研究者
J-GLOBAL ID:201301061402659114   更新日: 2021年05月28日

大友 康平

オオトモ コウヘイ | OTOMO Kohei
所属機関・部署:
職名: 助教
その他の所属(所属・部署名・職名) (1件):
ホームページURL (1件): https://www.nips.ac.jp/bp/index.html
研究分野 (1件): 生物物理学
研究キーワード (4件): 二光子顕微鏡 ,  超解像顕微鏡 ,  バイオイメージング ,  生体分子分光
競争的資金等の研究課題 (9件):
  • 2020 - 2026 記憶を司るシナプス微小構造の時空間ダイナミクス(代表:林康紀)
  • 2020 - 2025 ニューロフォトニクスの創成による脳機能の創発原理の探究
  • 2020 - 2023 非線形光レーザ技術を駆使した神経回路機能の超解像可視化解析
  • 2018 - 2022 生体内ナノ構造を長期間にわたり可視化追跡する超解像顕微鏡法の開発
  • 2015 - 2020 ベクトルレーザー光を用いた高速in vivoイメージング技術の高度化と応用
全件表示
論文 (25件):
  • Taiga Takahashi, Hong Zhang, Kohei Otomo, Yosuke Okamura, Tomomi Nemoto. Protocol for constructing an extensive cranial window utilizing a PEO-CYTOP nanosheet for in vivo wide-field imaging of the mouse brain. STAR Protocols. 2021. 2. 2. 100542-100542
  • Chentao Wen, Takuya Miura, Venkatakaushik Voleti, Kazushi Yamaguchi, Motosuke Tsutsumi, Kei Yamamoto, Kohei Otomo, Yukako Fujie, Takayuki Teramoto, Takeshi Ishihara, et al. 3DeeCellTracker, a deep learning-based pipeline for segmenting and tracking cells in 3D time lapse images. eLife. 2021. 10. e59187
  • Kazushi Yamaguchi, Kohei Otomo, Yuichi Kozawa, Motosuke Tsutsumi, Tomoko Inose, Kenji Hirai, Shunichi Sato, Tomomi Nemoto, Hiroshi Uji-i. Adaptive Optical Two-Photon Microscopy for Surface-Profiled Living Biological Specimens. ACS Omega. 2021. 6. 1. 438-447
  • Sakuya Nakamura, Shinya Hagihara, Kohei Otomo, Hiroyuki Ishida, Jun Hidema, Tomomi Nemoto, Masanori Izumi. Autophagy contributes to quality control of leaf mitochondria. Plant and Cell Physiology. 2020
  • Taiga Takahashi, Hong Zhang, Ryosuke Kawakami, Kenji Yarinome, Masakazu Agetsuma, Junichi Nabekura, Kohei Otomo, Yosuke Okamura, Tomomi Nemoto. PEO-CYTOP Fluoropolymer Nanosheets as a Novel Open-Skull Window for Imaging of the Living Mouse Brain. iScience. 2020. 23. 10. 101579-101579
もっと見る
MISC (15件):
もっと見る
特許 (1件):
書籍 (3件):
  • 実験医学増刊 生きてるものは全部観る!イメージングの選び方・使い方100+
    羊土社 2018
  • Super-Resolution Imaging in Biomedicine
    CRC Press (Taylor & Francis Group) 2016
  • 実験医学別冊 初めてでもできる!超解像イメージング
    羊土社 2016
講演・口頭発表等 (49件):
  • Improving two-photon excitation microscopy for deeper, sharper and/or faster intravital imaging
    (44th Meeting of Australian Society for Biophysics 2020)
  • Two-photon excitation confocal spinning-disk microscopy for real-time visualizations of biological phenomena
    (A3 Foresight & 5 Star Alliance Joint Workshop on Organic/Inorganic Hybrid Nano Materials and Bio Imaging 2020)
  • 二光子励起顕微鏡の機能向上による多次元生細胞イメージング
    (生理学研究所研究会 「細胞システム理解のためのシグナル応答原理解明の最前線」 2020)
  • Two-Photon Excitation Spinning-Disk Confocal Microscopy and Its Biological Applications
    (Focus On Microscopy 2020 2020)
  • Improvements of two-photon microscopy techniques for understanding intravital phenomena
    (第8回 脳機能と脳型計算機に関するRIEC国際シンポジウム 2020)
もっと見る
学歴 (2件):
  • 2004 - 2009 東北大学
  • 1999 - 2004 東北大学
学位 (1件):
  • 博士(薬学) (東北大学)
経歴 (8件):
  • 2019/12 - 現在 総合研究大学院大学 生命科学研究科 生理科学専攻 助教(兼任)
  • 2019/12 - 現在 自然科学研究機構 生理学研究所 助教(兼任)
  • 2019/12 - 現在 自然科学研究機構 生命創成探求センター 助教
  • 2016/04 - 2019/11 北海道大学 大学院情報科学研究科 生命人間情報科学専攻 助教(兼任)
  • 2016/04 - 2019/11 北海道大学 電子科学研究所 助教
全件表示
受賞 (8件):
  • 2019/02 - コニカミノルタ科学技術振興財団 コニカミノルタ画像科学奨励賞 高速偏光分解二光子顕微鏡法による生体内小胞動態の高次可視化解析
  • 2018/09 - 日本バイオイメージング学会 ベストイメージ賞浜松ホトニクス賞 多点走査型2光子顕微鏡による4重標識生細胞の3次元経時観察
  • 2018/09 - 日本バイオイメージング学会 ベストイメージ賞ニコン賞 多点走査型 2 光子顕微鏡への偏光光学系の導入と生体イメージングへの応用
  • 2017/12 - 日本顕微鏡学会北海道支部会 優秀ポスター賞 多点走査型二光子顕微鏡による生体組織の高速SHGイメージング
  • 2017/09 - 日本バイオイメージング学会 2017年度 ベストイメージ・ZEISS賞 多点走査型2光子顕微鏡を用いたマウス膵臓におけるin vivo Ca2+イメージング
全件表示
所属学会 (1件):
日本バイオイメージング学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る