研究者
J-GLOBAL ID:201101078861425253   更新日: 2020年07月22日

篠崎 淳

シノザキ ジュン | Shinozaki Jun
所属機関・部署:
職名: 助教
その他の所属(所属・部署名・職名) (1件):
  • 北海道ハイテクノロジー専門学校義肢装具士科  非常勤講師
ホームページURL (1件): http://web.sapmed.ac.jp/physiol2/index.html
研究分野 (4件): 認知科学 ,  基盤脳科学 ,  実験心理学 ,  基盤脳科学
研究キーワード (16件): 顔認知 ,  共感 ,  欠落刺激 ,  社交不安 ,  前頭前野 ,  fMRI ,  視聴覚音声知覚 ,  言語特異性 ,  反応時間課題 ,  発達 ,  上側頭回後部 ,  頭頂葉 ,  運動関連領野 ,  ERP ,  人工内耳 ,  運動制御
競争的資金等の研究課題 (6件):
  • 2017 - 2021 顔の想起に着目した未知顔から既知顔へ至る脳機能変化の解明と操作
  • 2014 - 2016 顔表情認知に関与する2つの神経経路のダイナミクス特性の解明
  • 2012 - 2014 顔表情認知における母親顔特殊性をもたらす神経ネットワークの解明
  • 2010 - 2012 ヒトの歩行安全性をもたらす下肢運動機能制御の解明
  • 2009 - 2012 コミュニケーション基盤の発達と脳機能の特殊化・可塑性
全件表示
論文 (15件):
  • 玉 珍, 矢澤 省吾, 村原 貴史, 齊藤 秀和, 篠崎 淳, 白石 秀明, 松橋 眞生, 松山 清治, 長峯 隆. 突発刺激に対し高頻度反応課題遂行を中断する際の脳活動. 生体医工学. 2018. 56. 3. 74-79
  • Suzuki A, Shinozaki J, Yazawa S, Ueki Y, Matsukawa N, Shimohama S, Nagamine T. Establishing a New Screening System for Mild Cognitive Impairment and Alzheimer's Disease with Mental Rotation Tasks that Evaluate Visuospatial Function. Journal of Alzheimer's disease : JAD. 2018. 61. 4. 1653-1665
  • Usui K, Terada K, Usui N, Matsuda K, Kondo A, Tottori T, Shinozaki J, Nagamine T, Inoue Y. Working memory deficit in drug-resistant epilepsy with an amygdala lesion. Epilepsy & behavior case reports. 2018. 10. 86-91
  • Jun SHINOZAKI, Kuniaki HARADA, Hiroshi NAGAHAMA, Yuuki SAKURAI, Yoshihiro AKATSUKA, Takashi NAGAMINE, Takanori KOCHIYAMA. In the Range of 20 to 35ms, an Echo-time of 20ms is Preferred for 3-tesla Functional Magnetic Resonance Imaging. Advanced Biomedical Engineering. 2013. 2. 47-54
  • 赤塚 吉紘, 原田 邦明, 長濱 宏史, 櫻井 佑樹, 篠崎 淳. Instant fMRIにおける画質向上のための至適撮像条件の検討. 北海道放射線技術雑誌. 2010. 70. 70. 25-28
もっと見る
MISC (33件):
  • 菅原 和広, 齊藤 秀和, 臼井 桂子, 篠崎 淳, 松橋 眞生, 白石 秀明, 長峯 隆. 関節運動を伴う筋弛緩時の脳磁場変化. 臨床神経生理学. 2018. 46. 5. 435-435
  • Kenji Ogawa, Fumihito Imai, Jun Shinozaki, Hidekazu Saito, Hiroshi Nagahama, Yuuki Sakurai, Takashi Nagamine. Role of the precentral cortex for kinesthetic motor imagery: fMRI multivariate decoding of finger movements. Society for Neuroscience 48th annual meeting. 2017
  • Mayuko Otomo, Jun Shinozaki, Hiroshi Nagahama, Yuuki Sakurai, Takashi Nagamine. The neural basis of emotion induced by real playing in sports game. Society for Neuroscience 48th annual meeting. 2017
  • A. Suzuki, J. Shinozaki, S. Yazawa, Y. Ueki, N. Matsukawa, S. Shimohama, T. Nagamine. Establishment of a new screening system for MCI and AD with mental rotation tasks evaluating visuospatial function. XXIII World Congress of Neurology. 2017
  • 中尾 紘一, 矢澤 省吾, 鈴木 あい, 杉本 晶子, 鶴田 和仁, 鈴木 由紀子, 篠崎 淳. 脳卒中後てんかんを生じやすい脳部位はあるか?. てんかん研究. 2017. 35. 2. 613-613
もっと見る
特許 (6件):
講演・口頭発表等 (11件):
  • Resting State fMRI:その機序と臨床応用
    (潤和会記念病院 2019)
  • 聴覚誘発脳磁場における振幅計測の基準となる時間帯設定に関する検討
    (第35回日本脳電磁図トポグラフィ研究会 2019)
  • MRIの原理と研究応用
    (日本生理学会北海道地方会 2018)
  • 視聴覚音声統合における機能的結合への母語の影響
    (日本基礎心理学会第37会大会若手オーラルセッション 2018)
  • 魅力的な女性との会話はエピソード記憶を増強するか
    (日本生理学雑誌(Web) 2017)
もっと見る
Works (1件):
  • 神経生理実習書
    篠崎 淳
学歴 (4件):
  • 2004 - 2008 京都大学大学院 医学研究科 脳統御医科学系専攻
  • 1999 - 2001 京都大学大学院 工学研究科 電子物性工学専攻
  • 1995 - 1999 京都大学 工学部 電気電子工学科
  • 1992 - 1995 私立洛南高等学校
学位 (2件):
  • 博士(医学) (京都大学)
  • 修士(工学) (京都大学)
経歴 (7件):
  • 2013/04 - 現在 北海道ハイテクノロジー専門学校 非常勤講師
  • 2009/04 - 現在 札幌医科大学 助教
  • 2007/08 - 2013/03 株式会社国際電気通信基礎技術研究所(ATR) 連携研究員
  • 2008/01 - 2009/03 大阪大学 特任研究員
  • 2006/04 - 2007/03 京都大学大学院 21世紀COEリサーチアシスタント
全件表示
所属学会 (3件):
日本基礎心理学会 ,  日本神経科学学会 ,  日本生理学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る