研究者
J-GLOBAL ID:201101078034204751   更新日: 2020年09月01日

小林 訓史

コバヤシ サトシ | Kobayashi Satoshi
所属機関・部署:
職名: 教授
ホームページURL (1件): https://researchmap.jp/satoshikobayashi/
研究分野 (4件): 材料力学、機械材料 ,  複合材料、界面 ,  航空宇宙工学 ,  無機材料、物性
研究キーワード (26件): 疲労試験 ,  生体活性セラミックス ,  ポリL乳酸 ,  生体吸収性複合材料 ,  マイクロメカニックス ,  損傷力学 ,  生体吸収性プラスチック ,  トランスバースクラック ,  層間はく離 ,  擬似生体環境 ,  結晶化度 ,  長期信頼性 ,  実験マイクロメカニクス ,  機能性界面相 ,  傾斜機能材料 ,  高次構造 ,  複合材料 ,  結晶化 ,  プロセス ,  物性 ,  配向 ,  材料設計 ,  ポリイミド樹脂 ,  リングバースト試験 ,  FRP圧力容器 ,  微視破壊過程
競争的資金等の研究課題 (11件):
  • 2010 - 2011 テーラーメイド医療を目指した生体吸収性複合材料の材料設計法の開発
  • 2010 - 自動車の軽量化へ向けた炭素繊維強化プラスチック大型構造部材の超高速成形法の開発
  • 2008 - 2009 高次構造制御による生体吸収性プラスチック複合材料の高性能化
  • 2009 - 低エネルギーイオン照射による骨疾患治療用セラミックスの高性能化
  • 2006 - 2007 生体吸収性プラスチック複合材料の材料設計法の開発
全件表示
論文 (118件):
  • Masato Sakaguchi, Yoshiki Mitsuoka, Satoshi Kobayashi, Shinji Ogihara. Analysis of orientation behavior in poly(lactic acid) billets during extrusion using a finite element method and chain network model. Mechanical Engineering Journal. 2019
  • 小林訓史, 安永航, 長田稔子. 3Dプリントされた連続炭素繊維強化複合材料の機械的特性に及ぼすプロセスパラメータの影響. 日本複合材料学会誌. 2019. 45. 4. 135-140
  • 小林訓史, 柳澤琴乃, 長田稔子. エポキシ樹脂接着剤を用いた炭素繊維強化プラスチックシングルラップ継手の強度に及ぼす硬化条件の影響. 日本複合材料学会誌. 2019. 45. 3. 91-97
  • Satoshi Kobayashi, Tomoaki Shimpo, Ken Goto. Microscopic damage behavior in carbon fiber reinforced plastic laminates for a high accuracy antenna in a satellite under cyclic thermal loading. Advanced Composite Materials. 2019. 28. 3. 259-269
  • 畑建輔, 坂口雅人, 喜多村竜太, 小林訓史, 荻原慎二. 分子動力学法を用いたポリ-L-乳酸の力学的特性に及ぼす分子鎖変形の影響. 日本複合材料学会誌. 2019. 45. 1. 34-40
もっと見る
MISC (85件):
  • Fengming Yu, Qi Wu, Yoji Okabe, Satoshi Kobayashi, Kazuya Saito. Identification of damage types in carbon fiber reinforced plastic laminates by a novel optical fiber acoustic emission sensor. 7th European Workshop on Structural Health Monitoring, EWSHM 2014 - 2nd European Conference of the Prognostics and Health Management (PHM) Society. 2014. 1186-1193
  • S. Kobayashi, M. Kawahara. Effects of ply thickness on the residual burst strength of hoop-wrapped CFRP composite vessels after out-of-plane loading. 25th Technical Conference of the American Society for Composites and 14th US-Japan Conference on Composite Materials 2010. 2010. 1. 886-895
  • Tran Huu Nam, Shinji Ogihara, Satoshi Kobayashi. Interfacial and mechanical properties of poly(butylene succinate) biodegradable composite reinforced with coir fibers. 7th Asian-Australasian Conference on Composite Materials 2010, ACCM 2010. 2010. 1. 51-54
  • S. Kobayashi, S. Yamadi. Mechanical behavior of hydrolyzed tricalcium phosphate/ Poly(L-lactide) composites under various loading rates. ICCM International Conferences on Composite Materials. 2009
  • S. Yamadi, S. Kobayashi, S. Ogihara. Effect of strain rate on the mechanical behavior of hydrolyzed tricalcium phosphate/ Poly(L-lactide) composites. 24th Annual Technical Conference of the American Society for Composites 2009 and 1st Joint Canadian-American Technical Conference on Composites. 2009. 3. 2098-2103
もっと見る
特許 (2件):
  • 人工骨部材
  • 人工骨部材
書籍 (2件):
  • プラスチックスエージ エンサイクロペディア 進歩編2011
    プラスチックス・エージ 2010
  • 入門複合材料の力学
    培風館 2009
講演・口頭発表等 (64件):
  • Effect of Curing Temperature on Interfacial Failure Criterion of a Glass Fiber/Epoxy Composite
    (3rd ECCOMAS Thematic Conference on the Mechanical Response of Composites 2011)
  • Characterization of Mechanical Behavior of Particle Dispersed Biocomposites
    (3rd ECCOMAS Thematic Conference on the Mechanical Response of Composites 2011)
  • Evaluation of Interfacial Failure Criterion in a Glass Fiber/Epoxy Composite: Effect of Curing Temperature
    (European Congress and Exhibition on Advanced Materials and Processes 2011 2011)
  • Effect of autofrettage on the impact resistance of CFRP composite vessels with a metallic liner
    (European Congress and Exhibition on Advanced Materials and Processes 2011 2011)
  • Effect of Hydrolysis and Strain Rates on the Compressive Properties of Tricalcium Phosphate/Poly-L-Lactic Acid Composites
    (European Congress and Exhibition on Advanced Materials and Processes 2011 2011)
もっと見る
学位 (1件):
  • Ph. D. (The University of Tokyo)
経歴 (3件):
  • 2018/04 - 現在 首都大学東京 システムデザイン学部 教授
  • 2016/04 - 2018/03 首都大学東京 理工学研究科 教授
  • 2005 - 2016 首都大学東京 理工学研究科 准教授
委員歴 (56件):
  • 2011 - 現在 強化プラスチック協会 情報・編集委員会委員
  • 2009 - 現在 高圧ガス保安協会 ISO/TC220国内委員会委員長
  • 2009 - 現在 高圧ガス保安協会 ISO/TC58国内委員会委員長
  • 2008 - 現在 エンジニアリング振興協会 ISO/TC197/WG6国内委員会委員
  • 2008 - 現在 日本ガス協会 NGV容器研究会副委員長
全件表示
受賞 (6件):
  • 2014 - 日本機械学会 機械材料・材料加工部門 部門一般表彰(優秀講演論文部門)
  • 2013/05 - 日本複合材料学会 日本複合材料学会論文賞
  • 2010 - 日本機械学会,機械材料・材料加工部門,部門一般表彰(新技術開発部門)
  • 2005 - 日本複合材料学会第23回林賞
  • 2004 - 第12回複合材料界面シンポジウム進歩賞
全件表示
所属学会 (10件):
日本バイオマテリアル学会 ,  高圧力技術協会 ,  プラスチック成形加工学会 ,  日本複合材料学会 ,  日本機械学会 ,  日本高圧力技術協会 ,  The American Ceramic Society ,  American Physical Society ,  自動車技術会 ,  日本塑性加工学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る