研究者
J-GLOBAL ID:201401014504954772   更新日: 2020年09月01日

小林 玄器

コバヤシ ゲンキ | Kobayashi Genki
所属機関・部署:
職名: 准教授
その他の所属(所属・部署名・職名) (1件):
ホームページURL (2件): https://www.ims.ac.jp/organization/kobayashi_g/index.htmlhttps://www.ims.ac.jp/organization/kobayashi_g/index-e.html
研究分野 (1件): 無機物質、無機材料化学
研究キーワード (7件): 酸水素化物 ,  全固体電池 ,  イオン導電体 ,  セラミックス ,  無機工業材料 ,  エネルギーデバイス ,  無機固体化学
競争的資金等の研究課題 (16件):
  • 2020 - 2023 ヒドリド導電体の物質科学 -低温作動化に向けた物質設計指針の構築-
  • 2018 - 2023 高速・局所移動水素と電子とのカップリングによる新発想デバイスの設計
  • 2018 - 2021 ヒドリド伝導性水素膜とそれに基づくメンブレンリアクターの基盤技術創成
  • 2017 - 2021 超イオン導電体の創出
  • 2017 - 2019 ヒドリドイオン導電性酸水素化物の薄膜合成
全件表示
論文 (39件):
  • Junichi Yanagisawa, Tomoaki Hiraoka, Fumiya Kobayashi, Daisuke Saito, Masaki Yoshida, Masako Kato, Fumitaka Takeiri, Genki Kobayashi, Masaaki Ohba, Leonard F. Lindoy, et al. Luminescent ionic liquid formed from a melted rhenium(v) cluster. Chemical Communications. 2020. 56. 57. 7957-7960
  • Yasuaki Matsuda, Kousei Funakoshi, Ryosuke Sebe, Genki Kobayashi, Masao Yonemura, Nobuyuki Imanishi, Daisuke Mori, Shinya Higashimoto. Arrangement of water molecules and high proton conductivity of tunnel structure phosphates, KMg1-xH2x(PO3)3·yH2O. RSC Advances. 2020
  • Hiroki Ubukata, Thibault Broux, Fumitaka Takeiri, Kazuki Shitara, Hiroki Yamashita, Akihide Kuwabara, Genki Kobayashi, Hiroshi Kageyama. Hydride Conductivity in an Anion-Ordered Fluorite Structure LnHO with an Enlarged Bottleneck. Chemistry of Materials. 2019
  • Thibault Broux, Hiroki Ubukata, Chris J. Pickard, Fumikata Takeiri, Genki Kobayashi, Shogo Kawaguchi, Masao Yonemura, Yoshihiro Goto, Cédric Tassel, Hiroshi Kageyama. High-Pressure Polymorphs of LaHO with Anion Coordination Reversal. Journal of the American Chemical Society. 2019
  • Naoki Matsui, Genki Kobayashi, Kota Suzuki, Akihiro Watanabe, Akiko Kubota, Yuki Iwasaki, Masao Yonemura, Masaaki Hirayama, Ryoji Kanno. Ambient pressure synthesis of La 2 Li HO 3 as a solid electrolyte for a hydrogen electrochemical cell. Journal of the American Ceramic Society. 2019. 102. 6. 3228-3235
もっと見る
MISC (21件):
  • 小林 玄器. H-導電体の物質開発 : 新たな水素利用技術の創出に向けて (特集 水素を活かす最新の科学と技術). 化学と工業 = Chemistry & chemical industry. 2019. 72. 8. 668-670
  • 小林 玄器. 6.ヒドリド導電体〜物質開発の現状と電池への応用可能性〜. 電気化学. 2019. 87. 0. 227-232
  • 竹入史隆, 渡邉明尋, NAWAZ Haq, NAWAZ Haq, AYU Nur Ika Puji, 米村雅雄, 桑原彰秀, 菅野了次, 小林玄器, 小林玄器. 新規層状酸水素化物Ba2ScHO3の合成とヒドリド導電特性. 固体イオニクス討論会講演要旨集. 2018. 44th. 66-67
  • 竹入史隆, 渡邊明尋, 渡邊明尋, NAWAZ Haq, NAWAZ Haq, 米村雅雄, 菅野了次, 小林玄器, 小林玄器. アニオン配列に着目した新奇ヒドリド導電体の探索. 日本セラミックス協会秋季シンポジウム講演予稿集(CD-ROM). 2018. 31st. ROMBUNNO.2G20
  • 小林 玄器. ヒドリドイオン導電性酸水素化物の開発. ペトロテック = Petrotech : 石油学会情報誌. 2018. 41. 2. 132-137,図巻頭1p
もっと見る
学歴 (2件):
  • 2006 - 2010 東京工業大学 物質電子化学専攻
  • 2002 - 2006 金沢大学 物質化学工学科
学位 (1件):
  • 博士(理学) (東京工業大学)
経歴 (5件):
  • 2018/04 - 現在 分子科学研究所 物質分子科学研究領域 准教授
  • 2013/09 - 2018/03 分子科学研究所 協奏分子システム研究センター 特任准教授
  • 2012/10 - 2016/03 科学技術振興機構 さきがけ「新物質科学と元素戦略」 さきがけ研究者(兼務)
  • 2011/04 - 2013/08 神奈川大学 工学部 助教
  • 2010/10 - 2011/03 東京工業大学 総合理工学研究科 博士研究員
受賞 (6件):
  • 2019/03 - 電気化学会 固体化学の新しい指針を探る会 田川記念固体化学奨励賞 ヒドリドイオン導電性材料の物質開拓
  • 2018/11 - 第7回石田賞 ヒドリドイオン導電性酸水素化物の研究
  • 2018/05 - 公益財団法人本多記念会 第39回本多記念研究奨励賞 次世代エネルギーデバイスの創成に向けたイオン導電性材料の研究
  • 2014 - 一般財団法人大阪科学技術センター 第三回ネイチャーインダストリーアワード 特別賞
  • 2011 - 手島精一記念研究賞
全件表示
所属学会 (10件):
アメリカ化学会 ,  Materials Research Society ,  日本高圧力学会 ,  電池技術委員会 ,  国際電気化学会 ,  粉体粉末冶金協会 ,  日本化学会 ,  固体イオニクス学会 ,  日本セラミックス協会 ,  電気化学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る