{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201202248939733956   整理番号:12A1428597

「月惑星探査の来たる10年:第二段階のまとめ」月・惑星着陸探査用元素分析装置:レーザ誘起絶縁破壊分光装置(LIBS)

著者 (11件):
資料名:
巻: 21  号:ページ: 260-266  発行年: 2012年09月25日
JST資料番号: L2588A  ISSN: 0918-273X  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: 日本 (JPN)  言語: 日本語 (JA)
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
レーザ誘起絶縁破壊分光装置(Laser-Induced Breakdown Spectrometer;LIBS)は,測定対象試料上にパルスレーザを照射し,試料の一部をプラズマ化し,プラズマからの発光を分光分析することで,試料に含まれる元素の定量を行う元素分析装置である。LIBSはこれまでの惑星探査に用いられてきた元素分析装置には無い数々の長所を持ち,着陸月・惑星探査における次世代の元素分析装置として期待されている。特に,遠隔性を持ち,迅速な測定が可能であることから,ローバ探査においてその性能が発揮される。LIBSは,原理的に軽元素を含むほぼすべての元素測定が可能な汎用的な元素分析装置であるため,様々な天体における多様な科学目標に対して使用が可能である。現在,日本の次期月探査計画SELENE-2のローバへの搭載を目指して月探査用のLIBS(LIB-S2)を開発中である。LIBSの開発においては,定量正確度の向上,適切な光学系の開発,小型軽量化などの課題があるが,LIB-S2の開発について課題の説明と現状の報告を行う。(著者抄録)
シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

分類 (1件):
分類
JSTが定めた文献の分類名称とコードです
惑星 
引用文献 (18件):
  • CREMERS, D. A. Handbook of Laser-Induced Breakdown Spectroscopy. 2006
  • SINGH, J. P. eds. Laser-Induced Breakdown Spectroscopy. 2007
  • MIZIOLEK, A. W. eds. Laser-Induced Breakdown Spectroscopy (LIBS). 2006
  • MAURICE, S. Lunar and Planetary Science XXXVI, 2005. 2005
  • KNIGHT, A. K. Applied Spectroscopy. 2000, 54, 331
もっと見る

前のページに戻る