研究者
J-GLOBAL ID:201201026423397384   更新日: 2020年10月08日

永谷 直久

ナガヤ ナオヒサ | NAOHISA NAGAYA
所属機関・部署:
職名: 准教授
研究分野 (1件): ヒューマンインタフェース、インタラクション
研究キーワード (5件): Augmented Human ,  Virtual Reality ,  感覚拡張インタフェース ,  ヒューマンインタフェース ,  バーチャルリアリティ
論文 (13件):
  • 川野雄基, 大槻圭一, 阿部真人, 永谷直久, 志垣俊介, 藤澤隆介. 昆虫用運動補償装置を用いたオカダンゴムシの走光性の評価. システム制御情報学会論文誌. 2020. 33. 3. 67-76
  • Takahisa Miyatake, Kentarou Matsumura, Ryota Kitayama, Keiichi Otsuki, Ji Yuhao, Ryusuke Fujisawa, Naohisa Nagaya. Arousal from Tonic Immobility by Vibration Stimulus. Behavior Genetics. 2019. 49. 5. 478-483
  • Naohisa Nagaya, Nobuaki Mizumoto, Masato S. Abe, Shigeto Dobata, Ryota Sato, Ryusuke Fujisawa. Anomalous diffusion on the servosphere: A potential tool for detecting inherent organismal movement patterns. PLoS ONE. 2017. 12. 6
  • 永谷 直久, 藤澤 隆介. 昆虫行動計測のためのバーチャルリアリティ装置. 日本ロボット学会誌. 2017. 35. 6. 436-439
  • 藤澤 隆介, 梅本 和希, 田中 基康, 佐藤 徳孝, 永谷 直久, 勝山 真規. ワイヤ移動式橋梁点検ロボットシステムARANEUSの開発と運用. 土木学会論文集F4(建設マネジメント). 2017. 73. 1. 26-37
もっと見る
MISC (18件):
  • 川野 雄基, 大槻 圭一, 阿部 真人, 永谷 直久, 藤澤 隆介. 昆虫用VRシステムを用いたオカダンゴムシの走光特性の検証. システム制御情報学会研究発表講演会講演論文集. 2018. 62. 7p
  • 大槻 圭一, 永谷 直久, 藤澤 隆介. 昆虫移動軌跡計測装置ANTAM:-長時間計測を目的とした昆虫用移動軌跡計測システムの改良手法-. ロボティクス・メカトロニクス講演会講演概要集. 2017. 2017. 0. 2A2-P02
  • 橋本 樹, 佐藤 僚太, 岡崎 慎也, 永谷 直久, 藤澤 隆介. 1A1-T07 環境構築型ロボットによる不整地移動方法の検討. ロボティクス・メカトロニクス講演会講演概要集. 2015. 2015. 0. _1A1-T07_1-_1A1-T07_4
  • 佐藤 僚太, 永谷 直久, 藤澤 隆介. 1P1-Q09 アリ搭乗型ロボットANTAMの開発 第4報 : 微少昆虫を対象とした振動抑制機構の開発. ロボティクス・メカトロニクス講演会講演概要集. 2015. 2015. 0. _1P1-Q09_1-_1P1-Q09_4
  • 佐藤 僚太, 小田桐 憂幸, 岡崎 慎也, 永谷 直久, 藤澤 隆介. 2A2-X01 介場的相互作用を行うための環境構築型ロボット群の開発(スワームロボティクス). ロボティクス・メカトロニクス講演会講演概要集. 2014. 2014. 0. _2A2-X01_1-_2A2-X01_4
もっと見る
講演・口頭発表等 (17件):
  • Tracking Movement of Individual Insects with an Omnidirectional Treadmill Mechanism
    (SWARM 2015: The First International Symposium on Swarm Behavior and Bio-Inspired Robotics 2015)
  • Presenting virtual stiffness by modulating the perceived force profile with suction pressure
    (IEEE Haptics Symposium (HAPTICS) 2014 2014)
  • A Precise Gait Phase Detection Based on High-Frequency Vibration on Lower Limbs
    (IEEE International Conference on Robotics and Automation (ICRA) 2014 2014)
  • Haptic cue of forces on tools: Investigation of multi-point cutaneous activity on skin using suction pressure stimuli
    (IEEE/RSJ International Conference on Intelligent Robots and Systems (IROS) 2013 2013)
  • Stop motion goggle: augmented visual perception by subtraction method using high speed liquid crystal
    (ACM the 3rd Augmented Human International Conference 2012)
もっと見る
学歴 (5件):
  • 2007 - 2011 電気通信大学 知能機械工学専攻
  • 2008 - 2009 フランス共和国 国立研究所 INRIA/IRISA
  • 2005 - 2007 電気通信大学大学院 知能機械工学専攻
  • 2001 - 2005 電気通信大学 知能機械工学科
  • 1997 - 2000 宮城県仙台第一高等学校
学位 (3件):
  • 学士(工学) (電気通信大学)
  • 修士(工学) (電気通信大学大学院)
  • 博士(工学) (電気通信大学大学院)
経歴 (9件):
  • 2018/04/01 - 現在 京都産業大学 情報理工学部 情報理工学科 准教授
  • 2018/04 - 現在 京都産業大学 情報理工学部 准教授
  • 2015/04/01 - 2018/03/31 京都産業大学 コンピュータ理工学部 インテリジェントシステム学科 助教
  • 2014/04 - 2018/03 慶應義塾大学 理工学部 訪問研究員
  • 2013/11 - 2015/03 八戸工業大学 防災技術社会システム研究センター 博士研究員 研究員
全件表示
受賞 (11件):
  • 2015 - 土木学会 東北支部 研究奨励賞 (発表題目:洗浄機能を有したワイヤ移動式橋梁検査ロボットの設計)
  • 2014 - 2014 IEEE Haptics Symposium Best Demo Award (Title: Presenting Virtual Stiffness with Suction Pressure)
  • 2008 - 第6回 芸術科学会展(DiVA展)第1部門 優秀賞
  • 2008 - 第13回バーチャルリアリティ学会大会 学術奨励賞 (発表題目:皮膚有毛部の体毛を介した振動感受特性 - 第 2 報 -)
  • 2008 - エンタテインメントコンピューティング2008 論文賞 (論文名:Stop Motion Goggleの開発)
全件表示
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る