研究者
J-GLOBAL ID:201101012841033099   更新日: 2019年05月20日

市來 雅啓

イチキ マサヒロ | ICHIKI Masahiro
所属機関・部署:
職名: 助教
その他の所属(所属・部署名・職名) (1件):
ホームページURL (2件): http://db.tohoku.ac.jp/whois/detail/977647baef5ad08cb381b146e9128380.htmlhttp://db.tohoku.ac.jp/whois/e_detail/977647baef5ad08cb381b146e9128380.html
研究分野 (2件): 固体地球惑星物理学 ,  岩石・鉱物・鉱床学
研究キーワード (6件): 地球惑星内部電磁気学 ,  電気伝導度 ,  MT法 ,  TEM法 ,  岩石・鉱物電気伝導度室内実験 ,  地殻・マントル
競争的資金等の研究課題 (9件):
  • 2017 - 2020 電磁波反射・屈折法による地下電気伝導度時間変化検出シミュレーション
  • 2013 - 2019 課題番号1003「多項目観測に基づく火山熱水系の構造の時空間変化の把握と異常現象の検知」
  • 2013 - 2019 課題番号1202 「蔵王山周辺の総合観測」
  • 2013 - 2019 課題番号1203「殻応答による断層への応力載荷過程の解明と予測」
  • 2013 - 2019 課題番号1204「地震断層すべり物理モデルの構築」
全件表示
論文 (38件):
MISC (1件):
特許 (1件):
  • 詰まり検出システム
講演・口頭発表等 (32件):
  • 東北地方上部マントル電気伝導度構造探査の為の長周期MT観測
    (地球惑星科学連合2010年大会 2010)
  • A upper mantle electrical conductivity profile beneath the Australian continent and a comparison with a laboratory-based model
    (American Geophysical Union Fall Meeting 2010 2010)
  • A upper mantle electrical conductivity profile beneath the Australian continent and a comparison with a laboratory-based model
    (IUGG 2011 General Assembly 2011)
  • 長周期MT観測によって見えてきた東北地方沈み込み帯の3次元マントル電気伝導度構造と流体の動態
    (2011年度地殻流体研究集会 2011)
  • A magnetotelluric exploration to reveal three-dimensional electrical conductivity distribution of the upper mantle beneath Tohoku district, Northeastern Japan
    (American Geophysical Union Fall Meeting 2011 2011)
もっと見る
学位 (1件):
  • 博士(理学) (京都大学)
所属学会 (5件):
地球電磁気・地球惑星圏学会 ,  米国地球物理学連合 ,  日本火山学会 ,  日本地球惑星科学連合 ,  CA研究会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る