研究者
J-GLOBAL ID:201301084877169278   更新日: 2024年04月07日

上田 顕

ウエダ アキラ | UEDA Akira
所属機関・部署:
職名: 准教授
ホームページURL (1件): https://ueda-lab-kumamoto-u.weebly.com/
研究分野 (5件): 磁性、超伝導、強相関系 ,  有機機能材料 ,  基礎物理化学 ,  構造有機化学、物理有機化学 ,  機能物性化学
研究キーワード (5件): 分子性固体 ,  有機伝導体 ,  有機ラジカル ,  分子磁性 ,  分子性物質
競争的資金等の研究課題 (17件):
  • 2023 - 2026 純有機中性ラジカル固体のバンド充填率の変調と新奇電子相の開拓
  • 2023 - 2025 双性イオン型中性ラジカルを基盤とした高次元・高密度共役強相関電子系の創出
  • 2022 - 2023 プロトンによる有機結晶の革新的バンド充填制御法の開拓と新電子機能創出
  • 2019 - 2023 π電子-水素連動型有機伝導体の構造多様性探索と機能創出
  • 2021 - 2022 純有機低分子で創る加工性に優れた革新的超伝導・高伝導材料
全件表示
論文 (71件):
  • So Yokomori, Shun Dekura, Akira Ueda, Toshiki Higashino, Hatsumi Mori. Neutral Radical Molecular Conductors Based on a Gold Dimethoxybenzenedithiolene Complex with and without Crystal Solvent. Chemistry Letters. 2023. 52. 1. 25-28
  • Taro Suemune, Keita Sonoda, Shuichi Suzuki, Hiroyasu Sato, Tetsuro Kusamoto, Akira Ueda. Partially Oxidized Purely Organic Zwitterionic Neutral Radical Conductor: Multi-step Phase Transitions and Crossover Caused by Intra- and Intermolecular Electronic Interactions. Journal of the American Chemical Society. 2022
  • Ryota Teruya, Tetsu Sato, Masahiro Yamashita, Noriaki Hanasaki, Akira Ueda, Masaki Matsuda. Reversible Insulator-Metal Transition by Chemical Doping and Dedoping of a Mott Insulator. Angewandte Chemie International Edition. 2022. 61. 61. e202206428
  • Natalia Drichko, Shiori Sugiura, Minoru Yamashita, Akira Ueda, Shinya Uji, Nora Hassan, Yoshiya Sunairi, Hatsumi Mori, Elena I. Zhilyaeva, Svetlana Torunova, et al. Charge and spin interplay in a molecular-dimer-based organic Mott insulator. Physical Review B. 2022. 106. 6
  • Tsuyoshi Murata, Kenta Yoshida, Shuichi Suzuki, Akira Ueda, Shinsuke Nishida, Junya Kawai, Kozo Fukui, Kazunobu Sato, Takeji Takui, Kazuhiro Nakasuji, et al. Double-σ-Bonded Close-Shell Dimers and Peroxy-Linked Open-Shell Dimer Derived from a C3 Symmetric Trioxophenalenyl Neutral Diradical. Chemistry - A European Journal. 2022. 28. 52
もっと見る
MISC (9件):
もっと見る
講演・口頭発表等 (173件):
  • フェノール縮環型TTFと各種電子アクセプター分子からなる水素結合型電荷移動錯体の合成と構造、物性
    (第17回分子科学討論会 2023)
  • 純有機中性分子を基盤とした新しい部分酸化型分子性導体の開発
    (E-USE研究会2023 (E-USE Scientific Meeting 2023) 2023)
  • π電子-プロトン相関型分子性導体κ-H<sub>3</sub>(Cat-EDT-TTF)<sub>2</sub>類縁体における元素置換および電子相関効果
    (日本物理学会講演概要集(CD-ROM) 2023)
  • 部分酸化型TTF骨格を有する純有機中性ラジカル伝導体:分子間相互作用・相転移に対する結晶溶媒効果
    (第16回分子科学討論会 2022)
  • ホウ素架橋ビスTTF型中性ラジカルからなる新規純有機単一成分伝導体の合成と構造、物性
    (日本化学会第102春季年会 2022)
もっと見る
学歴 (2件):
  • 2005 - 2010 大阪大学 大学院理学研究科 化学専攻
  • 2001 - 2005 大阪大学 理学部 化学科
学位 (1件):
  • 博士(理学) (大阪大学)
経歴 (5件):
  • 2019/03 - 現在 熊本大学 大学院先端科学研究部 基礎科学部門 化学分野 准教授
  • 2020/04 - 2023/03 自然科学研究機構分子科学研究所 生命・錯体分子科学研究領域 客員准教授
  • 2012/01 - 2019/02 東京大学 物性研究所 助教
  • 2011/04 - 2011/12 大阪大学 大学院理学研究科 化学専攻 特任研究員
  • 2010/04 - 2011/03 独立行政法人日本学術振興会 特別研究員-PD(大阪大学)
受賞 (5件):
  • 2018/09 - 分子科学会 分子科学会奨励賞
  • 2017/03 - 日本化学会 進歩賞
  • 2017/03 - 東京大学物性研究所 ISSP学術奨励賞
  • 2010/08 - エルゼビア Reaxys PhD Prize 2010 "Runners-up (45 finalists)"
  • 2008/04 - 日本化学会 日本化学会 第88春季年会 学生講演賞
所属学会 (3件):
日本物理学会 ,  分子科学会 ,  日本化学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る