研究者
J-GLOBAL ID:201201027870381394   更新日: 2020年09月01日

杉本 史惠

スギモト フミエ | Sugimoto Fumie
所属機関・部署:
職名: 研究員
研究分野 (1件): 実験心理学
研究キーワード (7件): 注意資源 ,  体性感覚 P2 ,  P300 ,  事象関連電位 ,  ERP ,  注意 ,  事象関連脳電位
論文 (14件):
もっと見る
MISC (7件):
  • Fumie Sugimoto, Motohiro Kimura, Yuji Takeda, Jun'ichi Katayama. INVOLVEMENT OF TEMPORAL ATTENTION IN TASK-DIFFICULTY EFFECT ON P3A. PSYCHOPHYSIOLOGY. 2017. 54. S113-S113
  • Fumie Sugimoto, Jun'ichi Katayama. DIFFICULTY OF VISUAL ODDBALL TASK MODULATES AMPLITUDE OF P3 ELICITED BY TASK-IRRELEVANT AUDITORY DISTRACTORS. PSYCHOPHYSIOLOGY. 2015. 52. S21-S21
  • Fumie Sugimoto, Jun'ichi Katayama. Irrelevant probe technique using somatosensory stimuli for evaluating the amount of attentional resource allocated to a task. INTERNATIONAL JOURNAL OF PSYCHOPHYSIOLOGY. 2014. 94. 2. 134-134
  • Fumie Sugimoto, Jun'ichi Katayama. Increased difficulty in visual discrimination enhances attentional capture by both visual and auditory deviant stimuli. INTERNATIONAL JOURNAL OF PSYCHOPHYSIOLOGY. 2014. 94. 2. 182-182
  • Fumie Sugimoto, Jun'ichi Katayama. THE ATTENUATION OF ERPS CAUSED BY REPETITION OF IRRELEVANT SOMATOSENSORY STIMULI VARIES WITH THE DIFFICULTY OF A MAIN TASK. PSYCHOPHYSIOLOGY. 2013. 50. S66-S66
もっと見る
講演・口頭発表等 (27件):
  • ワンペダル操作がドライバーの感情状態と認知的負荷に及ぼす影響:一般道走行実験
    (第37回 日本生理心理学会大会 2019)
  • 課題無関連プローブ法を実場面で活かすー課題への注意資源配分量の推定ー
    (第36回 日本生理心理学会大会 2018)
  • Involvement of temporal attention in task-difficulty effect on P3a
    (57th Annual Meeting of Society for Psychophysiological Research 2017)
  • 視覚弁別課題の難度上昇による視覚および聴覚逸脱刺激に対する注意の捕捉の促進-逸脱刺激の呈示タイミングと感覚モダリティの影響-
    (第35回 日本生理心理学会大会 2017)
  • 無関連プローブ法を用いた資源配分量の評価-体性感覚刺激を使って目指すこと-
    (第34回 日本生理心理学会大会 2016)
もっと見る
学歴 (2件):
  • 2007 - 2012 関西学院大学 総合心理科学専攻
  • 2003 - 2007 関西学院大学 総合心理科学科
学位 (1件):
  • 博士 (心理学) (関西学院大学)
経歴 (9件):
  • 2020/04 - 現在 国立研究開発法人 産業技術総合研究所 ヒューマンモビリティ研究センター 研究員
  • 2019/04 - 現在 国立研究開発法人 産業技術総合研究所 自動車ヒューマンファクター研究センター 研究員
  • 2016/04 - 2019/03 国立研究開発法人 産業技術総合研究所 自動車ヒューマンファクター研究センター 産総研特別研究員
  • 2015/04 - 2016/03 国立研究開発法人 産業技術総合研究所 人間情報研究部門 情報数理研究グループ 産総研特別研究員
  • 2014/10 - 2015/03 九州大学 大学院 人文科学研究院 助教
全件表示
所属学会 (3件):
SOCIETY FOR PSYCHOPHYSIOLOGICAL RESEARCH ,  日本生理心理学会 ,  日本心理学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る