研究者
J-GLOBAL ID:201101085655958810   更新日: 2020年08月31日

飯田 高大

イイダ タカヒロ | IIDA Takahiro
所属機関・部署:
職名: 助教
ホームページURL (1件): https://nrid.nii.ac.jp/ja/nrid/1000090455189/
研究分野 (2件): 水圏生産科学 ,  環境動態解析
研究キーワード (26件): 栄養塩循環 ,  GIS ,  多変量解析 ,  植物プランクトン ,  海洋光学 ,  海洋生態系モデル ,  海洋基礎生産 ,  衛星リモートセンシング ,  オホーツク海 ,  ベーリング海 ,  北極海 ,  南極海 ,  海洋生態学 ,  海洋光学 ,  衛星海洋学 ,  海洋生態 ,  環境変動 ,  地球観測 ,  海色リモートセンシング ,  植物プランクトン機能種 ,  極域海洋 ,  海洋科学 ,  極域科学 ,  データロガー ,  バイオロギング ,  動物行動
競争的資金等の研究課題 (9件):
  • 2015 - 2018 海氷融解による生態系の変化が物質循環に与える影響ー豪州砕氷船による国際南極観測ー
  • 2012 - 2017 南極海洋生態系センティネル研究-事前観測-
  • 2014 - 2016 極域海洋の海洋表層環境変動と大型捕食動物の生態応答解明
  • 2011 - 2015 海洋表層の環境変動に対する中深層性大型捕食動物の生態応答の解明
  • 2009 - 2013 高解像度海色センサーを用いた極域沿岸における海洋➖海氷生態系の時空間変動解析
全件表示
論文 (24件):
MISC (6件):
  • Moteki, M, Shimada, K, Iida, T, Takasawa, N, Kitade, K, Hashihama, F, Amakasu, K, Kasajima, Y, Ono, A, Hosaka, T, et al. Oceanographic Data of the 52nd Japanese Antarctic Research Expedition (JARE) acquired on board the training and research vessel, Umitaka Maru in the Indian sector of the Southern Ocean during 2010/2011 austral summer. JARE Data Report, Oceanography. 2014. 33
  • Takahashi, K. T, Iida, T, Nishioka, J, Odate, T. Biogeochemical data and chlorophyll a concentrations of phytoplankton during a cruise of the 53rd Japanese Antarctic Research Expedition in the austral summer of 2011-2012. JARE Data Report, Marine biology. 2014. 44. 1-19
  • Iida, T, Odate, T, Nishioka, J, Takamura, T, Fukuchi, M. Biogeochemical data of the 52nd Japanese Antarctic Research Expedition in austral summer of 2010 - 2011. JARE data reports. 2012. 321
  • Iida, T, Shinagawa, H. Chlorophyll a concentration of phytoplankton during a cruise of the 51st Japanese Antarctic Research Expedition in 2009-2010. JARE data reports. 2011. No.319, Marine Biology 42
  • Iida, T, Fukuchi, M. Chlorophyll a concentration of phytoplankton durring cruises of the 49th and 50th Japanese Antarctic Research Expedition in 2007-2009. JARE data reports. 2010. No.316, Marine biology 40
もっと見る
講演・口頭発表等 (43件):
  • Changes of phytoplankton composition in the Indian Ocean Sector of Southern Ocean using long-term monitoring datasets
    (SCAR open science conference, Auckland 2014)
  • Long-term trends of nutrients and apparent oxygen utilization south of the Polar Front in Southern Ocean intermediate water from 1965 to 2008
    (Ocean Science Meeting, Honolulu 2014)
  • 南極海・海氷生態系の機能と構造の理解を目指して ~砕氷船を用いた生物観測~
    (国立極地研究所共同研究集会 2013)
  • Evaluation of temporal and spatial variability of marine ecosystem and primary productivity in the polar oceans using ocean color remote sensing -Study on phytoplankton variability in the Southern Ocean-
    (JAXA PI workshop 2013)
  • 南大洋の植物プランクトン分布とサイズ組成の季節変動
    (2013年度日本海洋学会春季大会 2013)
もっと見る
学歴 (2件):
  • 2004 - 2007 北海道大学大学院 水産科学研究科
  • 2002 - 2003 アラスカ大学フェアバンクス校 国際北極圏研究センター(IARC)
学位 (1件):
  • 博士(水産科学)、2007年 (北海道大学)
経歴 (4件):
  • 2016 - 現在 北海道大学 水産学部 助教
  • 2015 - 2016 北海道大学 水産学部おしょろ丸 航海士
  • 2007 - 2015 国立極地研究所 助教
  • 2006 - 2007 日本学術振興会 特別研究員
委員歴 (5件):
  • 2013 - 現在 SOOS Data Management Sub-Committee menber
  • 2014 - 2014 The Fifth Symposium on Polar Science Organizing Committee
  • 2013 - 2013 International Forum on "Polar Data Activities in Global Data System", Local Organizing Committee
  • 2012 - 2013 Third International Symposium on the Arctic Research, Local Organizing Committee
  • 2010 - 2010 Xth SCAR International Biology Symposium, Local Organizing Committee
受賞 (2件):
  • 2005 - Best poster award in GCCA6 (2005)
  • 2001 - Best presentation award in PICES annual meeting (2001)
所属学会 (2件):
ASLO(先進陸水海洋学会) ,  日本海洋学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る