研究者
J-GLOBAL ID:201101007694063196   更新日: 2020年10月18日

松下 光範

マツシタ ミツノリ | Matsushita Mitsunori
所属機関・部署:
職名: 教授
ホームページURL (2件): http://amateras.wsd.kutc.kansai-u.ac.jp/http://amateras.wsd.kutc.kansai-u.ac.jp/
研究分野 (4件): ヒューマンインタフェース、インタラクション ,  ヒューマンインタフェース、インタラクション ,  データベース ,  知能情報学
研究キーワード (2件): 情報編纂 ,  インタラクションデザイン
競争的資金等の研究課題 (4件):
  • 2010 - 2010 情報可視化を活用した対話的情報アクセスの研究評価基盤の構築
  • 2008 - 2008 視覚的情報アクセス技術の基盤構築と評価に関する研究
  • 2005 - 2006 動向情報の要約と可視化に関する研究
  • 2004 - 2004 情報アクセスのための質問応答技術高度化に関する研究
論文 (44件):
  • 阪口紗季, 白水菜々重, 島田さやか, 松下光範. 電子工作体験キット Haconiwa のデザインと評価. 情報処理学会論文誌: デジタルコンテンツ. 2017. 第5巻1号
  • 砂山渡, 高間康史, 徳永秀和, 串間宗夫, 西村和則, 松下光範, 北村侑也. 統合環境TETDMを用いた社会実践. 人工知能学会論文誌. 2017. 第32巻1号, pp. NFC-A_1-12
  • 山下諒, 朴炳宣, 松下光範. コミックの内容情報に基づいた探索的な情報アクセスの支援. 人工知能学会論文誌. 2017. 第32巻1号, pp. WII-D_1-11
  • 阪口紗季, 東納ひかり, 松下光範. 実物体と影の変形を用いた情報の秘匿と選択的視覚化. 芸術科学会論文誌. 2016. 第15巻4号, pp. 157-166
  • 阪口紗季, 東納ひかり, 松下光範. Restive Shadow: 多波長赤外光を用いた拡張影生成システム. 情報処理学会論文誌. 2016. 第57巻4号, pp. 1239 - 1250
もっと見る
MISC (12件):
  • 加藤恒昭, 松下光範, 神門典子. 動向情報の要約と可視化とその展開 : MuST(動向情報の要約と可視化に関するワークショップ)活動報告. 情報処理学会研究報告. 自然言語処理研究会報告. 2009. 2009. 36. 73-79
  • Tsuneaki Kato, Mitsunori Matsushita, Noriko Kando. Multi-modal Summarization for Trend Information: Its Past and Future Development : An Activity Report on the MuST Workshop. 2009. 2009. 36. 73-79
  • 加藤恒昭, 松下光範, 神門典子. 動向情報の情報編纂ーNTCIR MuSTを通じて見えてきたものー. 第23回人工知能学会全国大会. 2009
  • Tsuneaki Kato, Mitsunori Matsushita, Noriko Kando. Information Compilation for Trend Information. 2009
  • 松下光範. 情報可視化の基礎. 言語処理学会第15回年次大会チュートリアル資料. 2008. pp. 31-50
もっと見る
書籍 (13件):
  • 探索的検索-情報へのアプローチの変化
    薬学図書館 2015
  • コミック工学
    日本ファジィ学会誌 2013
  • 「おもしろい」を仕掛ける-笑いの制作実践とその仕掛学的解釈
    人工知能学会誌 2013
  • 動向情報アクセスと可視化
    知能と情報 2010
  • 動向情報処理の広がり
    知能と情報 2010
もっと見る
講演・口頭発表等 (79件):
  • 物語の類型に着目した絵本の類似探索手法に関する一検討
    (電子情報通信学会技術報告 2017)
  • Designing A Question-Answering System for Comic Contents
    (1st International Workshop on coMics ANalysis, Processing and Understanding (MANPU2016) 2016)
  • フィジカルな物体と影の変形を用いた情報の秘匿と選択的視覚化
    (NICOGRAPH2016 2016)
  • Information Access Method Triggered by User’s Interests during Comic Reading
    (5th Asian Conference on Information Systems 2016)
  • Exploratory Search System Based on Comic Content Information Using a Hierarchical Topic Classification
    (5th Asian Conference on Information Systems 2016)
もっと見る
学歴 (3件):
  • 2003 - 大阪大学 システム人間系専攻
  • 1995 - 大阪大学 物理系専攻
  • - 1993 大阪大学 精密工学科
学位 (1件):
  • 博士(工学)
経歴 (8件):
  • 2010/04 - 現在 関西大学 総合情報学部 教授
  • 2008/09 - 現在 関西大学 総合情報学部
  • 2008/09 - 2010/03 関西大学 総合情報学部 准教授
  • 2006/03 - 2008/08 NTT Communication Science Labs., NTT Corp. Research Specialist
  • 2006/03 - 2008/08 日本電信電話株式会社NTTコミュニケーション科学基礎研究所 主任研究員
全件表示
受賞 (26件):
  • 2019/03/08 - 情報処理学会 インタラクション2019インタラクティブ発表賞
  • 2019/03/06 - 電子情報通信学会 データ工学研究専門委員会/日本データベース学会/情報処理学会データベースシステム研究会 DEIM2019優秀インタラクティブ賞
  • 2018/11/28 - 国立情報学研究所 IDRユーザフォーラム クックパッド賞
  • 2017/12/14 - Asian Conference on Information Systems Best Paper Award
  • 2017/11/11 - 芸術科学会 芸術科学会論文賞
全件表示
所属学会 (4件):
Association for Computing Machinery ,  情報処理学会 ,  日本バーチャルリアリティ学会 ,  人工知能学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る