研究者
J-GLOBAL ID:201301077153088245   更新日: 2020年09月01日

長棟 輝行

ナガムネ テルユキ | Teruyuki Nagamune
ホームページURL (2件): http://kaken.nii.ac.jp/d/r/20124373.ja.htmlhttp://kaken.nii.ac.jp/d/r/20124373.ja.html
研究分野 (2件): ナノマイクロシステム ,  バイオ機能応用、バイオプロセス工学
研究キーワード (30件): 抗体 ,  受容体 ,  樹状細胞 ,  遺伝子治療 ,  がん ,  選択的増幅 ,  キメラ受容体 ,  細胞障害性T細胞 ,  シグナル伝達 ,  抗体可変領域 ,  抗体生産 ,  増殖制御 ,  ELISA ,  オープンサンドイッチ法 ,  スクリーニング ,  FRET ,  細胞膜修飾剤 ,  c-Kit ,  樹状前駆細胞 ,  蛍光共鳴エネルギー移動 ,  抗体可変領域分泌細胞 ,  細胞免疫療法 ,  Fcレセプター ,  アルカリホスファターゼ ,  癌細胞 ,  キメラタンパク質 ,  抗腫瘍効果 ,  共鳴エネルギー移動 ,  電子伝達蛋白質分子 ,  FT-IR
競争的資金等の研究課題 (32件):
  • 2016 - 2018 動物細胞内での細胞内抗体選択法の開発
  • 2015 - 2018 汎用的な一細胞アレイ化・画像解析・選別回収システムの構築と応用
  • 2014 - 2017 機能性バクテリオナノファイバーのデザインと被毛微生物の作出
  • 2014 - 2016 血中循環がん細胞識別・分離用マイクロチップの開発
  • 2012 - 2015 キメラ受容体を用いたヒトiPS細胞の未分化維持・増幅と分化技術の開発
全件表示
論文 (48件):
  • Tsukamoto T, Sogo T, Ueyama T, Nakao S, Harada Y, Ihara D, Akagi Y, Kida YS, Hasegawa K, Nagamune T, Kawahara M, Kawamura T. Chimeric G-CSF Receptor-Mediated STAT3 Activation Contributes to Efficient Induction of Cardiomyocytes from Mouse Induced Pluripotent Stem Cells. Biotechnology journal. 2019. e1900052
  • Eguchi A, Nakakido M, Nagatoishi S, Kuroda D, Tsumoto K, Nagamune T, Kawahara M. An epitope-directed antibody affinity maturation system utilizing mammalian cell survival as readout. Biotechnology and bioengineering. 2019. 116. 7. 1742-1751
  • Ayumu Ishijima, Satoshi Yamaguchi, Takashi Azuma, Etsuko Kobayashi, Yoshikazu Shibasaki, Teruyuki Nagamune, Ichiro Sakuma. Selective intracellular delivery of perfluorocarbon nanodroplets for cytotoxicity threshold reduction on ultrasound-induced vaporization. Cancer Reports. 2019. 2. 4. e1165
  • Nguyen TD, Nagamune T, Kawahara M. A Suicide Switch Directly Eliminates Intracellular scFv Oligomers in the Cytoplasm of Mammalian Cells. Biotechnology journal. 2019. 14. 1. e1800350
  • Iwata, Fumiya, Hirakawa, Hidehiko, Nagamune, Teruyuki. A stable artificial multienzymatic complex using a heterotrimeric protein from Metallosphaera sedula. Biotechnology journal. 2018. 13. 11. 1700662
もっと見る
MISC (51件):
特許 (55件):
書籍 (36件):
  • Nano/micro biotechnology
    Springer 2010 ISBN:9783642149467
  • Origami概念による臓器をつくるプロセスの確立
    新海政重 2008
  • 美しい構造を有する組織・臓器を作るための新しい戦略
    新海政重 2005
  • 可変領域の安定性を利用した抗原濃度測定法の実用化
    上田宏 2005
  • プロテインチップ用抗体Fv迅速選択・生産技術の開発
    長棟輝行 2005
もっと見る
講演・口頭発表等 (149件):
  • Immobilization of bacterial cytochrome P450 and cofactor regeneration system on magnetic beads via DNA clamp
    (New Biotechnology 2016)
  • 2P-251 無血清培養での細胞増殖活性向上のためのキメラ受容体のデザイン(セル&ティッシュエンジニアリング,一般講演)
    (日本生物工学会大会講演要旨集 2015)
  • 1P-216 一細胞アレイを用いたpH応答性GPCRの細胞内動態解析(生物化学工学,一般講演)
    (日本生物工学会大会講演要旨集 2015)
  • 3P-030 PCNAヘテロ三量化を利用したDNA上への多酵素集積(酵素学,酵素工学,一般講演)
    (日本生物工学会大会講演要旨集 2015)
  • 3P-031 DNA結合タンパク質を介したシトクロムP450システムの再構成(酵素学,酵素工学,一般講演)
    (日本生物工学会大会講演要旨集 2015)
もっと見る
学歴 (2件):
  • 1975 - 1977 東京工業大学 大学院理工学研究科 化学工学専攻
  • 1971 - 1975 東京工業大学 工学部 化学工学科
学位 (3件):
  • 博士(工学) (東京工業大学)
  • 修士(工学) (東京工業大学)
  • 学士(工学) (東京工業大学)
経歴 (7件):
  • 2018/04 - 現在 一般財団法人 総合研究奨励会 コーディネーター
  • 1995/04 - 2018/03 東京大学 教授
  • 1993/08 - 1995/03 東京大学 教授
  • 1992/08 - 1993/08 理化学研究所 副主任研究員
  • 1985/04 - 1992/08 理化学研究所 研究員
全件表示
委員歴 (8件):
  • 2009 - 2013 独)日本学術振興会 科学研究費委員会専門委員
  • 2004 - 2010 (独)NEDO 技術委員
  • 2005 - 2007 (独)日本学術振興会 科学研究費委員会専門委員
  • 2002 - 2005 文部科学省 科学技術・学術審議会専門委員
  • 2002 - 2004 (独)産業技術総合研究所 レビューボード委員
全件表示
受賞 (15件):
  • 2018/07 - 国際学術誌 Nano Convergence 最優秀論文賞
  • 2018/03 - 韓国生物工学会 研究交流貢献賞
  • 2017/09 - 日本学術振興会 科研費審査委員表彰
  • 2016/09 - (公)日本生物工学会 第24回 生物工学論文賞 Photosensitizer and polycationic peptide-labeled streptavidin as a nano-carroer for light-controlled protein transduction
  • 2014/03 - (公)化学工学会 学会賞(池田亀三郎記念賞) 分子生物化学工学に関する研究
全件表示
所属学会 (6件):
バイオインダストリー協会 ,  酵素工学研究会 ,  フロンティア生命化学研究会 ,  日本蛋白質科学会 ,  日本生物工学会 ,  化学工学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る