{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201102268394772472   整理番号:11A0945367

粒度分布コントロールによる鉄系焼結体の焼結性の改善

The Sinterability Improvement of Ferrous Alloy Sintered Compacts by Controlling Particle Size Distribution
著者 (5件):
資料名:
巻: 58  号:ページ: 45-49 (J-STAGE)  発行年: 2011年
JST資料番号: F0691A  ISSN: 0532-8799  CODEN: FOFUA2  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: 日本 (JPN)  言語: 日本語 (JA)
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
焼結材料の特性を溶製材料に近づけるためには,焼結体の緻密性の向上が必須である。このための手法として用いる金属粉末の粒度分布を調整することで,最適充填化を図ることが考えられる。本研究においては,双峰分布を有する球形ガスアトマイズ鉄系粉末を用いて焼結性改善のためのモデル実験を実施した。用いた粉末はS25C同等組成のガスアトマイズ粉で,入手した-150μmの粉末をふるいを用いて平均粒度22,41および133μmに分級した。これらの中から,22μm/133μmおよび41μm/133μmの組合せで混合し双峰分布混合粉末を調製した。この際,微粒子側の配合割合を20,35,30,35および40%とした。単軸加圧による圧粉およびその後の1473K,3.6ksの焼結を実施した。得たサンプルについて密度測定,金属組織観察および収縮率の算出を行なった。これらの実験から,微細粉35%の22μm/133μm双峰粒度分布混合粉末により高密度化を図ることができることを見出した。
シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

準シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

分類 (1件):
分類
JSTが定めた文献の分類名称とコードです
圧粉,焼結 
引用文献 (18件):
もっと見る
タイトルに関連する用語 (5件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る