研究者
J-GLOBAL ID:201201005485938589   更新日: 2020年09月03日

三井 義則

ミツイ ヨシノリ | Mitsui Yoshinori
所属機関・部署:
職名: 助教
研究分野 (3件): 薬系化学、創薬科学 ,  衛生学、公衆衛生学分野:実験系を含む ,  寄生虫学
研究キーワード (5件): 走化性 ,  糸状虫 ,  住血吸虫 ,  顧みられない熱帯病 ,  抗住血吸虫薬
競争的資金等の研究課題 (7件):
  • 2007 - 2010 非中間宿主貝のミラシジウム誘引力を利用した新しい住血吸虫制御戦術、囮貝の研究
  • 2006 - 2008 レーザー細胞破壊技術を用いた寄生蠕虫感染型幼虫の特殊細胞・器官の機能と役割の検証
  • 1997 - 1999 新しい住血吸虫症対策法の開発:ミラシジウムの走性行動を利用した囮の開発
  • 1995 - 1997 住血吸虫ミラシジウムの繊毛運動:環状ヌクレオチドとイオンチャネルによる制御
  • 1994 - 1995 抗住血吸虫剤プラジカンテルの簡便な血中濃度測定法の開発
全件表示
論文 (43件):
  • Yoshinori Mitsui, Mitsumasa Miura, Kentaro Kato. In vitro effects of febrifugine on Schistosoma mansoni adult worms. Tropical Medicine and Health. 2020. 48. 1
  • Mitsui Y, Kato K. Application of non-fluorescent dyes to assess the antischistosomal effect of antimalarial drugs on Schistosoma mansoni adult worms. Japanese journal of infectious diseases. 2018. 71. 5. 382-387
  • Y. Mitsui, K. E. Ureña-Tatis, Y. Aoki. Chemoattractant activity of tris-(hydroxymethyl)aminomethane for Brugia pahangi infective third-stage larvae. Journal of Helminthology. 2018. 92. 3. 317-321
  • Yoshinori Mitsui. Development of a simple and specific direct competitive ELISA for the determination of artesunate using an anti-artesunate polyclonal antiserum. Tropical medicine and health. 2016. 44. 37. 37-37
  • Yoshinori Mitsui. Comparison of the in vitro Effects of One-day Exposure to Amodiaquine and Praziquantel on Schistosoma mansoni Adult Worm Pairs. Tropical medicine and health. 2014. 42. 2. 87-92
もっと見る
MISC (30件):
  • 桝田京子, 加藤健太郎, 三浦光政, 渡部幹次, 三井義則. 実験室内におけるマンソン住血吸虫の継代維持方法. 九州地区総合技術研究会講演・技術報告集. 2014. 2013. 147-148
  • Kentaro Kato, Mitsumasa Miura, Yoshinori Mitsui. In vitro effects of amodiaquine on paired Schistosoma mansoni adult worms at concentrations of less than 5 μg/mL. Memorias do Instituto Oswaldo Cruz. 2013. 108. 2. 192-196
  • 野田伸一, 波部重久, 福田宏, 青木克己, 三井義則, 渡部幹次, 阿部眞由美. ケニアに於ける非中間宿主貝のミランジウム誘引力を利用した新しい住血吸虫対策法,囮貝の開発. 長崎大学熱帯医学研究所共同研究報告集. 2008. 2007. 8-11
  • 阿部眞由美, NGETHE Muhoho D, 三井義則, 砂原俊彦, 門司和彦, 嶋田雅暁, 青木克己. ケニア国沿岸州クワレ地区ムサンガタム村に供与された安全水施設のビルハルツ住血吸虫の感染予防効果. 日本寄生虫学会大会プログラム・抄録集. 2007. 76th. 65
  • 友野順章, NJOMO Doris, WASUNNA Beatrice, KIHARA Jimmy, MUHOHO Dominic, 三井義則, 天野皓昭, MWANDAWIRO Charles, 竹内勤. 途上国の小学校における寄生虫対策保健教育の妥当性と有効性. Trop Med Health. 2006. 34. 204
もっと見る
講演・口頭発表等 (2件):
  • Impact of introducing new school latrine on school latrine-related practices, perceptions and health status of children in Mwea Division, Kirinyaga District, Central Kenya
    (第84回日本健康学会 2019)
  • Chemoattractant activity of Tris(hydroxymethyl)aminomethane (Tris) for Brugia pahangi infective third-stage larvae
    (第59回日本熱帯医学会大会 2018)
学位 (1件):
  • 医学博士 (長崎大学)
経歴 (4件):
  • 2006/04 - 現在 長崎大学 熱帯医学研究所 助教
  • 2004/03 - 2006/03 独立行政法人国際協力機構 JICA 専門家、公衆衛生学
  • 2003/12 - 2004/02 長崎大学 熱帯医学研究所 ポスドク
  • 1990/04 - 1998/03 長崎大学 熱帯医学研究所 助手
所属学会 (2件):
日本健康学会 ,  盛和スカラーズソサエティ
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る