研究者
J-GLOBAL ID:201301046552748655   更新日: 2020年08月31日

井原 智彦

イハラ トモヒコ | Ihara Tomohiko
所属機関・部署:
職名: 准教授
その他の所属(所属・部署名・職名) (4件):
ホームページURL (1件): http://www.lct.k.u-tokyo.ac.jp
研究分野 (7件): 環境材料、リサイクル技術 ,  循環型社会システム ,  環境材料、リサイクル技術 ,  環境政策、環境配慮型社会 ,  環境影響評価 ,  土木環境システム ,  エネルギー化学
研究キーワード (35件): 全国消費実態調査 ,  カーボンラベリング ,  CO2排出量 ,  GHG排出量 ,  家計調査 ,  産業連関表 ,  消費者行動 ,  カーボンフットプリント ,  暑熱ストレス ,  国際情報交換 ,  エネルギー ,  緩和策 ,  リスク ,  太陽光発電 ,  重篤度 ,  台湾 ,  都市熱環境 ,  脆弱性 ,  電力需給 ,  ヒートアイランド ,  数値シミュレーション ,  マップ ,  健康影響 ,  企業インタビュー ,  熱中症リスク ,  地域メッシュ ,  グラフ理論 ,  疲労 ,  睡眠困難 ,  サプライチェーン ,  インベントリデータ ,  適応策 ,  冷房 ,  数値モデリング ,  都市気象
競争的資金等の研究課題 (5件):
  • 2013 - 2015 日常生活に伴うすべての温室効果ガス排出量の評価と低炭素型生活行動への実証的適用
  • 2012 - 2014 リスクに対する頑健性と柔軟性を備えた環境調和型サプライチェーン設計手法の開発
  • 2012 - 2014 都市気象・建物エネルギー連成数値モデルの熱環境・電力需給予測への実証的適用
  • 2011 - 2013 暑熱環境におけるエネルギーの消費による人間健康の改善効果の評価に関する研究
  • 2011 - 2012 数値モデルを利用した屋外熱中症リスクの地域メッシュ評価
論文 (43件):
  • Daisuke Narumi, Tomohiko Ihara, Sanae Fukuda, Yoshiyuki Shimoda. Comprehensive Evaluation of the Influence of Outdoor Temperature Change on Health around the Urban Area. 5th International Conference on Countermeasures to Urban Heat Islands (IC2UHI). 2019
  • Tomohiko Ihara, Daisuke Narumi, Sanae Fukuda, Hiroaki Kondo. Evaluation of Sleep Disorder Caused by Urban Heat Island Based on the Pittsburgh Sleep Quality Index. 5th International Conference on Countermeasures to Urban Heat Islands (IC2UHI). 2019
  • 鳴海大典, 井原智彦, 福田早苗, 下田吉之. 都市における屋外気温変化が多種の疾患に与える影響の総合評価. 日本建築学会環境系論文集. 2019. 84. 756
  • Yuki Hashimoto, Yukitaka Ohashi, Minako Nabeshima, Yoshinori Shigeta, Yukihiro Kikegawa, Tomohiko Ihara. Sensitivity of electricity consumption to air temperature, air humidity and solar radiation at the city-block scale in Osaka, Japan. Sustainable Cities and Society. 2019
  • 桑山 忠弘, 山口 和貴, 岡田 和樹, 亀卦川 幸浩, 神田 学, Alvin Christopher Galangc Varquez, Nisrina Setyo, Darmanto, Prihadi Setyo, Darmanto, 井原 智彦. エアコンによる睡眠困難および疲労の障害調整生存年(DALY)の軽減効果 -インドネシア・ジャカルタにおける評価-. 日本LCA学会誌. 2019. 15. 1
もっと見る
MISC (235件):
  • Shinsuke Murakami, Jun Nakatani, Kenichi Nakajima, Eri Amasawa, Ryota Ii, Kiyotada Hayashi, Naoki Yoshikawa, Ichiro Daigo, Yusuke Kishita, Tomohiko Ihara, Koichi Shobatake, Yuki Kudoh, Masaharu Motoshita, Keiichiro Kanemoto, Minako Hara, Aiichiro Kashiwagi, Seiji Hashimoto, Yosuke Shigetomi, Masayuki Kanzaki, Yasunori Kikuchi, Hajime Ohno, Yasuhiro Fukushima. EcoBalance 2018-Nexus of ideas: innovation by linking through life cycle thinking (9-12 October 2018, Tokyo, Japan). International Journal of Life Cycle Assessment. 2019. 24. 1544-1552
  • 村上 進亮, 中谷 隼, 中島 謙一, 天沢 逸里, 井伊 亮太, 林 清忠, 吉川 直樹, 醍醐 市朗, 木下 裕介, 井原 智彦, 正畠 宏一, 工藤 祐揮, 本下 晶晴, 金本 圭一朗, 原 美永子, 柏木 愛一郎, 橋本 征二, 重富 陽介, 神崎 昌之, 小林 由典, 菊池 康紀, 大野 肇, 福島 康裕. 第13回 エコバランス国際会議 開催報告. 日本LCA学会誌. 2019. 15. 3. 282-290
  • 小楠智子, 関山牧子, 橋本侑樹, 井原智彦. 関東地方における熱中症の社会経済要因に関する調査. 日本ヒートアイランド学会全国大会. 2018. 13th. 144-145
  • 長沼 康太, 福田 早苗, 鳴海大典, 近藤 裕昭, 井原 智彦. 疲労に関する連続日数の疫学調査における問題点. 日本ヒートアイランド学会第13回全国大会講演論文集. 2018
  • 鳴海大典, 井原智彦, 福田早苗, 下田吉之. 都市における屋外気温変化が健康に与える影響の包括的評価-過去40年間の気温変化に伴う健康影響-. 日本建築学会大会学術講演梗概集・建築デザイン発表梗概集(CD-ROM). 2018. 2018. ROMBUNNO.40465
もっと見る
学歴 (3件):
  • 2000 - 2004 東京大学 大学院工学系研究科 地球システム工学専攻(博士課程)
  • 1998 - 2000 東京大学 大学院工学系研究科 地球システム工学専攻(修士課程)
  • 1994 - 1998 東京大学 工学部 地球システム工学科
学位 (1件):
  • 博士(工学) (東京大学)
経歴 (8件):
  • 2014/04 - 現在 豊橋技術科学大学 非常勤講師
  • 2012/06 - 現在 産業技術総合研究所 客員研究員
  • 2012/06 - 現在 東京大学 准教授
  • 2012/11 - 2016/03 科学技術振興機構 特任研究員
  • 2012/04 - 2014/03 総務省 客員研究官
全件表示
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る