研究者
J-GLOBAL ID:201101010211101689   更新日: 2022年06月30日

荒牧 英治

アラマキ エイジ | Aramaki Eiji
所属機関・部署:
職名: 教授
その他の所属(所属・部署名・職名) (3件):
  • 産業技術総合研究所(AIST) 人工知能研究センター  客員研究員
  • 国立がんセンター(NCC)  客員研究員
  • 大阪国際がんセンター  特別研究員
ホームページURL (2件): http://luululu.com/aramaki/http://luululu.com/index-en.shtml
研究分野 (3件): ウェブ情報学、サービス情報学 ,  医用システム ,  知能情報学
研究キーワード (15件): コミュニティ型コンテンツ ,  SNS ,  コンテンツホール検索 ,  Wikipedia ,  検索 ,  ブログ ,  コミュニティ ,  Web2.0 ,  画像・言語・音声等認識 ,  情報システム ,  自然言語処理 ,  人工知能 ,  情報工学 ,  機械学習 ,  医療・福祉
競争的資金等の研究課題 (43件):
  • 2021 - 2024 ソーシャルメディアからの患者の悩み・実践知の抽出技術と活用基盤の確立
  • 2021 - 2024 患者テキストを臨床に活かす医療言語処理基盤の構築
  • 2019 - 2024 常識的知識を活用した言語理解・推論に基づく議論マイニングの新展開
  • 2018 - 2023 セキュリティの高い医療情報データベースの構築とそれらを利用した医療有用情報の抽出、解析技術等の開発プロジェクト (SIPAIH18A01)
  • 2018 - 2023 医療テキスト構造化のための言語・知識処理基盤の構築
全件表示
論文 (169件):
  • Yuta Nakamura, Shouhei Hanaoka, Yukihiro Nomura, Naoto Hayashi, Osamu Abe, Shunrato Yada, Shoko Wakamiya, Eiji Aramaki. Clinical Comparable Corpus Describing the Same Subjects with Different Expressions. Studies in health technology and informatics. 2022. 290. 253-257
  • Faith W Mutinda, Shuntaro Yada, Shoko Wakamiya, Eiji Aramaki. AUTOMETA: Automatic Meta-Analysis System Employing Natural Language Processing. Studies in health technology and informatics. 2022. 290. 612-616
  • Tomomi Watanabe, Shuntaro Yada, Eiji Aramaki, Hiroshi Yajima, Hayato Kizaki, Satoko Hori. Extracting Multiple Worries From Breast Cancer Patient Blogs Using Multilabel Classification With the Natural Language Processing Model Bidirectional Encoder Representations From Transformers: Infodemiology Study of Blogs. JMIR cancer. 2022. 8. 2. e37840
  • Eiji Aramaki, Shoko Wakamiya, Shuntaro Yada, Yuta Nakamura. Natural Language Processing: from Bedside to Everywhere. Yearbook of medical informatics. 2022
  • Satoshi Nishioka, Tomomi Watanabe, Masaki Asano, Tatsunori Yamamoto, Kazuyoshi Kawakami, Shuntaro Yada, Eiji Aramaki, Hiroshi Yajima, Hayato Kizaki, Satoko Hori. Identification of hand-foot syndrome from cancer patients' blog posts: BERT-based deep-learning approach to detect potential adverse drug reaction symptoms. PloS one. 2022. 17. 5. e0267901
もっと見る
MISC (280件):
  • Shoko Wakamiya, Toshiki Mera, Eiji Aramaki, Masaki Matsubara, Atsuyuki Morishima. Crowdsourced Hypothesis Generation and their Verification: A Case Study on Sleep Quality Improvement. 2022
  • Taichi Murayama, Shohei Hisada, Makoto Uehara, Shoko Wakamiya, Eiji Aramaki. Annotation-Scheme Reconstruction for "Fake News" and Japanese Fake News Dataset. 2022
  • 荒牧英治. 医療施設におけるAI音声認識・自然言語処理の活用事例. アニムス. 2022. 27. 1
  • Fei Cheng, Shuntaro Yada, Ribeka Tanaka, Eiji Aramaki, Sadao Kurohashi. JaMIE: A Pipeline Japanese Medical Information Extraction System. CoRR. 2021. abs/2111.04261
  • Taichi Murayama, Shoko Wakamiya, Eiji Aramaki. Mitigation of Diachronic Bias in Fake News Detection Dataset. Proceedings of the Seventh Workshop on Noisy User-generated Text(W-NUT). 2021. abs/2108.12601. 182-188
もっと見る
特許 (1件):
  • 診断装置,診断方法,及び診断プログラム
書籍 (8件):
  • 医療言語処理
    コロナ社 2017 ISBN:9784339027624
  • 日本語学12月号「SNSビッグデータでとらえる言語問題」
    明治書院 2017
  • 臨床心理学増刊号第9号「語りの自然言語処理」
    2017
  • 実験医学増刊号「 ビッグデータと生命科学・医療」
    羊土社 2016
  • ソーシャルメディアでインフルエンザ流行を捉える, 岩波データサイエンス4
    岩波書店 2016
もっと見る
講演・口頭発表等 (378件):
  • AIを支える医療言語処理とその応用アプリケーション
    (京都大学大学院医学研究科第 2 回「AI×医療ヘルスケア」シンポジウム 2021)
  • ヒト・AI共生を目指した未来のファーマコビジランス
    (日本製薬医学会 2020)
  • 加速するテクノロジーの進化:ヘルスケア産業におけるテクノロジーの全貌を理解し、持続可能な製薬企業の活路を開く
    (eyeforpharma 2020 2020)
  • 自然言語解析はカルテ・レポートを変える?
    (日本心臓CT研究会 スポンサードシンポジウム「AIを使った画像解析の基礎と応用・IoT・レポートの現状」 2020)
  • 言葉を測定する技術から言葉で治療する技術へ
    (荒牧英治 2020)
もっと見る
Works (1件):
  • ~媒体-間-翻訳展~ 京都芸術センター
    荒牧英治, 佃誠玄 2005 - 2005
学歴 (3件):
  • 2002 - 2005 東京大学
  • 2000 - 2002 京都大学
  • 1995 - 2000 京都大学
学位 (1件):
  • 情報理工学 (東京大学)
経歴 (5件):
  • 2020/04 - 現在 奈良先端科学技術大学院大学 先端科学技術研究科 教授
  • 2015/09 - 2020/03 奈良先端科学技術大学院大学 研究推進機構 特任准教授
  • 2013/04 - 2015/08 京都大学 デザイン学ユニット 特定准教授
  • 2009/04 - 2013/03 東京大学 知の構造化センター 講師
  • 2005/04 - 2009/03 東京大学 医学部・附属病院 特任助教
委員歴 (9件):
  • 2019 - 現在 自然言語処理学会 理事
  • 2018 - 現在 EMNLP Area Chair
  • 2018 - 現在 New generation computing Editorial Board
  • 2017 - 現在 情報通信審議会技術戦略委員会 次世代人工知能推進戦略委員会 構成委員
  • 2017 - 現在 自然言語処理学会 編集委員
全件表示
受賞 (7件):
  • 2020 - 人工知能学会 人工知能学会論文賞
  • 2018 - IMIA IMIA Best Paper
  • 2017 - NTCIR13, MedWeb Task Best System Award
  • 2016/03 - インタラクション2016 ベストペーパー・アワード
  • 2016 - 優秀賞 情報処理学会 第227回 自然言語処理研究会(SIG-NL)
全件表示
所属学会 (4件):
人工知能学会 ,  医療情報学会 ,  言語処理学会 ,  ACL
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る