulation of Phosphoribulokinase from the Cyanobacterium Synechococcus sp. PCC 7942. Plant Cell Physiology. 2003. 44. 3. 269-276
  • Daisuke Kobayashi, Mutsumi Yamagami, Shun'ichi Hisamatsu, Nobuyuki Uozumi, Akihiro Hazama, and Jiro Inaba. Studies of cesium permeability of potassium transporter from Arabidopsis. Proceedings of the International Sympodium on Environmental Modeling and Radioecology. 2006. 332-335
  • Toshio Iwaki, Kazunori Shiota, Khaled Al-Taweel, Daisuke Kobayashi, Atsushi Kobayashi, Kensaku Suzuki, Toshifumi Yui, and Akira Wadano. Inhibition of RuBisCO Cloned from Thermosynechococcus vulcanus and Expressed in Escherichia coli with Compounds Predicted by Molecular Operation Environment (MOE). Journal of Bioscience and Bioengineering. 2008. 105. 1. 26-33
  • Daisuke Kobayashi, Nobuyuki Uozumi, Shun'ichi Hisamatsu, and Mutsumi Yamagami. AtKUP/HAK/KT9, a K+ Transporter from Arabidopsis thaliana, Mediates Cs+ Uptake in Escherichia coli. Biosci, Biotechnol Biochem. 2010. 74. 1. 203-205
もっと見る
講演・口頭発表等 (66件):
  • 高等植物型phosphoribulokinase遺伝子導入によるラン藻光合成の変化
    (日本農芸化学会1998年度大会 1998)
  • Synechococcus sp. PCC 7942における大量発現系の構築
    (日本農芸化学会1999年度大会 1999)
  • ラン藻 Synechococcus PCC 7942を用いたホスホリブロキナーゼ過剰発現形質転換体の作製
    (日本農芸化学会2000年度大会 2000)
  • Gene cloning of cyanobacterium Synechococcus PCC 7942 phosphoribulokinase and its overexpression in E. coli
    (Gene Manipulation for Plant Physiology and Agriculture Beyond the Genome 2000)
  • 藍藻ホスホリブロキナーゼ遺伝子の大量発現系の構築及び酸化還元調節機構の解明
    (日本農芸化学会関西・中四国支部合同大会 2001)
もっと見る
学位 (1件):
  • 博士(農学) (大阪府立大学)
経歴 (3件):
  • 2003/06/01 - 2008/03/31 財団法人 環境科学技術研究所 任期付研究員
  • 2008/04/01 - 2008/04/30 東京大学 生物生産工学研究センター 特任研究員
  • 2008/05/01 - 現在 福島県立医科大学 医学部 細胞統合生理学講座 助教
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る