{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}2021年04月
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
文献
J-GLOBAL ID:202002237114693214   整理番号:20A1082838

野生および養殖ウナギ(Anguilla japonica)におけるグレリンおよび食物獲得【JST・京大機械翻訳】

Ghrelin and food acquisition in wild and cultured Japanese eel (Anguilla japonica)
著者 (12件):
資料名:
巻: 245  ページ: Null  発行年: 2020年
JST資料番号: C0461B  ISSN: 1095-6433  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: アメリカ合衆国 (USA)  言語: 英語 (EN)
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
日本ウナギ(Anguilla japonica)における成長,内分泌状態及び生息場所特性の間の関係を明らかにするために,グレリンの血漿及び胃mRNAレベルを河川及び湾で捕獲された野生ウナギ及び実験的絶食中及び後の培養ウナギにおいて調べた。河川内の淡水生息場所で捕獲された野生の稚魚ウナギは,湾内のbrackish-water生息場所から得られた魚よりも有意に高い血漿とグレリンの胃mRNAレベルを示した。実験的に4週間絶食した培養ウナギにおいて,グレリンの血漿および胃mRNAレベルは増加した。再給餌後,両パラメータは連続給餌対照魚で観察されたレベルに戻った。色素沈着において,2か月の飼料制限は全身グレリンmRNAの有意な増加をもたらした。グレリンと摂食の間の相互作用は,淡水および汽水環境における異なる食物獲得を通して,それらの生息場所に関連していることが示唆される。Copyright 2020 Elsevier B.V., Amsterdam. All rights reserved. Translated from English into Japanese by JST.【JST・京大機械翻訳】
シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

準シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
, 【Automatic Indexing@JST】
分類 (5件):
分類
JSTが定めた文献の分類名称とコードです
動物生理一般  ,  細胞膜の輸送  ,  吸収系一般  ,  動物に対する影響  ,  遺伝子発現 

前のページに戻る