研究者
J-GLOBAL ID:201301042771058944   更新日: 2020年10月23日

宮ノ入 洋平

ミヤノイリ ヨウヘイ | Youhei Miyanoiri
所属機関・部署:
職名: 准教授
ホームページURL (1件): http://www.protein.osaka-u.ac.jp/rcsfp/apc/nmr/
研究分野 (3件): 生物物理学 ,  分子生物学 ,  構造生物化学
研究キーワード (3件): SAILアミノ酸 ,  蛋白質 ,  NMR
競争的資金等の研究課題 (8件):
  • 2019 - 2021 新規蛋白質標識技術を利用した細胞内蛋白質動態解析法の開発
  • 2019 - 2020 T細胞活性化シグナルにおけるリン酸化蛋白質認識機構の構造動態解析
  • 2017 - 2020 ABCトランスポーター能動輸送のポンプ収縮弛緩と逆止弁メカニズム
  • 2017 - 2019 高度な安定同位体標識技術を利用した高分子量蛋白質の新規動態解析法の開発
  • 2015 - 2018 核磁気共鳴法を利用した高分子量蛋白質の定量的な動態解析法の開発
全件表示
論文 (29件):
  • Koki Furukawa, Cesar Aguirre, Masatomo So, Kenji Sasahara, Yohei Miyanoiri, Kazumasa Sakurai, Keiichi Yamaguchi, Kensuke Ikenaka, Hideki Mochizuki, Jozsef Kardos, et al. Isoelectric point-amyloid formation of α-synuclein extends the generality of the solubility and supersaturation-limited mechanism. Current Research in Structural Biology. 2020. 2. 35-44
  • Miyanoiri Y, Takeda M, Terauchi T, Kainosho M. Recent Developments in Isotope-aided NMR Methods for Supramolecular Protein Complexes -SAIL Aromatic TROSY. Biochimica et Biophysica Acta - General Subjects. 2019
  • Saeko Yanaka, Rina Yogo, Rintaro Inoue, Masaaki Sugiyama, Satoru G Itoh, Hisashi Okumura, Yohei Miyanoiri, Hirokazu Yagi, Tadashi Satoh, Takumi Yamaguchi, et al. Dynamic Views of the Fc Region of Immunoglobulin G Provided by Experimental and Computational Observations. Antibodies (Basel, Switzerland). 2019. 8. 3
  • Gauto DF, Macek P, Barducci A, Fraga H, Hessel A, Terauchi T, Gajan D, Miyanoiri Y, Boisbouvier J, Lichtenecker R, et al. Aromatic Ring Dynamics, Thermal Activation, and Transient Conformations of a 468 kDa Enzyme by Specific 1H-13C Labeling and Fast Magic-Angle Spinning NMR. Journal of the American Chemical Society. 2019. 141. 28. 11183-11195
  • Tatsuro Nishikino, Atsushi Hijikata, Yohei Miyanoiri, Yasuhiro Onoue, Seiji Kojima, Tsuyoshi Shirai, Michio Homma. Rotational direction of flagellar motor from the conformation of FliG middle domain in marine Vibrio. Scientific reports. 2018. 8. 1. 17793-17793
もっと見る
MISC (4件):
  • 小田健人, 山口知宏, 宮ノ入洋平, 中津 亨, 甲斐荘正恒, 加藤博章. NMR解析を目指したABCトランスポーターの大腸菌高密度培養による安定同位体標識系の確立. 日本薬学会近畿支部総会・大会. 2015
  • 宇都宮裕人, 山口知宏, 宮ノ入洋平, 武田光広, 中津亨, 甲斐荘正恒, 加藤博章. Lysの13C-ジメチル化によるABC多剤排出トランスポーターのNMR解析. 第64回日本薬学会近畿支部総会・大会. 2014
  • Tomomi Sato, Yohei Miyanoiri, Mitsuhiro Takeda, Rie Mitani, Ko Hirano, Masatsune Kainosho, Makoto Matsuoka, Hiroaki Kato, Miyako Ueguchi-Tanaka. Expression and Purification of a GRAS Domain of Rice GRAS Protein, SLR1, Suitable for Structural Analysis. BIOPHYSICAL JOURNAL. 2014. 106. 2. 596A-596A
  • 佐藤友美, 宮ノ入洋平, 武田光広, 三谷理恵, 平野恒, 竹原清日, 野元美佳, 多田安臣, 甲斐荘正恒, 松岡信, et al. ジベレリンシグナル伝達メカニズムに関与するタンパク質の構造・機能解析. 日本植物細胞分子生物学会大会・シンポジウム講演要旨集. 2013. 31st. 328
書籍 (4件):
  • 高分子量蛋白質の溶液NMR解析法の開発
    北陸館 / 株式会社 ニュー・サイエンス社 2019
  • Stable-Isotope aided NMR Spectroscopy
    Springer 2017 ISBN:9783319282756
  • Stereo-array isotope labeling method for studying protein structure and dynamics
    Adv. Exp. Med. Biol. 2012
  • NMRによるタンパク質構造解析の展望 - Musashiタンパク質によるRNAの認識機構の解析を例に-
    酵素工学ニュース 2006
講演・口頭発表等 (47件):
  • NMRの遠隔利用・自動化 - 大阪大学蛋白質研究所の取り組み-
    (文部科学省最先端研究基盤共用促進事業 NMR共用プラットフォーム シンポジウム2020 2020)
  • NMR法を用いた高分子量蛋白質の構造動態解析法の開発
    (第70回日本薬学会関西支部大会 2020)
  • NMRで観る-高度な安定同位体標識技術と最新のNMR測定法を利用した蛋白質動態構造の解析
    (第59回生物物理若手の会 夏の学校 2019)
  • 新しい安定同位体標識技術を利用した高分子量蛋白質の動態構造解析法の開発
    (第20回若手NMR研究会 2019)
  • Transverse relaxation optimized isotope labeling for studying structural dynamics of larger proteins
    (2019)
もっと見る
学歴 (2件):
  • 2002 - 2005 横浜国立大学
  • - 2000 横浜国立大学 物質工学科
学位 (1件):
  • 博士(工学) (横浜国立大学)
経歴 (6件):
  • 2017/04 - 現在 大阪大学 蛋白質研究所 准教授
  • 2011/08 - 2017/03 名古屋大学大学院理学研究科附属構造生物学研究センター 特任助教
  • 2008/05/01 - 2011/07/31 名古屋大学大学院理学研究科附属構造生物学研究センター 研究員
  • 2006/04/01 - 2008/03/31 Hong Kong University of Science and Technology Faculty of Biochemistry: Research Associate
  • 2004/04/01 - 2006/03/31 日本学術振興会 特別研究員
全件表示
委員歴 (4件):
  • 2020/04 - 現在 日本核磁気共鳴学会 評議員
  • 2019/04 - 現在 日本生物物理学会 分野別専門委員
  • 2013/08 - 現在 ICMRBS2016 organization Administration task force
  • 2013/08 - 現在 ICMRBS2016実行委員会 総務担当委員
所属学会 (2件):
日本核磁気共鳴学会 ,  日本生物物理学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る