研究者
J-GLOBAL ID:201101072353441920   更新日: 2020年09月01日

伊藤 寛明

イトウ ヒロアキ | Ito Hiroaki
所属機関・部署:
職名: 准教授
研究分野 (2件): 材料力学、機械材料 ,  複合材料、界面
研究キーワード (4件): 熱インプリント ,  粘弾性 ,  光学素子 ,  密着強度
競争的資金等の研究課題 (4件):
  • 2018 - 2020 粘度測定によるガラスの熱粘弾性特性評価技術の確立
  • 2015 - 2016 高温環境下におけるガラス成形用金型離型膜の密着力および耐久性評価技術の確立
  • 2013 - 2016 レーザー超音波を用いた多層構造燃料電池セルの密着強度・靱性評価法の開発
  • 2008 - 2010 超精密ガラスデバイスのナノインプリント成形
論文 (40件):
もっと見る
MISC (8件):
もっと見る
特許 (5件):
書籍 (3件):
  • ナノインプリント/ナノ加工技術とオプトテクノロジー~ナノ微細構造体の作製と高機能・光学製品への応用~
    情報機構 2012
  • ナノカーボンハンドブック
    エヌ・ティー・エス 2007
  • 高精度切削・研削・研磨・精密成形による非球面レンズの加工技術と評価~ガラス・プラスチックレンズ,材料,金型,装置,測定・評価~
    技術情報協会 2005
講演・口頭発表等 (77件):
  • 熱機械分析装置を用いた光学ガラスのシフトファクタの評価及び測定荷重の影響
    (2020年度非破壊検査総合シンポジウム 2020)
  • 光弾性法および有限要素解析によるガラスレンズの残留応力評価
    (2019年度日本非破壊検査協会秋季講演大会 2019)
  • 応力緩和試験によるガラスの熱粘弾性特性評価
    (日本実験力学会講演論文集 2019)
  • 熱衝撃試験および熱サイクル試験によるガラス成型用DLC膜の耐久性評価
    (日本非破壊検査協会総合シンポジウム2019 2019)
  • ガラスの熱粘弾性特性に及ぼす測定荷重の影響
    (日本非破壊検査協会 平成30年度第3回応力・ひずみ測定部門講演会 2019)
もっと見る
学歴 (3件):
  • 2003 - 2006 信州大学大学院 システム開発工学専攻
  • 2001 - 2003 信州大学大学院 生産システム工学専攻
  • 1997 - 2001 信州大学 生産システム工学科
学位 (1件):
  • 博士(工学) (信州大学)
経歴 (4件):
  • 2019/04 - 現在 近畿大学 工学部 准教授
  • 2016/04 - 2019/03 近畿大学 工学部 講師
  • 2013/04 - 2016/03 青山学院大学 理工学部 助教
  • 2008/10 - 2013/03 信州大学 工学部 助教
受賞 (4件):
  • 2019/09 - 日本実験力学会 論文賞
  • 2008/03 - 精密工学会 北陸信越支部 奨励賞
  • 2006/07 - 工作機械技術振興財団 工作機械技術振興賞(奨励賞)
  • 2001/12 - 日本金属学会・日本鉄鋼協会 北陸信越支部 平成13年度連合講演会優秀発表賞
所属学会 (5件):
日本非破壊検査協会 ,  日本計算数理工学会 ,  日本実験力学会 ,  日本材料学会 ,  日本機械学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る