研究者
J-GLOBAL ID:201301091728826980   更新日: 2019年09月30日

箱山 洋

ハコヤマ ヒロシ | Hiroshi Hakoyama
所属機関・部署:
職名: 教授
その他の所属(所属・部署名・職名) (1件):
  • 水産研究・教育機構  主任研究員
ホームページURL (2件): https://hako.space/ja/https://hako.space
研究分野 (2件): 水産学一般 ,  生態・環境
研究キーワード (18件): 統計学 ,  進化学 ,  生態学 ,  資源管理 ,  リスク ,  生息地選択 ,  Carassius auratus ,  個体群 ,  メタ個体群 ,  モデル選択 ,  確率モデル ,  保全 ,  有性生殖 ,  無性生殖 ,  生息地デザイン ,  gynogenesis ,  絶滅リスク ,  共存
競争的資金等の研究課題 (13件):
  • 2019 - 2020 水産資源調査・評価推進委託事業・ウナギユニット
  • 2019 - 2020 国際水産資源変動メカニズム等解析事業・ウナギユニット
  • 2013 - 生物多様性に配慮した漁業推進事業
  • 2013 - ウナギの河川生息域の環境収容力と減少原因:漁獲データからの分析
  • 2008 - 2012 フナ類の有性・無性型の共存機構の解明.
全件表示
論文 (31件):
  • Chow S, Imai T, Ikeda M, Maki S, Oonuki T, Muto F, Nohara K, Furusawa C, Shichiri H, Nigorikawa N, Uragaki N, Kawamura A, Ichikawa T, Ushioda K, Higuchi M, Tega T, Kodama K, Itoh M, Ichimura M, Matsuzaki K, Hirasawa K, Tokura K, Nakahata K, Kodama S, Hakoyama H, Yada T, Niwa K, Nagai S, Yanagimoto T, Saito K, Nakaya M, Maruyama T. A DNA marker to discriminate two types of freshwater shrimp Palaemon paucidens and the distribution of these two types in Japan. Nippon Suisan Gakkaishi (Japanese Edition). 2018. 84. 4. 674-681
  • Sakie Kodama, Hiroka Fujimori, Hiroshi Hakoyama. Allometric analysis of a morphological anti-predator trait in geographic populations of Japanese crucian carp. Scientific Reports. 2017. 7. 41943. 41943
  • Hiroshi Hakoyama, Hiroka Fujimori, Chiaki Okamoto, Sakie Kodama. Compilation of Japanese fisheries statistics for the Japanese eel, Anguilla japonica, since 1894: a historical dataset for stock assessment. Ecol Res. 2016. 31. 2. 153
  • Kodama S, Fujimori H, Hakoyama H. Erratum: Allometric analysis of a morphological anti-predator trait in geographic populations of Japanese crucian carp. Scientific reports. 2017. 7. 43973
  • Osamu Katano, Hiroshi Hakoyama, Shin-ichiro S. Matsuzaki. Japanese inland fisheries and aquaculture. status and trends. 2015. 231-240
もっと見る
MISC (92件):
  • 濱津友紀 and 箱山 洋. キチジの希少性評価チェックシート. 水産庁平成26年度生物多様性に配慮した漁業推進事業報告書, 独立行政法人水産総合研究センター. 2015
  • 髙橋素光 and 箱山 洋. サワラの希少性評価チェックシート. 水産庁平成26年度生物多様性に配慮した漁業推進事業報告書, 独立行政法人水産総合研究センター. 2015
  • 養松郁子 and 箱山 洋. ホッコクアカエビの希少性評価チェックシート. 水産庁平成26年度生物多様性に配慮した漁業推進事業報告書, 独立行政法人水産総合研究センター. 2015
  • 福若雅章 and 箱山 洋. キダイの希少性評価チェックシート. 水産庁平成26年度生物多様性に配慮した漁業推進事業報告書, 独立行政法人水産総合研究センター. 2015
  • 箱山 洋. 希少海洋生物の実態調査 対象魚種: ウナギ. 水産庁平成26年度生物多様性に配慮した漁業推進事業報告書, 独立行政法人水産総合研究センター. 2015
もっと見る
書籍 (9件):
  • 生態系とシミュレーション
    朝倉書店 2002
  • 環境リスクマネジメントハンドブック
    朝倉書店 2003
  • 生態学事典
    共立出版 2003
  • 魚類の社会行動2
    海游舎 2003
  • 現代数理科学事典
    丸善 2009
もっと見る
講演・口頭発表等 (105件):
  • Diving behavior of a northern elephant seal recorded by a velocity meter and a TDR
    (Symposium on Polar Biology, 14: 63, 1991-12-05, National Institute of Polar Research 1991)
  • キタゾウアザラシの遊泳速度と潜水機能
    (日本水産学会春期大会, 1992-04-03, 日本大学農獣医学部 1992)
  • キタゾウアザラシの環境水温と潜水行動
    (日本動物行動学会大会, 12: 1993-12-04, 静岡大学 1993)
  • 餌をめぐる競争
    (日本動物行動学会大会, 13: 29, 1994-12-03, 大阪教育大学 1994)
  • アマゴの餌をめぐる競争:餌の時間的集中の影響
    (魚類生態研究会, 6: 1, 1995-02-11, 九州大学 1995)
もっと見る
学歴 (3件):
  • 1988 - 1991 京都大学 農学部 水産学科
  • 1991 - 1993 京都大学大学院 農学研究科 水産学専攻
  • 1994 - 1997 九州大学大学院 理学研究科 生物学専攻
学位 (1件):
  • 理学博士 (九州大学)
経歴 (9件):
  • 1996/08 - 1998/09 科学技術振興事業団 研究員
  • 1998/10 - 2003/04 北海道区水産研究所 研究員
  • 2005/02 - 2005/03 Center for Stock Assessment Research, University of California, Santa Cruz Research Associate
  • 2012/04 - 2013/02 放送大学 非常勤講師
  • 2003 - 2014 独立行政法人水産総合研究センター 主任研究員
全件表示
委員歴 (12件):
  • 2019/09 - 現在 水産庁 Focal Point of scientific meetings on eel
  • 2014/01 - 現在 日本生態学会誌 編集委員
  • 2013/01 - 現在 Population Ecology Editor
  • 2016/08 - 2017/07 日本学術振興会 特別研究員等審査会専門委員及び国際事業委員会書面審査員
  • 2017/05 - 2017/05 日本学術振興会 卓越研究員候補者先行委員会書面審査員
全件表示
所属学会 (6件):
日本進化学会 ,  日本動物行動学会 ,  日本水産学会 ,  日本魚類学会 ,  個体群生態学会 ,  日本生態学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る