{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201302271414463540   整理番号:13A1928771

走査放電軸成形法における軸直径と消耗比

Relationship between electrode diameter and wear ratio in scanning electrical discharge machining
著者 (5件):
資料名:
巻: 47  号: 116  ページ: 163-168  発行年: 2013年11月30日
JST資料番号: F0520B  ISSN: 0387-754X  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: 日本 (JPN)  言語: 日本語 (JA)
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
著者らは,微細加工に用いる微細軸の成形法として,電極(軸)と被加工物(成形プレート)を配置し,軸を回転させながら成形プレート側へと走査する方法を提案した。この方法によればこれまでの軸成形法と比較して放電面積が広く高い加工速度が得られる。直径500μmの軸が約10分で100μm以下に細くなる。また,放電条件を小さく設定することで50μm以下の軸も容易に成形できる。本研究では,より簡便な制御法を用いた走査放電加工法によって所望の軸直径を得ることを目的としている。加工時間による制御を試みたが,軸直径の変化に伴って変化する放電頻度の影響によって十分な精度を得ることが困難であった。そこで,加工時の走査距離を制御の指標とした軸成形を実施した。この制御法による軸成形特性及び精度について検討し,その課題について考察した。
シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

準シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

分類 (1件):
分類
JSTが定めた文献の分類名称とコードです
特殊加工 
引用文献 (8件):
  • 1) 平尾篤利,谷貴幸,武沢英樹,毛利尚武:放電電極成形における微細化限界の一考察,2012 年 度精密工学会春季大会,(2012) pp.133-134.
  • 2) 増沢隆久,藤野正俊:高精度微細加工の研究(第1報)-ワイヤ放電研削法の開発-,電気加工学会誌,Vol.24,No.48 (1991) pp.14-28.
  • 3) T.Masuzawa, M.Fujino, K.Kobayashi : Wire Electro Discharge Grinding for Micro-Machining, Annals of the CIRP, Vol.34, No.1 (1985) pp.431-434.
  • 4) 南久,増井清徳,塚原秀和,萩野秀樹:亜鉛電極による高能率微細放電加工,生産加工・工作機械部門講演会論文集,(2004) pp.297-298.
  • 5) 山崎実,森紀年,鈴木岳美,國枝正典:軸穴同時マイクロ放電加工法の研究,精密工学会誌,Vol.69,No.7 (2003) pp.944-948.
もっと見る
タイトルに関連する用語 (5件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る