{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201302271487988390   整理番号:13A0868701

固体量子情報の長距離移送と量子電子光学実験への挑戦

Quantum Information Transfer over a Long Distance and Attempts for Quantum Electron Optics
著者 (3件):
資料名:
巻: 68  号:ページ: 288-295,283  発行年: 2013年05月05日
JST資料番号: F0221A  ISSN: 0029-0181  CODEN: NBGSA  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 文献レビュー  発行国: 日本 (JPN)  言語: 日本語 (JA)
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
アハロノフ・ボーム効果を始めとする量子干渉効果が確認されるようになって以来,伝播する電子の波としての性質を利用した量子デバイスの開発は,長年にわたって固体物理の代表的な話題として世界中で研究が進められてきた。しかし,固体電子系の量子干渉効果に多経路干渉や電子間相互作用などの寄与が複雑な形で現れることが明らかになるにつれ,伝播する電子が個々に保持する量子力学的な情報を伝送したり制御したりすることは困難な課題と認識されるようになった。本稿では,これらの課題を克服して伝播する電子の持つ量子情報を伝送・制御する新しい技術や,それを用いて単一電子単位で量子光学的な実験を行う「量子電子光学実験」について解説する。(著者抄録)
シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

準シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

分類 (2件):
分類
JSTが定めた文献の分類名称とコードです
電子輸送の一般理論  ,  量子光学一般 
引用文献 (25件):
もっと見る

前のページに戻る