研究者
J-GLOBAL ID:201201082871812250   更新日: 2021年04月23日

小玉 晋太朗

コダマ シンタロウ | Kodama Shintaro
所属機関・部署:
職名: 助教
研究分野 (4件): 無機・錯体化学 ,  グリーンサステイナブルケミストリー、環境化学 ,  生物有機化学 ,  構造有機化学、物理有機化学
研究キーワード (11件): クラスター錯体 ,  ヘテロ原子化合物 ,  光酸発生剤 ,  酸化反応 ,  バナジウム ,  遷移金属 ,  環境調和 ,  光機能 ,  錯体 ,  触媒 ,  有機合成
競争的資金等の研究課題 (4件):
  • 2015 - 2017 カリックスアレーンのCH活性化で誘導される有機金属錯体の特性
  • 2016 - 金属との錯形成を鍵とするオキシムエステルからα-酸素化イミンへの高効率分子変換
  • 2013 - 2014 光産業における可視光エネルギーの高効率利用を目指した光酸発生錯体の開発
  • 2012 - 2013 感光波長可変機能を有する配位子型光酸発生剤の開発
論文 (43件):
  • Dat Phuc Tran, Yuki Sato, Yuki Yamamoto, Shin-ichi Kawaguchi, Shintaro Kodama, Akihiro Nomoto, Akiya Ogawa. Highly regio- and stereoselective phosphinylphosphination of terminal alkynes with tetraphenyldiphosphine monoxide under radical conditions. Beilstein Journal of Organic Chemistry. 2021
  • Dat Phuc Tran, Yuki Sato, Yuki Yamamoto, Shin-ichi Kawaguchi, Shintaro Kodama, Akihiro Nomoto, Akiya Ogawa. Photoinduced selective hydrophosphinylation of allylic compounds with diphenylphosphine oxide leading to γ-functionalized P-ligand precursors. Research on Chemical Intermediates. 2021
  • Yuki Yamamoto, Miyuto Ota, Shintaro Kodama, Kazuki Michimoto, Akihiro Nomoto, Akiya Ogawa, Mitsunori Furuya, Kiminori Kawakami. Au/Ag/Cu-Mixed Catalysts for the Eco-Friendly Oxidation of 5-Hydroxymethylfurfural and Related Compounds to Carboxylic Acids under Atmospheric Oxygen in Water. ACS Omega. 2021
  • Yuki Yamamoto, Ryo Tanaka, Miyuto Ota, Misaki Nishimura, Cong Chi Tran, Shin-ichi Kawaguchi, Shintaro Kodama, Akihiro Nomoto, Akiya Ogawa. Photoinduced Syntheses and Reactivities of Phosphorus-Containing Interelement Compounds. The Journal of Organic Chemistry. 2020
  • Shintaro Kodama, Shota Kondo, Akihiro Nomoto, Akiya Ogawa. Tris(4,4′-di-tert-butyl-2,2′-bipyridine)(trans-4-tert-butylcyclohexanolato)deca-μ-oxido-heptaoxidoheptavanadium acetonitrile monosolvate including another unknown solvent molecule. IUCrData. 2020. 5. 4
もっと見る
MISC (2件):
  • 野元 昭宏, 小玉 晋太朗, 小川 昭弥. 環境にやさしい触媒的液相系酸化反応の開発と有機触媒の適用. ペトロテック. 2020. 43. 10. 697-702
  • 小玉 晋太朗, 木曽川 悠太, 石井 洋一. 金属との錯形成により感光波長を変更できる配位子型光酸発生剤の開発. ケミカルエンジニヤリング. 2014. 59. 12. 42-47
特許 (2件):
書籍 (1件):
  • UV硬化樹脂の配合設計、物性評価と新しい応用「第3節 有機-金属複合型光酸発生剤の構造と物性」
    株式会社 技術情報協会 2017
講演・口頭発表等 (7件):
  • Metal-Free Syntheses of 2,4,6-Trisubstituted Pyridines and Dipeptides Based on 2,4,6-Trihydroxybenzoic Acid- Catalyzed Oxidation of Benzylic Amines with O2 as an Oxidant
    (The 8th TKU ECUST OPU KIST UH IHU KMITL UTAR TNU Joint Symposium on Advanced Materials and Applications 2019)
  • Synthesis and Interconversion of Nonionic Vanadium Oxide Clusters Capped with 4,4’-Di-tert-butyl-2,2’-bipyridine
    (International Congress on Pure & Applied Chemistry Langkawi (ICPAC Langkawi) 2018 2018)
  • Interconversion of Nonionic Vanadium Oxide Cluster Complexes Involving Redox Reactions of Vanadium
    (43rd International Conference on Coordination Chemistry (ICCC2018) 2018)
  • Interconversion among Neutral Vanadium(V) Oxo Cluster Complexes by Changing the Solvent Systems
    (The 2015 International Chemical Congress of Pacific Basin Societies (Pacifichem 2015) 2015)
  • 可視領域で感光性能を制御できる有機-金属複合型光酸発生剤の開発
    (東洋大学・上智大学・中央大学 新技術説明会 2015)
もっと見る
学歴 (3件):
  • 2008 - 2011 大阪府立大学 物質・化学系専攻
  • 2006 - 2008 大阪府立大学 物質・化学系専攻
  • 2003 - 2006 大阪府立大学 機能物質科学科
学位 (2件):
  • 博士(工学) (大阪府立大学)
  • 修士(工学) (大阪府立大学)
経歴 (6件):
  • 2019/04 - 現在 大阪府立大学 大学院工学研究科 助教
  • 2017/04 - 2019/03 大阪府立大学 大学院工学研究科 博士研究員
  • 2012/04 - 2017/03 中央大学 理工学部 助教
  • 2011/04 - 2012/03 大阪府立大学 大学院工学研究科 博士研究員
  • 2009/04 - 2011/03 大阪府立大学 大学院工学研究科 日本学術振興会特別研究員 (DC2)
全件表示
所属学会 (7件):
錯体化学会 ,  有機合成化学協会 ,  日本化学会 ,  近畿化学協会 ,  触媒学会 ,  アメリカ化学会 ,  ヨウ素学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る