研究者
J-GLOBAL ID:201101081234281131   更新日: 2020年07月30日

佐々木 尚子

SASAKI Naoko
所属機関・部署:
職名: 講師
その他の所属(所属・部署名・職名) (1件):
ホームページURL (1件): http://kaken.nii.ac.jp/ja/r/50425427
研究分野 (4件): 地理学 ,  環境動態解析 ,  森林科学 ,  生態学、環境学
研究キーワード (24件): 人為の影響 ,  Vegetation changes ,  植生変遷 ,  完新世 ,  草原 ,  森林動態 ,  Palaeoecology ,  古生態学 ,  Vegetation history ,  植生史 ,  Fire history ,  火事史 ,  Pollen analysis ,  花粉分析 ,  Charcoal analysis ,  微粒炭分析 ,  Human impact ,  Sediment ,  堆積物 ,  Peat ,  泥炭 ,  Forest dynamics ,  Grassland ,  Holocene
競争的資金等の研究課題 (8件):
  • 2016 - 2019 中国地方における古代製鉄・製塩の森林資源への影響評価
  • 2014 - 2018 北東アジアにおける最終氷期最盛期における主要樹木分類群の分布と古植生
  • 2013 - 2015 西日本における古代製鉄が植生に与えた影響
  • 2010 - 2015 モンゴル帝国成立史の解明を目指した環境考古学的研究
  • 2012 - 2013 別寒辺牛川集水域における明治期以降の土地利用変化と植生の変遷過程の解明
全件表示
論文 (20件):
もっと見る
MISC (11件):
  • 佐々木 尚子. 宮ノ浦遺跡 I 区21トレンチの花粉分析. 愛媛県越智郡上島町宮ノ浦遺跡III ー第6次・第7次発掘調査報告ー. 2018. 157-158
  • 佐々木尚子, 高原光, 杉田真哉, 林竜馬, 兵藤不二夫, 加三千宣, 占部城太郎. 堆積物中の花粉組成から周辺植生を復元できるか?:REVEALSモデルを用いた北海道4湖沼における定量的な植生復元の試み. 日本花粉学会大会講演要旨集. 2017. 58th. 79
  • 佐々木 尚子. 弓削佐島 宮ノ浦遺跡における花粉分析. 愛媛県越智郡上島町宮ノ浦遺跡 II ー第1次〜第5次発掘調査報告ー. 2016. 111-118
  • 佐々木 尚子. 宮ノ浦遺跡に隣接する湿地におけるボーリング調査(概報). 愛媛県越智郡上島町宮ノ浦遺跡 I ー第1次〜第4次発掘調査概報ー. 2015. 35-36
  • 佐々木 尚子. 書評『森と草原の歴史』ー日本の植生景観はどのように移り変わってきたのかー. 考古学ジャーナル. 2014. No. 651. 37
もっと見る
書籍 (7件):
  • 森林と草原の移り変わり
    勉誠出版 2015 ISBN:9784585221272
  • 花粉分析による集水域植生の復元
    共立出版 2014 ISBN:9784320057357
  • 植物珪酸体と花粉,微粒炭からみた阿蘇・くじゅう地域の草原と人間活動の歴史
    文一総合出版 2011 ISBN:9784829911969
  • 花粉化石と微粒炭からみた近畿地方のさまざまな里山の歴史
    文一総合出版 2011 ISBN:9784829911976
  • 草原と火事の歴史-阿蘇の研究から-
    ほおずき書籍 2011 ISBN:9784434155413
もっと見る
講演・口頭発表等 (13件):
  • Human impacts on vegetation during the late Holocene in the Chugoku Mountains, western Japan.
    (The joint congress of the 14th International Palynological Congress (IPC-XIV 2016) & the 10th International Organisation of Palaeobotany Conference (IOPC-X 2016) 2016)
  • REVEALS-based reconstruction of the past regional vegetation in Tango peninsula, Japan: Use of pollen productivity estimates independent of dispersal models.
    (The joint congress of the 14th International Palynological Congress (IPC-XIV 2016) & the 10th International Organisation of Palaeobotany Conference (IOPC-X 2016) 2016)
  • Impacts of ancient manufacture on vegetation during the late Holocene in the Seto Inland Sea region, Japan: examples of salt and iron productions.
    (9th European Palaeobotany and Palynology Conference 2014)
  • Late Holocene human impact on vegetation in Kyoto Basin, Japan: comparison of palaeoecological records with archaeological and historical data.
    (IGBP-PAGES workshop “Holocene land-cover change in Eastern Asia for climate modeling” 2012)
  • Fire and vegetation history during the last 25,000 years in the Kyoto basin and the Tamba Mountains, western Japan
    (XVIII INQUA (International Union for Quaternary Research) Congress 2011)
もっと見る
学位 (1件):
  • 博士(農学)
経歴 (12件):
  • 2020/04 - 現在 京都府立大学 生命環境科学研究科 講師
  • 2011/04 - 現在 京都産業大学 非常勤講師
  • 2018/07 - 2020/03 京都府立大学 生命環境科学研究科 特任講師
  • 2014/09 - 2020/03 龍谷大学 非常勤講師
  • 2012/04 - 2020/03 京都府立大学 生命環境科学研究科 共同研究員
全件表示
所属学会 (7件):
Japanese Association of Historical Botany ,  Palynological Society of Japan ,  Ecological Society of Japan ,  American Quaternary Association ,  日本植生史学会 ,  日本花粉学会 ,  日本生態学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る