研究者
J-GLOBAL ID:201101059168117532   更新日: 2022年05月11日

國廣 昇

クニヒロ ノボル | Kunihiro Noboru
所属機関・部署:
職名: 教授
ホームページURL (1件): https://www.crisec.cs.tsukuba.ac.jp/
研究分野 (2件): 情報学基礎論 ,  情報セキュリティ
研究キーワード (5件): 量子アルゴリズム ,  情報セキュリティ ,  暗号の安全性評価 ,  公開鍵暗号 ,  暗号理論
競争的資金等の研究課題 (10件):
  • 2021 - 2027 ポスト量子社会が求める高機能暗号の数理 基盤創出と展開
  • 2021 - 2026 耐量子暗号への移行に向けた量子安全性の解析 研究課題
  • 2019 - 2022 特徴保存暗号に基づく暗号化データベースに対する安全性評価
  • 2016 - 2019 ポスト量子時代をみすえた高機能暗号の安全評価手法の確立
  • 2013 - 2019 自己情報コントロール機構を持つプライバシ保護データ収集・解析基盤の構築と個別化医療・ゲノム疫学への展開
全件表示
論文 (186件):
もっと見る
MISC (36件):
もっと見る
書籍 (5件):
  • 理論計算機科学事典
    2022 ISBN:9784254122633
  • 代数学【工学教程】
    丸善出版 2018 ISBN:9784621302750
  • Mathematical Modelling for Next-Generation Cryptography
    2017
  • ほんとうに安全? 現代の暗号 ([新装版] 岩波科学ライブラリー (102))
    岩波書店 2005 ISBN:4000074423
  • 1冊でわかる暗号理論
    岩波書店 2004 ISBN:4000268716
講演・口頭発表等 (101件):
  • フーリエ解析ベース攻撃に対するECDSAのエラーレートに基づく解析
    (SCIS2022 2022)
  • サイドチャネル攻撃により得られるBinary GCD演算系列に対するエラーモデル
    (SCIS2022 2022)
  • データ分布情報を用いたレンジクエリに対するボリューム漏洩攻撃
    (SCIS2022 2022)
  • エラー付きLS系列に対するエラー訂正アルゴリズム
    (CSS2021 2021)
  • レンジクエリに対するノイズ付きボリューム漏洩攻撃
    (CSS2021 2021)
もっと見る
学歴 (2件):
  • 1994 - 1996 東京大学 計数工学専攻
  • 1990 - 1994 東京大学 計数工学科
学位 (2件):
  • 博士(工学) (東京大学)
  • Ph.D
経歴 (6件):
  • 2019/05 - 現在 筑波大学 システム情報系 教授
  • 2018/04 - 2019/04 東京大学 大学院情報理工学系研究科コンピュータ科学専攻 准教授
  • 2008/03 - 2018/03 東京大学 大学院新領域創成科学研究科複雑理工学専攻 准教授
  • 2006/04 - 2008/02 電気通信大学 電気通信学部 助教授・准教授
  • 2002/07 - 2006/03 電気通信大学 電気通信学部 講師
全件表示
委員歴 (19件):
  • 2021/07 - 現在 情報処理学会 論文誌「量子時代をみすえたコンピュータセキュリティ技術」特集ゲストエディタ(2022年9月号)
  • 2021/04 - 現在 暗号技術調査ワーキンググループ(耐量子計算機暗号)主査
  • 2020/06 - 現在 NICT NICT Quantum Camp(NQC)実行委員,推進員
  • 2020/06 - 現在 電子情報通信学会 情報セキュリティ研究専門委員会副委員長
  • 2020/04 - 現在 情報処理学会 量子ソフトウェア研究会幹事
全件表示
受賞 (3件):
  • 2016/10 - CSS2016最優秀論文賞 「まぜるな危険準同型暗号」
  • 2010/05 - 電子情報通信学会 平成21年度電子情報通信学会論文賞
  • 1997/01 - SCIS論文賞
所属学会 (3件):
情報処理学会 ,  電子情報通信学会 ,  IACR
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る