{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201202297517796972   整理番号:12A0229453

補修用繊維強化型および粒子強化型複合材料のキャビテーション壊食

著者 (5件):
資料名:
巻: 40  号:ページ: 85-90  発行年: 2012年02月10日
JST資料番号: S0391B  ISSN: 0385-8839  CODEN: TKAICZ  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: 日本 (JPN)  言語: 日本語 (JA)
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
ポンプ補修材料の耐キャビテーション壊食性を明らかにするため磁歪式振動装置を用いて,GFRP(ガラス繊維強化プラスチック)とPRP(粒子強化プラスチック)補修材料のキャビテーション壊食試験を行った。PRPはセラミックス,金属,カーボンなどの粉末と高分子樹脂を配合した補修用樹脂材料である。試験の結果,GFRPの中で最も壊食性にすぐれているのはGFRP-A(トップコート有り),GFRP-B(トップコート無し)の順で,PRPの耐壊食性よりも優れていることがわかった。PRPの中で最も耐壊食性のものはPRP-4,-3の順であった。GFRPの試験結果から,Shore硬さが増加すると体積減少速度が増加した。ただし,表面の凹凸が小さいGFRP-A(トップコート有り)はShore硬さが大きいにもかかわらず体積減少速度が小さい値を示した。
シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

準シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

分類 (1件):
分類
JSTが定めた文献の分類名称とコードです
流体機械一般 
タイトルに関連する用語 (5件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る