研究者
J-GLOBAL ID:201201011132937996   更新日: 2020年01月22日

吉田 憲司

ヨシダ ケンジ | Yoshida Kenji
所属機関・部署:
職名: 助教
ホームページURL (1件): https://kaken.nii.ac.jp/d/r/10572985.ja.html
研究分野 (5件): ナノバイオサイエンス ,  生体材料学 ,  生体医工学 ,  計測工学 ,  医用システム
研究キーワード (5件): マルチモーダル ,  超音波計測 ,  医用超音波 ,  マイクロバブル ,  バイオセンサ
競争的資金等の研究課題 (11件):
  • 2018 - 2021 非アルコール性脂肪肝炎の超音波による定量診断と超微量質量分析による発生機序の解明
  • 2017 - 2020 BCG-CWSを用いたセンチネルリンパ節における抗腫瘍免疫誘導の基礎的検討
  • 2016 - 2019 横波超音波の固有振動数変動による抗原抗体反応の高感度質量計測
  • 2016 - 2018 超音波の生物学的安全性-世代をまたいだ遺伝学的解析-
  • 2015 - 2018 肝疾患の非侵襲病理診断を可能とするマルチスケール生体物性モデルの構築
全件表示
MISC (4件):
  • 吉田 憲司, 井上 健太, 入江 奏, 伊藤 一陽, MAMOU Jonathan, 丸山 紀史, 山口 匡. 高周波領域における線維症肝臓の音速,減衰,音響インピーダンス計測. 電子情報通信学会技術研究報告. US, 超音波. 2014. 114. 263. 23-28
  • 入江 奏, 吉田 憲司, 丸山 紀史, 小林 和人, 山口 匡. 250MHz超音波を用いたラット臓器の音速減衰解析. 電子情報通信学会技術研究報告. US, 超音波. 2014. 114. 54. 37-42
  • 吉田 憲司, 香川 幸大, 小川 直輝, 剣持 貴弘, 吉川 祐子, 吉川 研一, 渡辺 好章. キャビテーション核の存在がDNA分子の二重鎖切断に与える影響(非線形音響,一般). 電子情報通信学会技術研究報告. US, 超音波. 2014. 114. 16. 7-12
  • 山口 匡, 入江 奏, 井上 健太, 伊藤 一陽, 小林 和人, Mamou Jonathan, 吉田 憲司. 250MHz超音波振動子を用いたラット臓器の観察. 電子情報通信学会技術研究報告. US, 超音波. 2013. 113. 284. 37-41
特許 (1件):
  • 超音波造影及び近赤外蛍光造影の両方が可能な造影剤
学歴 (4件):
  • 2008 - 2009 同志社大学 生命医科学専攻博士後期課程
  • 2005 - 2008 同志社大学 電気工学専攻博士後期課程
  • 2003 - 2005 同志社大学 電気工学専攻博士前期課程
  • 1999 - 2003 同志社大学 電子工学科
学位 (2件):
  • 博士(工学) (同志社大学)
  • 修士(工学) (同志社大学)
経歴 (5件):
  • 2015/02 - 現在 千葉大学 助教
  • 2013/10 - 2015/01 千葉大学 特任助教
  • 2013/06 - 2013/09 千葉大学 特任助教
  • 2011/03 - 2013/04 同志社大学 助手
  • 2009/04 - 2011/03 同志社大学 特別研究員
委員歴 (3件):
  • 2018/04 - 現在 日本超音波医学会基礎技術研究会 幹事
  • 2016/04 - 現在 超音波エレクトロニクスの基礎と応用に関するシンポジウム (USE) 超音波エレクトロニクスの基礎と応用に関するシンポジウム (USE) 運営委員
  • 2016/04 - 現在 日本超音波医学会 編集委員会査読委員
受賞 (4件):
  • 2018/09 - 国際リンパ浮腫フレームワーク・ジャパン研究協議会 最優秀演題賞 音響特性から診るミクロなリンパ浮腫組織の特徴
  • 2016 - 日本音響学会 第56回佐藤論文賞
  • 2007 - 日本音響学会 第29回粟屋潔学術奨励賞
  • 2007 - 超音波エレクトロニクスの基礎と応用に関するシンポジウム 論文賞
所属学会 (5件):
日本リンパ浮腫学会 ,  IEEE ,  応用物理学会 ,  日本超音波医学会 ,  日本音響学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る