研究者
J-GLOBAL ID:201101011687954287   更新日: 2021年06月12日

齊藤 治美

Saito Harumi
所属機関・部署:
職名: 特定助教
研究分野 (1件): 基盤脳科学
研究キーワード (8件): 大脳基底核 ,  質感 ,  大脳皮質 ,  視覚 ,  意識 ,  情動行動 ,  神経回路 ,  嗅覚受容体
競争的資金等の研究課題 (6件):
  • 2020 - 2023 視覚野における細胞種特異的に発現する遺伝子情報の解析及び神経回路探索
  • 2019 - 霊長類の高次脳機能領域における機能的神経回路探索ツールの開発
  • 2017 - 2019 嗅覚高次中枢において神経回路機構を形成する分子メカニズムの探索
  • 2016 - 科学研究費補助金 挑戦的萌芽研究 単一の糸球体の光刺激によって誘導されるマウスにおける恐怖行動の解析
  • 2011 - 2012 匂い刺激によって誘因される恐怖行動とその神経回路の検索
全件表示
論文 (14件):
MISC (3件):
特許 (3件):
  • Modulators of odorant receptors
  • Modulators that promote cell surface expression of odorant receptors
  • Modulators of odorant receptors
書籍 (1件):
  • 匂い受容体の機能発現を制御する新規分子
    実験医学Current topics 2005
講演・口頭発表等 (14件):
  • Immobility responses are induced by photoactivation of single glomerular species responsive to fox odour
    (第56回 日本生物物理学会 2018)
  • Elucidating the Neural Circuit Inducing a Fear/Aversive Behaviors in the Mouse Main Olfactory System.
    (第1回 大脳基底核機能研究会 2018)
  • Immobility responses are induced by photoactivation of single glomerular species responsive to fox odour
    (第40回 日本神経科学大会 2017)
  • Photo-activation of a single pair of specific to a fox odorant elicits an immobility response in mice.
    (Gordon Research Conference on Optogenetic Approaches to Understanding Neural Circuits and Behavior. 2016)
  • Photo-activation of a single pair of glomeruli specific to a fox odorant elicits an immobility response in mice.
    (第7回光操作研究会 国際シンポジウム 2015)
もっと見る
学位 (1件):
  • VMD.Ph.D
経歴 (11件):
  • 2021/04 - 現在 京都大学 高等研究院 ヒト生物学高等研究拠点(
  • 2019/04 - 2021/03 玉川大学 脳科学研究所 特任助教
  • 2018/04 - 2019/03 玉川大学 脳科学研究所 研究員
  • 2018/01 - 2018/03 京都大学 霊長類研究所 非常勤研究員
  • 2014/04 - 2017/12 福井大学 医学部 学術研究員
全件表示
受賞 (1件):
  • 1992 - 第113回日本獣医学会 日本獣医解剖学会奨励賞
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る