研究者
J-GLOBAL ID:201301036590992106   更新日: 2020年09月01日

麻生 範雄

Asou Norio
所属機関・部署:
職名: 教授
研究キーワード (8件): 分子標的治療 ,  化学療法 ,  遺伝子 ,  染色体 ,  リンパ腫 ,  骨髄異形成症候群 ,  白血病 ,  血液内科学
競争的資金等の研究課題 (8件):
  • 2017 - 2020 急性骨髄性白血病におけるPDXモデルで意義づけられた分子層別化システムの確立と臨床的実効性と有用性の検証
  • 2017 - 2020 AYA世代急性リンパ性白血病の小児型治療法および遺伝子パネル診断による層別化治療に関する研究
  • 2016 - 2019 がん領域における臨床ゲノム情報データストレージの整備に関する研究
  • 2014 - 2017 AYA世代における急性リンパ性白血病の生物学的特性と小児型治療法に関する研究
  • 2014 - 2017 急性骨髄性白血病の再発における遺伝子異常の解析
全件表示
論文 (61件):
  • Matsumura T, Nakamura-Ishizu A, Takaoka K, Maki H, Muddineni SSNA, Wang CQ, Suzushima H, Kawakita M, Asou N, Matsuoka M, et al. TUBB1 dysfunction in inherited thrombocytopenia causes genome instability. Br J Haematol. 2019. 185. 5. 888-902
  • Wang T, Jacoby MA, Duncavage EJ, Miller CA, Heath S, Rahme R, Fenaux P, Ades L, Renneville A, Cassinat B, et al. Exome analysis of treatment-related AML after APL suggests secondary evolution. Br J Haematol. 2019. 185. 5. 984-987
  • 青木 政典, 木下 博美, 松本 雅子, 網野 育雄, 室谷 明子, 田地 功忠, 小林 清子, 阿久澤 有, 石川 真穂, 安田 政実, et al. 芽球に多数の好塩基性顆粒を認めた混合表現型急性白血病の一例. 臨床病理. 2019. 67. 2. 106-111
  • Kubota S, Tokunaga K, Umezu T, Yokomizo-Nakano T, Sun Y, Oshima M, Tan KT, Yang H, Kanai A, Iwanaga E, et al. Lineage-specific RUNX2 super-enhancer activates MYC and promotes the development of blastic plasmacytoid dendritic cell neoplasm. Nat Commun. 2019. 10. 1. 1653
  • Ebihara Y, Kobayashi K, Watanabe N, Taji Y, Maeda T, Takahashi N, Ishida A, Asou N, Ikebuchi K. False-positive blood culture results in patients with hematologic malignancies. J Infect Chemother. 2019. 25. 404-406
もっと見る
書籍 (26件):
  • その他の急性骨髄性白血病 WHO分類改訂第4版による白血病・リンパ系腫瘍の病態学「急性骨髄性白血病および関連前駆細胞性腫瘍」
    中外医学社 2019
  • 急性骨髄性白血病および関連前駆細胞腫瘍 1. 反復性遺伝子異常を伴う急性骨髄性白血病 3) PML-RARAを伴う急性前骨髄球性白血病 4) t(9;11)(p21.3;q23.3; KMT2A-MLLT3を伴う急性骨髄性白血病「WHO 血液腫瘍分類 WHO分類2017をうまく活用するために」
    医薬ジャーナル社 2018
  • 初発APLの寛解導入療法「EBM 血液疾患の治療 2019-2020」
    中外医学社 2018
  • 急性前骨髄球性白血病(APL)「造血器腫瘍 診療ガイドライン 2018年版」
    金原出版 2018
  • 急性前骨髄球性白血病(APL)「血液内科グリーンノート」
    中外医学社 2017
もっと見る
講演・口頭発表等 (71件):
  • T315M(ACT→ATG)2塩基変異を含む複合変異を有したBCR-ABL1関連B細胞性リンパ芽球性白血病.
    (第116回日本内科学会講演会 医学生研修医の日本内科学会ことはじめ2019 2019)
  • Analysis of genomic predispositions to sporadic Myeloid neoplasms mediated by DDX41 in Japan.
    (60th ASH Annual Meeting and Exposition 2018)
  • Lineage-specific RUNX2 super-enhancer activates MYC via translocation (6;8) to promote the development of blastic plasmacytoid dendritic cell neoplasm.
    (60th ASH Annual Meeting and Exposition 2018)
  • Comparison of the clinical outcomes of nilotinib and dasatinib therapies in newly diagnosed patients in the chronic phase of chronic myeloid leukemia: A retrospective analysis.
    (60th ASH Annual Meeting and Exposition 2018)
  • CD56 is an unfavorable prognostic factor for acute promyelocytic leukemia: Results by multivariate analyses in the JALSG-APL204 study.
    (60th ASH Annual Meeting and Exposition 2018)
もっと見る
学位 (1件):
  • 博士(医学) (熊本大学)
委員歴 (2件):
  • 1998/04 - 現在 日本血液学会 評議員
  • 2006/03 - 2017/07 日本臨床腫瘍学会 評議員
受賞 (2件):
  • 2009/11 - クレディセゾン賞(日本白血病研究基金)
  • 2004/03 - 熊本医学会奨励賞(熊本医学会)
所属学会 (8件):
European Hematology Association ,  日本造血細胞移植学会 ,  日本臨床腫瘍学会 ,  国際実験血液学会 ,  米国血液学会 ,  日本癌学会 ,  日本血液学会 ,  日本内科学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る