{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201202224168996465   整理番号:12A1112301

吸引鐘を用いたコンクリートの簡易透気試験法に関する基礎的検討とスケーリング抵抗性評価への適用の試み

EXAMINATION OF RAPID AIR PERMEABILITY TEST WHICH USED VACUUM CHAMBER AND APPLICABILITY TO SCALING EVALUATION FOR CONCRETE
著者 (4件):
資料名:
号: 678  ページ: 1193-1202  発行年: 2012年08月30日
JST資料番号: F0393B  ISSN: 1340-4202  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: 日本 (JPN)  言語: 日本語 (JA)
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
コンクリート表層部の透過性を現位置で簡便に測定できる簡易試験法は,構造物の耐久性照査や維持管理において有用な情報の提供を可能とする。この研究では,純非破壊試験として実構造物に適用可能な,吸引鐘を設ける簡易型の透気試験法について検討した。得られた主な知見は,1)簡易透気試験の適用条件として,吸引鐘外周における試験面シール幅を60mmに設定することで,簡易透気係数の変動係数を15%以下とすることが可能であり,試験面シール幅をさらに拡張することで試験精度を向上できる可能性が示唆された,2)簡易透気試験の適用条件として,部材端部から吸引鐘中心までの距離を100mm以上確保することで,部材端部からの空気流入による影響を排除できる可能性が示唆された。
シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

準シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

分類 (2件):
分類
JSTが定めた文献の分類名称とコードです
モルタル,コンクリート  ,  建設材料試験 

前のページに戻る