{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201302279798366318   整理番号:13A1566997

放電加工を用いたピーリング工具のピーリング加工特性

著者 (5件):
資料名:
巻: 57  号: 10  ページ: 653-658  発行年: 2013年10月01日
JST資料番号: L0473A  ISSN: 0914-2703  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: 日本 (JPN)  言語: 日本語 (JA)
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
非接触加工のため加工反力が小さい放電加工は,微細加工に有効である。ただし,直径70μm程度までの電極であれば,専用のガイドホルダを用いて連続的に電極を使用することは可能であるが,数μm~数十μmの電極径を必要とする場合,電極自体の剛性の問題もあり,加工機上で太い電極から先端部を微細に成形して用いられることが多い。これは,電極を付け替える際に生じる取り付け誤差を排除する目的も含まれている。放電を用いた各種微細軸の成形方法は提案されているが,著者らはコア部となる細線を除去が容易な材料(クラッド部)で被覆したピーリング工具を提案してきた。本研究では,放電加工によりコア部を露出させるピーリング工程において,その加工特性を検討した。具体的には,相手成形板材質,成形板厚,コア部直径の違いによるピーリング加工特性を各種実験により明らかとし,最適なピーリング条件の指針を得たので報告する。(著者抄録)
シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

準シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

分類 (2件):
分類
JSTが定めた文献の分類名称とコードです
鋳造法,鋳込  ,  特殊加工 
引用文献 (7件):
もっと見る
タイトルに関連する用語 (4件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る