{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201302265086932669   整理番号:13A0695803

不確実な需要環境における販売・生産部門連携生産計画システム-需要は自己相関がある場合-

著者 (2件):
資料名:
号:ページ: 65-75  発行年: 2013年02月08日
JST資料番号: L8459A  ISSN: 1882-7985  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: 日本 (JPN)  言語: 日本語 (JA)
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
不確実な需要環境に対して,自動車部品製造におけるサプライチェーンを対象に企業間の内示情報を生産計画に活用する研究が進められてきた。本論文は,対象を一般消費財に拡大し,企業内における販売部門から生産部門に提示される「内示情報」を生産計画に活用する方法を述べる。需要量は不確実であるが,販売部門からは事前の内示情報があり,かつ需要量は一定の内示量をベースに自己相関があるという前提で生産部門の生産計画の立案方法を提案する。まず,内示情報を活用する販売部門・生産部門連携の生産計画モデルを定式化する。確率制約と線形の生産制約のもとで,製造・在庫コストの合計の期待値を最小とする期別生産予定量を求める確率計画問題となる。従来は,確定注文(需要量)は内示量からのばらつきとして表現され,在庫の分散共分散行列は「期」によらず一定であった。本論文では,在庫の分散共分散行列が「期」に依存し,時間変化することを示す。モデルを定式化し,解法の課題を明らかにする。(著者抄録)
シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

準シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

分類 (1件):
分類
JSTが定めた文献の分類名称とコードです
生産に関する一般問題 

前のページに戻る