研究者
J-GLOBAL ID:200901031113248875   更新日: 2020年06月04日

月永 洋一

ツキナガ ヨウイチ | Tsukinaga Yoichi
所属機関・部署:
職名: 教授
研究分野 (1件): 建築構造、材料
研究キーワード (5件): 非破壊試験 ,  凍害 ,  耐久性 ,  コンクリート ,  建築材料
競争的資金等の研究課題 (5件):
  • コンクリートの非破壊試験に関する研究
  • コンクリートの凍害のほか、耐久性全般
  • 表層部の緻密化によるコンクリートの品質改善に関する研究
  • 塩化物が作用したコンクリートの凍害劣化に関する研究
  • コンクリート表層部の品質評価方法に関する研究
論文 (11件):
MISC (24件):
特許 (1件):
  • コンクリート表層部の引張強度試験方法
書籍 (6件):
  • 日本のコンクリート技術を支えた100人
    セメント新聞社 2009
  • 建築材料学
    共立出版(株) 2007
  • 日本のコンクリート100年
    日本コンクリート工学会 2006
  • 建築材料実験用教材
    日本建築学会 2000
  • コンクリート総覧
    (株)技術院 1998
もっと見る
Works (3件):
  • 凍結防止剤の影響を受けるコンクリート製品のスケーリング抵抗性に関する研究
    1999 -
  • コンクリート表層部の引張強度試験方法(特許第2121279号)
    1996 -
  • 青森県内コンクリート構造物の劣化度調査
    1990 -
学歴 (2件):
  • - 1977 日本大学 理工学研究科 建築学
  • - 1975 日本大学 理工学部 建築学
学位 (2件):
  • 工学修士 (日本大学)
  • 博士(工学) (日本大学)
委員歴 (5件):
  • 2011 - 2012 日本コンクリート工学会 理事
  • 2011 - 2012 日本建築学会 第12期代議員
  • 2009 - 2010 日本コンクリート工学会東北支部 支部長
  • 2001 - 2002 日本建築学会材料施工本委員会 委員
  • 2001 - 2002 日本建築学会東北支部研究委員会材料部会 部会長
受賞 (7件):
  • 2011 - 平成22年度日本コンクリート工学会東北支部論文賞(フェロニッケルスラグを粗骨材として用いたコンクリートの基礎的性質)
  • 2011 - 平成22年度日本コンクリート工学会東北支部論文賞(塩化物環境下におけるコンクリートのスケーリング抵抗性評価試験法に関する研究)
  • 2009 - 日本大学理工学部平成21年度学会・協会賞
  • 2009 - 平成21年度日本コンクリート工学協会協会賞(功労賞)
  • 2001 - 日本建築仕上学会学会賞論文奨励賞
全件表示
所属学会 (6件):
日本雪工学会 ,  日本非破壊検査協会 ,  日本材料学会 ,  アメリカコンクリート工学協会(American Concrete Institute) ,  日本コンクリート工学協会 ,  日本建築学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る