研究者
J-GLOBAL ID:201401012215443287   更新日: 2020年08月31日

立木 隆広

タチキ タカヒロ | Takahiro Tachiki
所属機関・部署:
職名: 准教授
研究分野 (1件): 衛生学、公衆衛生学分野:実験系を含まない
研究キーワード (8件): 身体活動量 ,  運動機能 ,  骨密度 ,  骨格筋 ,  骨粗鬆症 ,  サルコペニア ,  筋-骨連関 ,  予防医学
競争的資金等の研究課題 (11件):
  • 2019 - 2023 木質住環境における室内環境の質的変化と居住者の心理生理応答に関する長期実証研究
  • 2018 - 2023 下肢筋量に着目した骨折リスク評価モデルの開発 日本人男性の大規模疫学研究
  • 2020 - 2021 牛乳・乳製品の日常的摂取はサルコペニアとフレイルの発生リスクを低減するか-大規模無作為標本コホート研究-
  • 2018 - 2020 大腿骨近位部3次元構造強度に基づく骨折リスクを基盤にした骨粗鬆症検診と診療の刷新
  • 2015 - 2020 骨-疾患連関を基盤に骨折予防を健康寿命延伸に繋げる大規模コホートの長期追跡
全件表示
論文 (8件):
  • Hamada M, Kajita E, Tamaki J, Kouda K, Sato Y, Tachiki T, Yura A, Kamiya K, Nitta A, Kagamimori S, Iki M. Decreased bone mineral density and osteoporotic fractures are associated with the development of echogenic plaques in the carotid arteries over a 10-year follow-up period: The Japanese Population-based Osteoporosis (JPOS) Cohort Study. Maturitas. 2020. 131. 40-47
  • Kamiya K, Kajita E, Tachiki T, Ikehara S, Kouda K, Sato Y, Tamaki J, Kagamimori S, Iki M. Association between hand-grip strength and site-specific risks of major osteoporotic fracture: Results from the Japanese Population-based Osteoporosis Cohort Study. Maturitas. 2019. 130. 13-20
  • Iki M, Fujita Y, Kouda K, Yura A, Tachiki T, Tamaki J, Sato Y, Moon JS, Hamada M, Kajita E, Okamoto N, Kurumatani N. Increased risk of osteoporotic fracture in community-dwelling elderly men 20 or more years after gastrectomy: The Fujiwara-kyo Osteoporosis Risk in Men (FORMEN) Cohort Study. Bone. 2019. 127. 250-259
  • Tachiki T, Kouda K, Dongmei N, Tamaki J, Iki M, Kitagawa J, Takahira N, Sato Y, Kajita E, Fujita Y, Yura A, Kagamimori S. Response to "Is grip strength an actual/significant predictor of areal bone mineral density by itself? Potential confounders and/or effect modifiers". J Bone Miner Metab. 2019. DOI: 10.1007/s00774-019-01036-
  • Kouda K, Iki M, Fujita Y, Nakamura H, Ohara K, Tachiki T, Nishiyama T. Trends in serum lipid levels of a 10- and 13-year-old population in Fukuroi City, Japan (2007 - 2017). J Epidemiol. 2019
もっと見る
特許 (1件):
講演・口頭発表等 (45件):
  • Effects of height loss on skeletal muscle mass index and physical function in Japanese elderly women: The Japanese Population-based Osteoporosis (JPOS) study.
    (International Conference on Frailty & Sarcopenia Research 2020 2020)
  • 貧血と脆弱性骨折との関連 藤原京スタディ男性骨粗鬆症コホート研究による縦断的検討
    (日本公衆衛生学会総会抄録集 2019)
  • シスタチンCに基づくeGFR低値は骨粗鬆症性骨折リスク上昇と関連したが、クレアチニンに基づくeGFRは関連しなかった 藤原京スタディ男性骨粗鬆症コホート研究
    (日本骨粗鬆症学会雑誌 2019)
  • 骨形成抑制因子スクレロスチン値と上腕-足首脈波伝播速度値増加リスクの関連-the JPOS Cohort Studyによる縦断的検討
    (日本骨粗鬆症学会雑誌 (一社)日本骨粗鬆症学会 2019)
  • Lower cystatin-c- based eGFR, but not creatinine-based eGFR, was associated with higher risk of osteoporotic fracture in community-dwelling elderly Japanese men: the Fujiwara-kyo Osteoporosis Risk in Men (FORMEN) Cohort Study.
    (The American Society for Bone and Mineral Research 2019 Annual Meeting 2019)
もっと見る
学歴 (4件):
  • 2015 - 2019 近畿大学大学院
  • 2012 - 2014 北里大学大学院
  • 2008 - 2012 北里大学
  • 1997 - 2001 東京理科大学
学位 (1件):
  • 博士(医学) (近畿大学大学院)
経歴 (2件):
  • 2019/04 - 現在 中京学院大学看護学部 准教授
  • 2014/04 - 2019/03 近畿大学医学部 公衆衛生学 助教
受賞 (3件):
  • 2018 - 近畿大学医学会賞
  • 2017 - 平成28年度牛乳乳製品健康科学会議学術研究 優秀賞
  • 2016 - 第15回骨粗鬆症学会 研究奨励賞
所属学会 (9件):
日本骨代謝学会 ,  日本運動疫学会 ,  日本公衆衛生学会 ,  日本衛生学会 ,  日本疫学会 ,  American Society for Bone and Mineral Research ,  日本体力医学会 ,  日本骨粗鬆症学会 ,  日本理学療法士学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る