研究者
J-GLOBAL ID:201301098262801811   更新日: 2021年09月03日

水島 淳恵

ミズシマ アツエ | Atsue Mizushima
所属機関・部署:
職名: 教授
研究分野 (1件): 経済政策
研究キーワード (3件): 家族の経済学 ,  公共経済学 ,  マクロ経済学
競争的資金等の研究課題 (4件):
  • 2017 - 2020 家族の経済学と経済財政政策の理論研究
  • 2017 - 2019 社会的選好を考慮した社会保障政策の再構築のための理論的研究(国際共同研究強化)
  • 2014 - 2017 社会的選好を考慮した社会保障政策の再構築のための理論的研究
  • 2011 - 2013 人口構造変化が異世代間移転と経済成長に与える影響の理論的分析
論文 (9件):
  • Atsue Mizushima. Child Labor, Social Capital, and Economic Development. Review of Development Economics. 2021. 25. 3. 1648-1667
  • Jun-ichi Itaya, Atsue Mizushima, Kengo Kurosaka. Endogenous Timing and Income Inequality in the Voluntary Provision of Public Goods. CESifo Working Paper No. 7441. 2019
  • Atsue Mizushima. Does an aging society increase the size of the welfare state?. MPRA Paper No.88032. 2018
  • Jun-ichi Itaya, Atsue Mizushima, Gareth Myles. Should income inequality be praised? Multiple public goods provision, income distribution and social welfare. CESifo Working Paper No. 6215. 2017
  • Atsue Mizushima, Koichi Futagami. Non-cooperative versus cooperative family. JOURNAL OF ECONOMICS. 2015. 114. 1. 43-62
もっと見る
講演・口頭発表等 (10件):
  • Economic Implications of Advances in Genetics
    (JPET-JME-NYUAD Workshop 2020)
  • Does an aging society increase the size of the welfare state?
    (The Association for Public Economic Theory 2019 2019)
  • Endogenous Timing and Income Inequality in the Voluntary Provision of Public Goods
    (International Institution of Public Finance 2018 2018)
  • Should income inequality be praised? Multiple public goods provision, income distribution and social welfare
    (日本経済学会・秋季大会(上智大学) 2017)
  • Endogenous Timing and Income Inequality in the Voluntary Provision of Public Goods
    (The Association for Public Economic Theory 2017 2017)
もっと見る
学歴 (1件):
  • - 2007 大阪大学経済学研究科修了
学位 (1件):
  • 博士(経済学) (大阪大学)
経歴 (6件):
  • 2015 - 現在 小樽商科大学 商学部 経済学科 教授
  • 2020/04 - 2021/03 小樽商科大学 商学部 経済学科 学科長
  • 2018 - 2019 The University of Adelaide School of Economics 客員研究員
  • 2009 - 2015 小樽商科大学 商学部経済学科 准教授
  • 2008 - 京都大学経済研究所 研究員
全件表示
委員歴 (4件):
  • 2020/05 - 現在 北海道政策評価基本評価専門委員会・副委員長
  • 2020/05 - 現在 北海道政策評価委員会・委員
  • 2016/07 - 2018/06 日本学術振興会特別研究員等審査会専門委員
  • 2010/05 - 2017/05 北海道政策評価委員会・委員
所属学会 (3件):
The Association for Public Economic Theory ,  日本経済学会 ,  International Institute of Public Finance
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る