研究者
J-GLOBAL ID:201301070365803268   更新日: 2020年06月07日

金 高義

キム コゥイ | Kim Koui
所属機関・部署:
職名: 助教
その他の所属(所属・部署名・職名) (1件):
研究分野 (1件): 防災工学
研究キーワード (7件): 模型風洞実験 ,  凍上 ,  寒冷地工学 ,  数値風況解析 ,  圧雪地盤 ,  雪工学 ,  極地工学
競争的資金等の研究課題 (4件):
  • 2019 - 2020 車載LiDAR技術の精度評価研究
  • 2016 - Construction of Wind Power Generators at Japanese Antarctic Station, Syowa - A Case Study using CFD-GIS Wind Synopsis Simulator -
  • 2012 - 2013 力学的アプローチによる南極内陸部・雪氷基盤表層部の物理特性の解明研究
  • 2011 - 2013 南極新内陸観測基地建設のための三次元不同圧密沈下予測モデルの構築
論文 (14件):
MISC (3件):
  • 協力. 南極建築1957-2016. LIXILギャラリー. 2016
  • 金 高義. 過酷な極の環境に負けない! 南極建築の今. 「極」. 2015. Vol.13
  • 金 高義. GISと風況解析で南極昭和基地のスノウドリフト予測. ArcGIS事例集. 2015. Vol.11
講演・口頭発表等 (36件):
  • Accuracy verification of Vehicle-Mounted LiDAR - Preliminary experiment of Snow Depth Measurement on Roads and Roadsides -
    (4th STI-Gigaku2019 2019)
  • Annual energy output by the wind turbines at National Institute Technology, Fukushima College, Japan; A case study from July 2017 through June 2018
    (6th Regional Conference on Campus Sustainability 2019, Iwaki, Fukushima, Japan 2019)
  • Annual energy output by the wind turbines at National Institute Technology, Fukushima College, Japan; A case study from July 2016 through June 2017
    (5th Regional Conference on Campus Sustainability 2018, University Malaysia Sabah, Kota Kinabalu, Sabah, Malaysia 2018)
  • Attempts of TOEIC tests at National Institute of Technology, Fukushima College -Summary and analysis from 2004 through 2016-
    (11th International Symposium on Advances in Technology Education, 19-22 Sep 2017 Ngee Ann Polytechnic, Singapore 2017)
  • 福島高専における風車設置に関する風況解析 -電気学科との融合事例-
    (第29回高専技科大交流集会 2017)
もっと見る
学歴 (3件):
  • 2004 - 2011 University of Alaska Fairbanks Arctic Engineering
  • 2001 - 2003 北海道大学大学院 社会基盤工学専攻
  • 1997 - 2001 新潟大学 建設学科
学位 (1件):
  • 学術博士(Ph.D.),2011年 (アラスカ大学フェアバンクス校,アメリカ合衆国)
経歴 (9件):
  • 2015/04 - 現在 国立極地研究所 極地工学研究グループ 外来研究員
  • 2015/04 - 現在 福島工業高等専門学校 建設環境工学科 助教
  • 2013/10 - 2015/03 神奈川工科大学 機械工学科 客員研究員
  • 2011/04 - 2015/03 国立極地研究所 極地工学研究グループ 助教
  • 2009/01 - 2011/03 モントリオール大学 地理学部 技術補佐員
全件表示
委員歴 (4件):
  • 2019/04 - 現在 日本雪氷学会東北支部 幹事長
  • 2015/09 - 2019/03 国土交通省 東北地方整備局 道路ドクター
  • 2015/07 - 2019/03 日本雪氷学会東北支部 事業委員長
  • 2014/12 - 2015/03 日本雪氷学会 役員選挙・選挙管理委員
受賞 (7件):
  • 2008/08 - International Permafrost Association 9th International Permafrost Conference Educational Stipend Award Two-Dimensional Numerical Solution for Frost Heave Prediction Using Segregation Potential Concept
  • 2007/08 - Alaska EPSCoR 2007/08 Graduate Research Fellowship Awards 3-D Finite Element Model of Coupled Processes for Pipe - Permafrost Interaction
  • 2006/08 - Alaska EPSCoR Travel funding to attend Asian Conference of Permafrost in China 1-D Numerical Analysis to Predict a Buried Chilled Gas Pipeline in Alaska, Fairbanks
  • 2006/08 - Alaska EPSCoR 2006/07 Graduate Research Fellowship Awards 2-D finite element model of coupled processes including the effect of water table and freeze - thaw cycle at the free-field area
  • 2005/08 - Alaska EPSCoR 2005/06 Graduate Research Fellowship Awards 2-D Analytical modeling for pipe - permafrost interaction
全件表示
所属学会 (3件):
国際凍土学会 ,  米国地球物理学連合 ,  日本雪氷学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る