研究者
J-GLOBAL ID:201201052230155147   更新日: 2020年08月31日

嶋田 幸久

シマダ ユキヒサ | Shimada Yukihisa
所属機関・部署:
職名: 教授
ホームページURL (1件): http://pbiotech.sci.yokohama-cu.ac.jp/
研究分野 (6件): 生物有機化学 ,  応用生物化学 ,  遺伝学 ,  植物分子、生理科学 ,  システムゲノム科学 ,  ゲノム生物学
研究キーワード (30件): ブラシノステロイド ,  6位酸化酵素 ,  環境応答 ,  光形態形成 ,  生合成制御 ,  プラシノステロイド ,  P450 ,  生合成 ,  インドールピルビン酸 ,  白化作用 ,  抗重力形態形成 ,  代謝 ,  エナミノシクロヘキサンジオン ,  生合成調節 ,  転写因子 ,  葉緑体 ,  フィードバック ,  プラスチッドシグナル ,  クロロフィル生合成 ,  オーキシン ,  宇宙生物科学 ,  抵抗性 ,  プロトポルフィリノーゲン酸化酵素 ,  阻害剤 ,  シロイヌナズナ ,  水酸化クロロフィルα ,  除草剤 ,  植物ホルモン ,  イネ ,  葉緑体関連光誘導性遺伝子
競争的資金等の研究課題 (1件):
  • 1.植物ホルモンオーキシンの生合成や阻害剤開発に関する研究 2.植物の環境応答機構と植物ホルモンを介した成長制御機構 3.モデル植物シロイヌナズナの先端的なトランスクリプトーム研究
論文 (62件):
  • Hidefumi Hamasaki, Madoka Ayano, Ayako Nakamura, Shozo Fujioka, Tadao Asami, Suguru Takatsuto, Shigeo Yoshida, Yoshito Oka, Minami Matsui, Yukihisa Shimada. Light Activates Brassinosteroid Biosynthesis to Promote Hook Opening and Petiole Development in Arabidopsis thaliana. Plant & cell physiology. 2020
  • Makiha Fukuda, Sho Nishida, Yusuke Kakei, Yukihisa Shimada, Toru Fujiwara. Genome-Wide Analysis of Long Intergenic Noncoding RNAs Responding to Low-Nutrient Conditions in Arabidopsis thaliana: Possible Involvement of Trans-Acting siRNA3 in Response to Low Nitrogen. Plant & cell physiology. 2019. 60. 9. 1961-1973
  • Tatsuki M, Soeno K, Shimada Y, Sawamura Y, Suesada Y, Yaegaki H, Sato A, Kakei Y, Nakamura A, Bai S, et al. Insertion of a transposon-like sequence in the 5'-flanking region of the YUCCA gene causes the stony hard phenotype. The Plant Journal : for cell and molecular biology. 2018. 96. 815-827
  • Shun Sakuma, Udda Lundqvist, Yusuke Kakei, Venkatasubbu Thirulogachandar, Takako Suzuki, Kiyosumi Hori, Jianzhong Wu, Akemi Tagiri, Twan Rutten, Ravi Koppolu, et al. Extreme Suppression of Lateral Floret Development by a Single Amino Acid Change in the VRS1 Transcription Factor. PLANT PHYSIOLOGY. 2017. 175. 4. 1720-1731
  • Tsugafune, Shinichi, Mashiguchi, Kiyoshi, Fukui, Kosuke, Takebayashi, Yumiko, Nishimura, Takeshi, Sakai, Tatsuya, Shimada, Yukihisa, Kasahara, Hiroyuki, Koshiba, Tomokazu, Hayashi, Ken-ichiro. Yucasin DF, a potent and persistent inhibitor of auxin biosynthesis in plants. SCIENTIFIC REPORTS. 2017. 7. 1. 13992
もっと見る
MISC (29件):
  • 佐藤明子, 添野和雄, 立木美保, 嶋田幸久. ケミカルバイオロジーの農業生産向上への応用 3 オーキシンを利用した果実の成熟制御~モモを題材として. アグリバイオ. 2019. 3. 4. 322-326
  • 添野和雄, 嶋田幸久. インドール-3-ピルビン酸を経由するオーキシン生合成経路の阻害剤-生合成機構の解明や植物調節剤開発に向けたケミカルツールとしての可能性-. 日本農薬学会誌. 2019. 44. 1. 67-68
  • 筧 雄介, 嶋田 幸久. AtCAST : シロイヌナズナの発展型トランスクリプトームデータ解析ツール. 化学と生物 : 日本農芸化学会会誌 : 生命・食・環境. 2016. 54. 6. 408-415
  • 西田 翔, 筧 雄介, 嶋田 幸久, 藤原 徹. 8 「エキソンの組合せ制御」を介した植物の無機栄養応答は存在するのか?(関西支部講演会,2015年度各支部会). 日本土壌肥料学会講演要旨集. 2016. 62. 0. 281-281
  • 西田 翔, 福田 牧葉, 筧 雄介, 古田 直紀, 嶋田 幸久, 藤原 徹. 4-1-5 シロイヌナズナの栄養欠乏応答に関わるlincRNAの網羅的探索(4-1 植物の多量栄養素,2016年度佐賀大会). 日本土壌肥料学会講演要旨集. 2016. 62. 0. 44-44
もっと見る
特許 (2件):
  • ボロン酸基を有するオーキシン生合成阻害剤
  • 果実の鮮度保持剤
書籍 (1件):
  • 植物の体の中では何が起こっているのか (BERET SCIENCE)
    ベレ出版 2015 ISBN:4860644220
講演・口頭発表等 (42件):
  • AI技術を利用したオミクスデータの高度統合による効率的な鍵因子特定法
    (H30年度園芸学会秋季大会 2018)
  • オーキシン合成酵素OsTAR1の阻害剤Pyruvamineを用いたイネオーキシン生合成経路の解析
    (植物化学調節学会第51回大会 2016)
  • Transcriptional changes in response to auxin inhibitors
    (22nd international conference on plant growth substance 2016)
  • Feedback regulation of YUCCA gene expression in Auxin biosynthesis through SCFTIR1/AFB complex
    (22nd international conference on plant growth substance 2016)
  • 過重力処理下シロイヌナズナ花茎の抗重力反応におけるオーキシン・ブラシノステロイドの機能解析
    (第57回日本植物生理学会年会 2016)
もっと見る
経歴 (1件):
  • 横浜市立大学 木原生物学研究所 教授
委員歴 (2件):
  • - 現在 Editorial Board Member of Scientific Reports (Springer Nature)
  • Editorial Board Member of Frontiers in Plant Science
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る