研究者
J-GLOBAL ID:201401012215443287   更新日: 2021年11月22日

立木 隆広

タチキ タカヒロ | Takahiro Tachiki
所属機関・部署:
職名: 准教授
ホームページURL (1件): http://kaken.nii.ac.jp/d/r/10734650.ja.html
研究分野 (1件): 衛生学、公衆衛生学分野:実験系を含まない
研究キーワード (9件): 疫学 ,  予防医学 ,  骨粗鬆症 ,  サルコペニア ,  骨密度 ,  骨格筋 ,  筋-骨連関 ,  運動機能 ,  身体活動量
競争的資金等の研究課題 (13件):
  • 2021 - 2025 ミトコンドリア機能低下指標GDF-15はサルコペニア及び動脈硬化進展を予知するか
  • 2021 - 2024 骨脆弱性と体組成の改善は動脈硬化抑制を通じて健康寿命を延伸するか-10年追跡研究
  • 2019 - 2023 木質住環境における室内環境の質的変化と居住者の心理生理応答に関する長期実証研究
  • 2018 - 2023 下肢筋量に着目した骨折リスク評価モデルの開発 日本人男性の大規模疫学研究
  • 2020 - 2022 牛乳・乳製品の日常的摂取はサルコペニアとフレイルの発生リスクを低減するか-大規模無作為標本コホート研究-
全件表示
論文 (18件):
  • Yuki Fujita, Masayuki Iki, Akiko Yura, Akihiro Harano, Katsuyasu Kouda, Junko Tamaki, Yuho Sato, Takahiro Tachiki, Etsuko Kajita, Rika Ishizuka, et al. Combined results of three physical performance tests predict incident fracture independently of aBMD in community-dwelling elderly Japanese men: Fujiwara-kyo Osteoporosis Risk in Men (FORMEN) Cohort Study. Bone. 2021. Online ahead of print. 116240-116240
  • Masayuki Iki, Akiko Yura, Yuki Fujita, Katsuyasu Kouda, Junko Tamaki, Takahiro Tachiki, Etsuko Kajita, Hirohisa Iwaki, Rika Ishizuka, Jong-Seong Moon, et al. Circulating osteocalcin levels were not significantly associated with the risk of incident type 2 diabetes mellitus in elderly Japanese men: The Fujiwara-kyo Osteoporosis Risk in Men (FORMEN) Cohort Study. Bone. 2021. 147. 115912-115912
  • M. Iki, R. Winzenrieth, J. Tamaki, Y. Sato, N. Dongmei, E. Kajita, K. Kouda, A. Yura, T. Tachiki, K. Kamiya, et al. Predictive ability of novel volumetric and geometric indices derived from dual-energy X-ray absorptiometric images of the proximal femur for hip fracture compared with conventional areal bone mineral density: the Japanese Population-based Osteoporosis (JPOS) Cohort Study. Osteoporosis International. 2021
  • Yuki Fujita, Junko Tamaki, Katsuyasu Kouda, Akiko Yura, Yuho Sato, Takahiro Tachiki, Masami Hamada, Etsuko Kajita, Kuniyasu Kamiya, Kazuki Kaji, et al. Determinants of bone health in elderly Japanese men: study design and key findings of the Fujiwara-kyo Osteoporosis Risk in Men (FORMEN) cohort study. Environmental health and preventive medicine. 2021. 26. 1. 51-51
  • Katsuyasu Kouda, Yuki Fujita, Kumiko Ohara, Takahiro Tachiki, Junko Tamaki, Akiko Yura, Jong-Seong Moon, Etsuko Kajita, Kazuhiro Uenishi, Masayuki Iki. Associations between trunk-to-peripheral fat ratio and cardiometabolic risk factors in elderly Japanese men: baseline data from the Fujiwara-kyo Osteoporosis Risk in Men (FORMEN) study. Environmental health and preventive medicine. 2021. 26. 1. 35-35
もっと見る
MISC (1件):
  • 立木 隆広, 伊木 雅之. 無自覚の椎体骨折は死亡リスクを増大させるか 長期大規模前向きコホート研究. 日本骨粗鬆症学会雑誌. 2017. 3. 3. 308-309
特許 (1件):
講演・口頭発表等 (50件):
  • 二重X 線吸収法画像からの大腿骨近位部3次元モデリングに基づく新規骨指標の大腿骨近位部骨折予測性能- JPOSコホート研究
    (第23回骨粗鬆症学会 2021)
  • 多面的身体能力評価は日本人高齢男性の骨粗鬆症性骨折発生を予測する-藤原京スタディ男性骨粗鬆症コホート研究-
    (第23回骨粗鬆症学会 2021)
  • 木質住宅におけるテルペン類濃度への影響要因
    (空気清浄とコンタミネーションコントロール研究大会予稿集 2021)
  • 血中アグリン分解産物と筋量および筋力との関連 Japanese Population-based Osteoporosis(JPOS)研究による縦断的検討
    (日本骨粗鬆症学会雑誌 2020)
  • 血清25水酸化ビタミンD値と牛乳摂取習慣の骨折発生への複合影響 Japanese Population-based Osteoporosis(JPOS)研究の15年追跡
    (日本骨粗鬆症学会雑誌 2020)
もっと見る
学歴 (4件):
  • 2015 - 2019 近畿大学大学院 疫学・健康科学専攻
  • 2012 - 2014 北里大学大学院
  • 2008 - 2012 北里大学
  • 1997 - 2001 東京理科大学
学位 (2件):
  • 博士(医学) (近畿大学大学院)
  • 修士(医科学) (北里大学大学院)
経歴 (2件):
  • 2019/04 - 現在 中京学院大学看護学部 准教授
  • 2014/04 - 2019/03 近畿大学医学部 公衆衛生学 助教
受賞 (3件):
  • 2018 - 近畿大学医学会賞
  • 2017 - 平成28年度牛乳乳製品健康科学会議学術研究 優秀賞
  • 2016 - 第15回骨粗鬆症学会 研究奨励賞
所属学会 (9件):
日本骨代謝学会 ,  日本運動疫学会 ,  日本公衆衛生学会 ,  日本衛生学会 ,  日本疫学会 ,  American Society for Bone and Mineral Research ,  日本体力医学会 ,  日本骨粗鬆症学会 ,  日本理学療法士協会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る