研究者
J-GLOBAL ID:201301000326696731   更新日: 2021年10月16日

湯山 耕平

ユヤマ コウヘイ | Yuyama Kohei
所属機関・部署:
職名: 特任准教授
ホームページURL (1件): http://sphingolipidfunction.com
研究分野 (2件): 神経科学一般 ,  構造生物化学
競争的資金等の研究課題 (5件):
  • 2018 - 2021 エクソソームの神経細胞への標的化機構の解明
  • 2017 - 2021 画期的医薬品等の創出をめざす脂質の生理活性と機能の解明
  • 2014 - 2017 アルツハイマー病治療のためのエクソソーム様スフィンゴ糖脂質含有リポソームの創出
  • 2011 - 2011 神経細胞由来エクソソームの脳内除去機構
  • 2009 - 2010 エクソソーム結合性ガングリオシドのアミロイドベータ蛋白質重合への影響
論文 (41件):
  • 江口晃一, 向井克之, 湯山耕平, 臼杵靖剛, 栗本成敬, 田中藍子, 勝山(鏡)豊代, 西平 順, 門出健次, 五十嵐 靖之. こんにゃく由来グルコシルセラミド摂取による脳内アミロイドβ蓄積に対する抑制効果の探索的試験 -プラセボ対照ランダム化二重盲検並行群間比較試験-. 薬理と治療. 2021. 49. 8. 1225-1239
  • Jun-Ichi Furukawa, Hisatoshi Hanamatsu, Ikuko Yokota, Megumi Hirayama, Tomohiro Ando, Hiroyuki Kobayashi, Shunsuke Ohnishi, Nobuaki Miura, Kazue Okada, Shota Sakai, et al. Comprehensive Glycomic Approach Reveals Novel Low-Molecular-Weight Blood Group-Specific Glycans in Serum and Cerebrospinal Fluid. Journal of proteome research. 2021
  • Daisuke Mikami, Shota Sakai, Megumi Nishimukai, Kohei Yuyama, Katsuyuki Mukai, Yasuyuki Igarashi. Structure-dependent absorption of atypical sphingoid long-chain bases from digestive tract into lymph. Lipids in Health and Disease. 2021. 20. 1
  • Kan Yaguchi, Kimino Sato, Koya Yoshizawa, Daisuke Mikami, Kohei Yuyama, Yasuyuki Igarashi, Gabor Banhegyi, Eva Margittai, Ryota Uehara. Mevalonate pathway-mediated ER homeostasis is required for haploid stability in human somatic cells. Cell structure and function. 2020
  • Kohei Yuyama, Hui Sun, Daisuke Mikami, Tetsuo Mioka, Katsuyuki Mukai, Yasuyuki Igarashi. Lysosomal-associated transmembrane protein 4B regulates ceramide-induced exosome release. FASEB journal : official publication of the Federation of American Societies for Experimental Biology. 2020
もっと見る
MISC (30件):
書籍 (5件):
  • セラミド研究の新展開 : 基礎から応用へ
    食品化学新聞社 2019 ISBN:9784916143358
  • 認知症の早期診断技術と進行抑制/予防薬・機能性食品の開発
    技術情報協会 2019 ISBN:9784861047442
  • 認知症の早期診断技術と進行抑制/予防薬・機能性食品の開発
    技術情報協会 2019 ISBN:9784861047442
  • 医療を変えるエクソソーム : 生体機能から疾患メカニズム、臨床応用まで
    化学同人 2018 ISBN:9784759819786
  • パラダイムシフトをもたらすエクソソーム機能研究最前線~シグナル伝達からがん、免疫、神経疾患との関わり、創薬利用まで~
    NTS出版 2017
講演・口頭発表等 (2件):
  • セラミドによるエクソソーム産生誘導とその神経疾患関連機能
    (第12回セラミド研究会学術集会 2019)
  • スフィンゴイド塩基: その構造多様性と消化吸収、皮膚改善機能との関係
    (7th International Singapore Lipid Symposium (ISLS7) 2018)
学歴 (3件):
  • 1999 - 2002 横浜市立大学
  • 1997 - 1999 横浜市立大学
  • 1993 - 1997 愛媛大学
学位 (1件):
  • 博士(理) (横浜市立大学)
経歴 (4件):
  • 2015/06 - 現在 北海道大学 大学院先端生命科学研究院 特任准教授
  • 2009/04 - 2015/05 北海道大学 大学院先端生命科学研究院 特任助教
  • 2005/11 - 2009/03 国立長寿医療センター研究所 アルツハイマー病研究部 博士研究員
  • 2002/04 - 2005/10 公益財団法人東京都医学総合研究所 細胞膜シグナルプロジェクト 博士研究員
委員歴 (1件):
  • 2020/01 - 現在 スフィンゴテラピィ研究会 組織委員
受賞 (3件):
  • 2014/08 - 日本細胞外小胞学会 奨励賞 神経細胞由来エクソソームのアミロイドß蛋白質除去効果
  • 2013/04 - International Society for Extracellular Vesicles (ISEV) Young Investigator Award
  • 2012/10 - 第5回セラミド研究会学術集会 Young Investigator Award
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る