研究者
J-GLOBAL ID:201301037453773614   更新日: 2022年05月17日

三角 樹弘

ミスミ タツヒロ | Misumi Tatsuhiro
所属機関・部署:
職名: 准教授
その他の所属(所属・部署名・職名) (1件):
ホームページURL (2件): https://www.phys.kindai.ac.jp/laboratory/misumi/https://www.phys.kindai.ac.jp/laboratory/misumi/index-e.html
研究分野 (1件): 素粒子、原子核、宇宙線、宇宙物理にする理論
研究キーワード (4件): 場の量子論 ,  素粒子論 ,  格子場の理論 ,  General theory of fields and particles
競争的資金等の研究課題 (9件):
  • 2019 - 2023 量子異常・リサージェンス・格子理論を組み合わせた非摂動解析
  • 2018 - 2022 場の量子論のリサージェンス理論に基づく非摂動的定式化
  • 2016 - 2019 複合ソリトン配位に基づく量子非摂動現象の新たな側面
  • 2017 - 2017 リサージェンス理論と新たな量子非摂動解析
  • 2014 - 2016 新たな格子離散化法で探る高エネルギー物理のフロンティア
全件表示
論文 (60件):
  • Toshiaki Fujimori, Syo Kamata, Tatsuhiro Misumi, Muneto Nitta, Norisuke Sakai. All-order Resurgence from Complexified Path Integral in a Quantum Mechanical System with Integrability. 2022
  • Jun Yumoto, Tatsuhiro Misumi. Lattice fermions as spectral graphs. Journal of High Energy Physics. 2022. 2022. 2. 1-24
  • Hiromichi Nishimura, Toshiaki Fujimori, Tatsuhiro Misumi, Muneto Nitta, Norisuke Sakai. Resurgence and semiclassical expansion in two-dimensional large-$N$ sigma models. 2021
  • Syo Kamata, Tatsuhiro Misumi, Naohisa Sueishi, Mithat Ünsal. Exact-WKB analysis for SUSY and quantum deformed potentials: Quantum mechanics with Grassmann fields and Wess-Zumino terms. 2021
  • Masaru Hongo, Toshiaki Fujimori, Tatsuhiro Misumi, Muneto Nitta, Norisuke Sakai. Effective field theory of magnons: Chiral magnets and the Schwinger mechanism. Physical Review B. 2021. 104. 13
もっと見る
MISC (14件):
書籍 (3件):
  • 量子異常の拡がり -素粒子論から物性論まで- (数理科学2020年1月号)
    サイエンス社 2019
  • リサージェンス理論:摂動論から非摂動効果を理解する (日本物理学会誌2018年6月号)
    日本物理学会 2018
  • 摂動級数の発散と非摂動効果 (数理科学 2016年9月号)
    サイエンス社 2016
講演・口頭発表等 (98件):
  • Application of resurgence theory to quantum theories
    (RIMS online workshop "Exact WKB Analysis, Microlocal Analysis, Painlevé Equations and Related Topic" 2021)
  • S1コンパクト化とトフーフト量子異常
    (基研国内モレキュール型研究会「周期駆動系におけるカイラル量子異常」 2021)
  • Applications of Resurgence Theory to Quantum Theories: ZN-twist, Exact-WKB and Phase Transition
    (Applicable resurgent asymptotics: Summary meeting 2021)
  • リサージェンス理論で挑む量子非摂動現象の解明
    (広島大学 第64回(2021年度第2回)Core-Uセミナー 2021)
  • リサージェンス理論に基づく非摂動効果の理解
    (島根大学素粒子論グループセミナー 2021)
もっと見る
学歴 (2件):
  • 2007 - 2012 京都大学 物理学・宇宙物理学専攻
  • 2003 - 2007 東京大学 物理学科
学位 (3件):
  • 博士(理学) (京都大学)
  • 修士(理学) (京都大学)
  • 学士(理学) (東京大学)
経歴 (11件):
  • 2021/04 - 現在 近畿大学 理工学部・大学院理工学研究科 准教授
  • 2021/04 - 現在 慶應義塾大学 自然科学研究教育センター 訪問准教授
  • 2021/04 - 2022/03 秋田大学 大学院理工学研究科 非常勤講師
  • 2021/04 - 2021/09 広島大学 大学院理学研究科 客員准教授
  • 2015/06 - 2021/03 慶應義塾大学 自然科学研究教育センター 訪問講師
全件表示
委員歴 (20件):
  • 2019/01 - 現在 Physical Review B 査読委員
  • 2018/10 - 現在 秋田県高エネルギー加速器技術研究会 委員
  • 2018/08 - 現在 Physical Review Letters 査読委員
  • 2012/12 - 現在 Physical Review D 査読委員
  • 2012/04 - 現在 Progress of Theoretical and Experimental Physics 査読委員
全件表示
受賞 (1件):
  • 2015/03 - 素粒子論グループ 第9回 素粒子メダル奨励賞 「Adjoint QCD on R3 x S1 with twisted fermionic boundary conditions」
所属学会 (2件):
素粒子論グループ ,  日本物理学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る