研究者
J-GLOBAL ID:201101098358915465   更新日: 2020年08月31日

川端 寛樹

カワバタ ヒロキ | Kawabata Hiroki
所属機関・部署:
職名: 室長
ホームページURL (1件): https://www.niid.go.jp/niid/ja/from-bac1/471-departments/bac1/705-bac1-four.html
研究分野 (4件): 細菌学 ,  感染症内科学 ,  寄生虫学 ,  動物生命科学
研究キーワード (1件): 節足動物媒介性細菌感染症
競争的資金等の研究課題 (3件):
  • 2020 - 2023 回帰熱を主とした節足動物媒介性感染症に関する総合的対策のための研究
  • 2018 - 2021 ダニ媒介性細菌感染症の総合的な対策に向けた研究
  • 2018 - 2021 新興回帰熱病原体Borrelia miyamotoiの血清耐性因子の機能解析
論文 (13件):
  • Qiu Y, Simuunza M, Mwizabi D, Changula K, Harima H, Takada A, Kajihara M, Takadate Y, Nakao R, Kawabata H, Sugimoto C, Mweene A, Sawa H, Eto Y, Mudenda Hang’ombe B, Hayashida K, Yoshida R, Mori-Kajihara A, Ndebe J. Molecular characterization and phylogenetic analysis of Trypanosoma spp. isolated from striped leaf-nosed bat (Hipposideros vittatus) in Zambia. International Journal for Parasitology. 2019. 9. 234-238
  • Su H, Ito K, Kawarasaki Y, Morita H, Nose H, Ikeda K, Nakadouzono F, Gokuden M, Kamiyama S, Tokaji A, Rikitake Y, Kawaguchi T, Umekita K, Oishi S, Abe F, Kanda T, Kawabata H, Ando S, Ohashi N. Insight of diagnostic performance using B-cell epitope antigens derived from triple P44-related proteins of Anaplasma phagocytophilum. Diagnostic Microbiology and Infectious Disease. 2019. 95. 2. 125-130
  • Fukushima K, Yanagisawa N, Kawabata H, Yajima K. Erythema migrans-like rash mimicking Lyme disease. Internal Medicine. 2019. 58. 15. 2271
  • Seki M, Watanabe Y, Kawabata H. A case of Lyme disease in a Japanese woman. Infection and Drug Resistance. 2018. 11. 625-628
  • Hayashi T, Miura Y, Kawabata H. Borrelia miyamotoi disease rash. Internal Medicine. 2018. 57. 17. 2601-2602
もっと見る
MISC (131件):
  • 島田瑞穂, 川端寛樹, 安藤秀二, 彭志中, 小林由美江, 廣瀬芳江, 周藤史憲, 清水和彦, 高橋孝行, 小松本悟. 栃木県足利赤十字病院における3年間のマダニ刺症72例の検討 -タカサゴキララマダニ刺症62例を中心に-. 衛生動物. 2020
  • 荻根沢 真帆子, 折目 真理, 伊藤 明子, 佐藤 梢, 川端 寛樹, 阿部 理一郎. 【色のついた皮膚病《赤》】臨床例 Borrelia miyamotoiとライム病ボレリアの共感染により認められた遊走性紅斑. 皮膚病診療. 2019. 41. 10. 913-916
  • 佐藤 梢, 川端 寛樹. 人と動物の共通感染症の最新情報 ボレリア感染症 人の公衆衛生の観点から. 日本獣医師会雑誌. 2019. 72. 8. 462-469
  • 川端寛樹, 田仲哲也. はじめに.シリーズ:ダニ研究の最前線とダニ媒介性感染症制御の可能性を探る. 衛生動物. 2019. 70. 1. 1-2
  • 佐藤 梢[大久保], 高野 愛, 高 娃, 安藤 秀二, 川端 寛樹. ダニ研究の最前線とダニ媒介性感染症制御の可能性を探る ダニ媒介性感染症 国内に常在する感染症を主に. 衛生動物. 2019. 70. 1. 3-14
もっと見る
書籍 (17件):
  • ダニのはなし
    朝倉書店 2016
  • 公衆衛生情報
    全国保健所長会 2014
  • 腐敗・悪臭・食中毒・感染症・クレームを防ぐための最新 細菌・真菌・ウイルス便覧.
    技術情報協会 2013
  • 節足動物媒介感染症-最近の話題から-小児科臨床.
    2013
  • 感染症症候群(第2版)-症候群から感染性単一疾患までを含めて-病原体別感染症編
    2013
もっと見る
学歴 (1件):
  • 1990 - 1995 静岡県立大学 薬学系研究科 微生物学
経歴 (2件):
  • 1995/04 - 現在 国立感染症研究所
  • 2001/06 - 2001/11 テキサス大学 客員研究員
委員歴 (3件):
  • 2014 - 現在 日本獣医学会 評議員
  • 2009 - 2011 日本細菌学会 評議員
  • 2008/04 - 2010/03 独立行政法人 医薬品医療機器総合機構 専門委員
所属学会 (3件):
日本感染症学会 ,  日本獣医学会 ,  日本細菌学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る