研究者
J-GLOBAL ID:201201092901972490   更新日: 2020年01月19日

安田 和弘

ヤスダ カズヒロ | YASUDA, Kazuhiro
所属機関・部署:
職名: 次席研究員(研究院講師)
ホームページURL (1件): https://www.researchgate.net/profile/Kazuhiro_Yasuda2
研究分野 (1件): リハビリテーション科学・福祉工学
研究キーワード (3件): リハビリテーション科学 ,  運動分析 ,  ヒューマンインタフェース
競争的資金等の研究課題 (7件):
  • 2019 - Multi-Sensori Feedbackに基づいた歩行学習支援ロボットの開発
  • 没入型VRによる視空間認知障害者のためのADL自立促進システム
  • 没入型VRによる半側空間無視に対するリハビリテーション支援機器の開発
  • 高齢者用体感型トレーニング支援機器の開発
  • 知覚支援装置-神経リハビリテーションの融合による機能回復戦略の構築
全件表示
論文 (14件):
  • K.Yasuda, Y. Hayashi, A.Tawara, H. Iwata. Development of a vibratory cueing system using an implicit method to increase walking speed in patients with stroke: a proof-of-concept study. ROBOMECH Journal. 2020
  • K.Yasuda, Y. Hayashi, A.Tawara, H. Iwata. Using a Vibrotactile Biofeedback Device to Augment Foot Pressure During Walking in Healthy Older Adults: A Brief Report. Frontiers in Psychology. 2019
  • K. Kodama, K. Yasuda(*Double first author), N. Kuznetsov, Y.Hayashi, H.Iwata. Balance Training with a Vibrotactile Biofeedback System Affects the Dynamical Structure of the Center of Pressure Trajectories in Chronic Stroke Patients. Frontiers in Human Neuroscience. 2019
  • K. Yasuda, K. Saichi, H. Iwata. Design and initial validity study of perception-empathy biofeedback system for gait training in older adults. Proceeding of the 2018 IEEE International Conference on Systems, Man, and Cybernetics (SMC2018). 〔Special Session H11: Intelligent Systems and Technologies in Rehabilitation Engineering and Assistive Technology〕. 2018
  • K. Yasuda , A. Hagiwara (*Double first author) , K. Saichi, D. Muroi, S. Kawaguchi, M. Ohira, T. Matsuda, H. Iwata. Development of a visual cueing system using immersive virtual reality for object-centered neglect in stroke patients. Proceeding of the 2018 IEEE International Conference on Systems, Man, and Cybernetics (SMC2018). 2018
もっと見る
MISC (31件):
もっと見る
書籍 (1件):
  • 知覚に根ざしたリハビリテーション : 実践と理論
    2017 ISBN:9784908083174
講演・口頭発表等 (6件):
  • 「知覚と運動の再構築に基づくリハビリテーション」
    (首都大学東京オープンユニバーシティ講座:首都大学東京飯田橋キャンパス 2014)
  • 「感覚代行- 補完技術を応用した工学的支援技術」
    (日本神経理学療法学会,参加型フォーラム2017:首都大学東京荒川キャンパス 2017)
  • The body-machine interface: a pathway for rehabilitation and technological assistance in people with neurological disorders
    (人工知能学会分科会,身体知研究会:東京大学本郷キャンパス 2018)
  • 工学的手段による感覚代行・補完技術とリハビリテーション
    (リハビリテーションのための姿勢運動制御研究会:畿央大学ニューロリハビリテーション研究センター 2019)
  • Human movement analysis (Virtual poster walk)
    (World Confederation for Physical Therapy 2019: Geneva, Switzerland 2019)
もっと見る
Works (1件):
  • Kinovea:Motion Capture Software (日本語版マニュアル)
    安田 和弘 2018 -
学歴 (1件):
  • 2009 - 2012 公立大学法人首都大学東京大学院博士後期課程 博士(学術)
経歴 (3件):
  • 2012/04 - 2014/03 早稲田大学 研究員(PD)
  • 2014/04 - 2015/03 早稲田大学
  • 2015/03 - 現在 早稲田大学 講師
委員歴 (3件):
  • 2019/11 - 現在 日本ロボットリハビリテーション・ケア研究会 世話人
  • 2019/04 - 現在 厚生労働省 委員 「障害者自立支援機器等開発評価委員会」
  • 2017/04 - 現在 日本認知科学会 幹事 「身体-システム-文化研究分科会」
所属学会 (4件):
日本理学療法士協会 ,  国際姿勢と歩行研究学会 ,  ヒューマンインタフェース学会 ,  日本認知科学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る