研究者
J-GLOBAL ID:201101028453021961   更新日: 2021年10月07日

川島 正行

カワシマ マサユキ | Kawashima Masayuki
所属機関・部署:
職名: 助教
ホームページURL (1件): http://kaken.nii.ac.jp/ja/r/10281833
研究分野 (2件): 大気水圏科学 ,  環境動態解析
研究キーワード (18件): 台風 ,  豪雪 ,  豪雨 ,  ドップラ-レ-ダ- ,  雲解像モデル ,  熱力学的リトリ-バル ,  シア不安定 ,  筋状降雪雲 ,  気象学 ,  大気現象 ,  温帯低気圧 ,  降雪 ,  前線 ,  渦状降雪雲 ,  下層雲 ,  北極海 ,  オホーツク海 ,  乱流フラックス
競争的資金等の研究課題 (2件):
  • メソスケール降水システムに関する研究
  • study on meso-scale precipitating systems
論文 (33件):
  • Tsutomu Watanabe, Marie Takagi, Kou Shimoyama, Masayuki Kawashima, Naoyuki Onodera, Atsushi Inagaki. Coherent Eddies Transporting Passive Scalars Through the Plant Canopy Revealed by Large-Eddy Simulations Using the Lattice Boltzmann Method. Boundary-Layer Meteorology. 2021. 181. 1. 39-71
  • Masayuki Kawashima. A Numerical Study of Cirrus Bands and Low Static-stability Layers associated with Tropical Cyclone Outflow. Journal of the Atmospheric Sciences. 2021
  • Tsutomu Watanabe, Kou Shimoyama, Masayuki Kawashima, Yasuko Mizoguchi, Atsushi Inagaki. Large-Eddy Simulation of Neutrally-Stratified Turbulent Flow Within and Above Plant Canopy Using the Central-Moments-Based Lattice Boltzmann Method. Boundary-Layer Meteorology. 2020. 176. 1. 35-60
  • Leah S. Campbell, W. James Steenburgh, Yoshinori Yamada, Masayuki Kawashima, Yasushi Fujiyoshi. Influences of Orography and Coastal Geometry on a Transverse-Mode Sea-Effect Snowstorm over Hokkaido Island, Japan. Monthly Weather Review. 2018. 146. 7. 2201-2220
  • Masayuki Kawashima. The Role of Vertically Propagating Gravity Waves Forced by Melting-Induced Cooling in the Formation and Evolution of Wide Cold-Frontal Rainbands. Journal of the Atmospheric Sciences. 2016. 73. 7. 2803-2836
もっと見る
MISC (22件):
  • 川島正行. 寒気吹き出し時に東京都市域で発生する大気下層の乱気流の数値実験. 低温科学. 2019. 77. 71-78
  • 川島正行. 台風に伴う放射状巻雲バンドの数値実験. 月刊海洋 号外「大気・ 海洋の渦・対流・シア流とその相互作用-新野宏教授退職記念号」. 2019. 62. 99-103
  • 櫻井南海子, 森修一, 川島正行, 藤吉康志, 濱田純一, Wendi Harjupa, 橋口浩之, Fadli Syamsdin, 松本淳. スマトラ島西岸沖の多雨要因についての考察. 第5回赤道大気レーダーシンポジウム. 2011
  • 山本衛, 橋口浩之, 山本真之, 古本淳一, 川島正行, 宮崎雄三, 長澤親生, 阿保真, 柴田泰邦, 下舞豊志, et al. レーダー・ライダー複合拠点観測による物質・エネルギーの動態観測. 日本地球惑星科学連合2010年大会. 2010
  • 森修一, 濱田純一, 櫻井南海子, 上米良秀行, 川島正行, 橋口浩之, 松本淳. HARIMAU2006で観られたスマトラ島沿岸域における対流活動の特徴. 第3回赤道大気レーダーシンポジウム. 2009
もっと見る
書籍 (2件):
  • 低温科学便覧
    2015
  • 地球惑星科学入門
    北海道大学出版会 2010
学位 (1件):
  • 理学博士 (東京大学)
経歴 (3件):
  • 2001/05 - 2013/03 防災科学技術研究所 客員研究員(兼任)
  • 2007/04 - 2011 北海道大学 低温科学研究所 助教
  • 1996/04 - 2007/03 北海道大学 低温科学研究所 助手
委員歴 (2件):
  • 2008/09 - 現在 日本気象学会 気象集誌編集委員
  • 2000/09 - 現在 日本気象学会 「天気」編集委員
所属学会 (2件):
Meteorological Society of Japan ,  日本気象学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る