研究者
J-GLOBAL ID:201401011884595266   更新日: 2020年09月04日

小林 靖和

Kobayashi Yasukazu
所属機関・部署:
職名: 研究員
ホームページURL (1件): https://irc3.aist.go.jp/
研究分野 (1件): 触媒プロセス、資源化学プロセス
研究キーワード (2件): 反応工学 ,  触媒化学
競争的資金等の研究課題 (2件):
  • 2015 - 2016 吸着・光電析により水中に存在する微量重金属イオンをppbレベルまで除去する新規光触媒の開発
  • 2014 - 2015 光電析法による重金属イオンの高効率捕集用新規ランタノイド系酸化物の開発
論文 (44件):
  • 小林靖和, 宗宮穣, 多田昌平, 菊地隆司. 溶融LiCl-KClとCaH2還元剤を用いたNiZn金属間化合物ナノ粉末の低温合成. Journal of the Japan Petroleum Institute, in press. 2020
  • Yasukazu Kobayashi, Shohei Tada, Ryuji Kikuchi. Effects of Porosity and Ni/Al Molar Ratio in Ni-Al Oxide Precursors on Porous Intermetallic Nickel Aluminide Nanopowders Prepared by Chemical Route. Journal of Chemical Engineering of Japan, DOI:10.1252/jcej.20we085. 2020
  • Gwang-Nam Yun, I. Tyrone Ghampson, William J. Movick, Vibin Vargheese, Yasukazu Kobayashi, S. Ted Oyama. Applicability of the Delplot method for the determination of catalytic reaction sequences: Hydrodeoxygenation of γ-valerolactone on Ni2P/MCM-41. Chemical Engineering Science. 2020. 223. 115697-115697
  • VibinVargheese, Junichi Murakami, Kyoko K. Bando, I. Tyrone Ghampson, Gwang-Nam Yun, Yasukazu Kobayashi, S. Ted Oyama. The Direct Molecular Oxygen Partial Oxidation of CH4 to Dimethyl Ether without Methanol Formation over a Pt/Y2O3 Catalyst Using an NO/NO2 Oxygen Atom Shuttle. Journal of Catalysis. 2020. 389. 352-365
  • Yusuke Honda, Naoya Fujiwara, Shohei Tada, Yasukazu Kobayashi, S. Ted Oyama, Ryuji Kikuchi. Direct Electrochemical Synthesis of Oxygenates from Ethane using Phosphate-based Electrolysis Cells. Chemical Communications. 2020
もっと見る
特許 (2件):
  • 炭化水素を含酸素化合物に酸化する方法
  • 担持バイメタル合金の製造方法
講演・口頭発表等 (72件):
  • The Direct Molecular Oxygen Partial Oxidation of CH4 to Dimethyl Ether over a Pt/Y2O3 Catalyst Using an NO/NO2 Oxygen Atom Shuttle
    (17th International Congress On Catalysis 2020)
  • Ti-Fe複合酸化物前駆体の低温還元によるTiFeナノ粒子の化学的合成と水素吸蔵特性
    (第22回化学工学会学生発表会(東京大会) 2020)
  • Ti-Fe複合酸化物前駆体の低温還元による水素吸蔵合金TiFeナノ粒子の化学的合成
    (第39回水素エネルギー協会大会 2019)
  • 中温作動型電解セルを用いた CO2還元反応
    (第49回石油・石油化学討論会 2019)
  • 中温作動型電解セルを用いたエタンの部分 酸化反応
    (第49回石油・石油化学討論会 2019)
もっと見る
学歴 (3件):
  • 2010 - 2014 (中国)清華大学
  • 2005 - 2007 (日本)東北大学 応用化学専攻
  • 2001 - 2005 (日本)東北大学
学位 (2件):
  • 博士(工学) (清華大学)
  • 修士(工学) (東北大学)
経歴 (6件):
  • 2020/04 - 現在 国立研究開発法人 産業技術総合研究所 触媒化学融合研究センター 研究員
  • 2018/04 - 2020/03 東京大学 化学システム工学科/専攻 助教
  • 2016/04 - 2018/03 東京工業大学 元素戦略研究センター 特任助教
  • 2014/04 - 2016/03 東京工業高等専門学校 物質工学科 助教
  • 2010/09 - 2014/03 (中国)清華大学 化学工学専攻 中国政府奨学金受給生
全件表示
委員歴 (1件):
  • 2018/04 - 現在 化学工学会 未来人材育成委員
所属学会 (2件):
化学工学会 ,  触媒学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る