研究者
J-GLOBAL ID:201301046552748655   更新日: 2021年12月20日

井原 智彦

イハラ トモヒコ | Ihara Tomohiko
所属機関・部署:
職名: 准教授
その他の所属(所属・部署名・職名) (2件):
ホームページURL (1件): http://www.lct.k.u-tokyo.ac.jp
研究分野 (7件): 環境材料、リサイクル技術 ,  循環型社会システム ,  環境材料、リサイクル技術 ,  環境政策、環境配慮型社会 ,  環境影響評価 ,  土木環境システム ,  エネルギー化学
研究キーワード (35件): 全国消費実態調査 ,  カーボンラベリング ,  CO2排出量 ,  GHG排出量 ,  家計調査 ,  産業連関表 ,  消費者行動 ,  カーボンフットプリント ,  暑熱ストレス ,  国際情報交換 ,  エネルギー ,  緩和策 ,  リスク ,  太陽光発電 ,  重篤度 ,  台湾 ,  都市熱環境 ,  脆弱性 ,  電力需給 ,  ヒートアイランド ,  数値シミュレーション ,  マップ ,  健康影響 ,  企業インタビュー ,  熱中症リスク ,  地域メッシュ ,  グラフ理論 ,  疲労 ,  睡眠困難 ,  サプライチェーン ,  インベントリデータ ,  適応策 ,  冷房 ,  数値モデリング ,  都市気象
競争的資金等の研究課題 (12件):
  • 2020 - 2024 高温な気候曝露の循環器系疾患リスク評価とAIを利用した予測手法の構築
  • 2019 - 2022 都市における暑熱リスク軽減を目的とした対策導入シナリオに関する国際共同研究
  • 2017 - 2020 高度生体信号の同時計測による温冷感・快適感の客観的評価と簡易計測システムの開発
  • 2016 - 2019 都市気候と空調エネルギー需要の相互作用感度(PFB感度)の定量化とその国際比較
  • 2015 - 2018 サプライチェーンが産み出す価値と環境・資源ストレスの統合的ホットスポット分析
全件表示
論文 (61件):
  • Yukihiro Kikegawa, Kazusa Nakajima, Yuya Takane, Yukitaka Ohashi, Tomohiko Ihara. A quantification of classic but unquantified positive feedback effects in the urban-building-energy-climate system. Applied Energy. 2022. 307. 118227-118227
  • Yukitaka Ohashi, Akari Miyata, Tomohiko Ihara. Mortality Sensitivity of Cardiovascular, Cerebrovascular, and Respiratory Diseases to Warm Season Climate in Japanese Cities. Atmosphere. 2021. 12. 12. 1546-1546
  • Kazuki Yamaguchi, Tomohiko Ihara, Yukihiro Kikegawa. Observational evaluation of outdoor cooling potential of air-source heat pump water heaters. Theoretical and Applied Climatology. 2021. 145. 3-4. 1007-1025
  • Selim Karkour, Tomohiko Ihara, Tadahiro Kuwayama, Kazuki Yamaguchi, Norihiro Itsubo. Life Cycle Assessment of Residential Air Conditioners Considering the Benefits of Their Use: A Case Study in Indonesia. Energies. 2021. 14. 2. 447-447
  • Alvin Christopher G. Varquez, Nisrina S. Darmanto, Yasushi Honda, Tomohiko Ihara, Manabu Kanda. Future increase in elderly heat-related mortality of a rapidly growing Asian megacity. Scientific Reports. 2020. 10. 1
もっと見る
MISC (291件):
  • 大橋唯太, 井原智彦, 高根雄也, 亀卦川幸浩. 都市気象モデルによる循環器・呼吸器系疾患のリスク評価手法の構築. 環境情報科学. 2021. 50. 1
  • 原政之, DU Jiaoman, 井原智彦, 本城慶多, 平野勇二郎. 数理統計的手法に基づいた人工排熱・二酸化炭素排出量インベントリ簡易推計ツールの開発. 大気環境学会年会講演要旨集. 2021. 62nd (CD-ROM)
  • 大橋唯太, 井原智彦. 一般化線形モデル(GLM)による気象条件への循環器・呼吸器系疾患の死亡感度分析. 日本生気象学会雑誌. 2021. 58. 2
  • 橋本豪, 大橋唯太, 井原智彦. 気象因子・大気汚染物質・季節性を考慮した東京の呼吸器疾患 罹患予測モデルの開発と評価. 日本生気象学会雑誌. 2021. 58. 2
  • 平野勇二郎, 原政之, 井原智彦. 家庭における用途別エネルギー消費量へ及ぼす外気温条件の影響. 環境情報科学. 2020. 49. 1
もっと見る
講演・口頭発表等 (7件):
  • Evaluation of Sleep Disorder Caused by Urban Heat Island Based on the Pittsburgh Sleep Quality Index
    (5th International Conference on Countermeasures to Urban Heat Islands (IC2UHI) 2019)
  • Comprehensive Evaluation of the Influence of Outdoor Temperature Change on Health around the Urban Area
    (5th International Conference on Countermeasures to Urban Heat Islands (IC2UHI) 2019)
  • Are E-books actually green? The role of E-reader in Changing reading patterns and environmental impact in book reading activities
    (Proceedings of the International Display Workshops 2017)
  • The effect of temperature changes on health status in urban city
    (8th International Conference on Urban Climate 2012)
  • Quantification of various health damages by urban air temperature rise
    (8th International Conference on Urban Climate 2012)
もっと見る
学歴 (3件):
  • 2000 - 2004 東京大学 地球システム工学専攻(博士課程)
  • 1998 - 2000 東京大学 地球システム工学専攻(修士課程)
  • 1994 - 1998 東京大学 地球システム工学科
学位 (1件):
  • 博士(工学) (東京大学)
経歴 (11件):
  • 2021/04 - 現在 名古屋大学 大学院環境学研究科 非常勤講師
  • 2012/06 - 現在 産業技術総合研究所 安全科学研究部門 客員研究員
  • 2012/06 - 現在 東京大学 大学院新領域創成科学研究科 環境システム学専攻 准教授
  • 2019/04 - 2021/03 埼玉県環境科学国際センター 客員研究員
  • 2018/04 - 2021/03 東京理科大学 理工学部 経営工学科 非常勤講師
全件表示
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る