研究者
J-GLOBAL ID:201301096418000013   更新日: 2021年04月14日

小川 雪乃

オガワ ユキノ | Ogawa Yukino
所属機関・部署:
職名: 主任研究員
研究分野 (3件): 家政学、生活科学 ,  神経科学一般 ,  生命、健康、医療情報学
研究キーワード (8件): 行動生理学 ,  生体信号 ,  食経験 ,  摂食 ,  睡眠 ,  神経生理学 ,  概日リズム ,  システム生物学
競争的資金等の研究課題 (3件):
  • 2019 - 2022 腸内細菌叢から読み解く食習慣と睡眠覚醒パターンの相互作用機序
  • 2010 - 2015 動いて脳を作る細胞群の動態制御機構
  • 2008 - 2010 実験生物学および情報生物学による哺乳類体内時計機構の解析
論文 (10件):
もっと見る
MISC (3件):
  • 小川 雪乃, 日下部 裕子. 味刺激・咀嚼による唾液分泌の仕組み. アグリバイオ 臨時増刊号(北隆館). 2020. 4. 14. 13-17
  • 小川 雪乃, 程 肇. 経時的な遺伝子発現を量る 時計遺伝子の概日発現リズムを例に. 実験医学別冊 最強のステップUPシリーズ 原理からよくわかるリアルタイムPCR完全実験ガイド(羊土社). 2013. 75-82
  • 小川 雪乃, 程 肇. 時計遺伝子の概日発現リズムの定量. 実験医学別冊 原理からよくわかるリアルタイムPCR実験ガイド 基本からより効率的な解析まで必要な機器・試薬と実験プロトコール(羊土社). 2008. 76-84
講演・口頭発表等 (3件):
  • 慢性的抗生物質投与によるマウス腸内細菌叢除去が睡眠覚醒構造と睡眠脳波に与える影響
    (第126回日本解剖学会総会・全国学術集会 / 第98回日本生理学会大会 合同大会 2021)
  • 胎生期〜新生仔期における睡眠覚醒構造発達の解明に向けて 〜視床下部オレキシン神経の機能発達解析〜
    (平成26年度 奈良先端未来開拓コロキウム「生体機能を司る細胞間ネットワーク制御機構の最前線」 2014)
  • 哺乳類概日振動ネットワークにおける遺伝子発現位相差の生成機構
    (第31回日本分子生物学会年会・第81回日本生化学会大会 合同大会(BMB2008) 2008)
学歴 (2件):
  • 2006 - 2011 慶應義塾大学大学院
  • 2002 - 2006 慶應義塾大学
学位 (1件):
  • 博士(政策・メディア) (慶應義塾大学)
経歴 (5件):
  • 2021 - 現在 国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構 食品研究部門 主任研究員
  • 2018 - 2021 国立研究開発法人 農業・食品産業技術総合研究機構 食品研究部門 研究員
  • 2012 - 2018 筑波大学 国際統合睡眠医科学研究機構 研究員
  • 2011 - 2012 慶應義塾大学 医学部解剖学教室 特任助教
  • 2008 - 2011 日本学術振興会 特別研究員(DC1)
受賞 (1件):
  • 2017/08 - International Union of Physiological Sciences IUPS Travel Award
所属学会 (2件):
日本味と匂学会 ,  日本生理学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る