{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201302274520471879   整理番号:13A1928656

低レイノルズ数領域における対称翼の揚力・抗力特性と風速低下時に発生する失速の動的制御

Lift and Drag Characteristics of an Airfoil and Dynamic Control for the Wind Speed Decrease in the Low Reynolds Number Range
著者 (5件):
資料名:
巻: 54  号:ページ: 179-184  発行年: 2013年10月31日
JST資料番号: F0617A  ISSN: 0036-8172  CODEN: DDRKA  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: 日本 (JPN)  言語: 日本語 (JA)
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
災害救助や環境調査に使用される小型飛翔体の翼周り流れはReynolds数が104~106のいわゆる低Reynolds数領域であり,この空力特性はまだ十分には解明されていない。本研究は翼に取り付けた電磁アクチュエータの効果を風洞実験により調べた。翼型はNACA0012対称翼型であり,翼弦長150mm,スパン620mm,翼厚18mmのもので,前縁から15mmに位置にポリイミドフィルムに銅回路をエッチング加工したアクチュエータをスパン方向に30個取り付けた。翼面に10mm直径の永久磁石を埋め込んだ。アクチュエータ銅回路にPCに接続されたファンクションジェネレータを接続し,アクチュエータ電流を変化させて動かした。Reynolds数を変化させて実験し,アクチュエータの動作と多分力測定器の出力から揚力,抗力を測った結果から失速遅延マップを作製した。またフィードバック制御の実験も行った。これらの実験からアクチュエータの低Reynold数領域での効果を明らかにした。
シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

準シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

分類 (1件):
分類
JSTが定めた文献の分類名称とコードです
航空機の空気力学 

前のページに戻る