研究者
J-GLOBAL ID:201401026945595580   更新日: 2020年06月07日

金田 晃一

KANEDA Koichi
所属機関・部署:
職名: 准教授
ホームページURL (2件): https://sites.google.com/p.chibakoudai.jp/kklab/https://sites.google.com/p.chibakoudai.jp/kklab/home_en?authuser=0
研究分野 (3件): 栄養学、健康科学 ,  スポーツ科学 ,  リハビリテーション科学
研究キーワード (1件): キネシオロジー,スポーツ工学,人間工学,水泳・水中運動
競争的資金等の研究課題 (5件):
  • 2015 - 2018 水中環境での日常生活動作の動作・筋活動調査およびフィードバックツール開発の試み
  • 2016 - 2017 ハイパフォーマンスサポート事業(パラリンピック)「B 研究開発プロジェクト」
  • 2015 - 2016 マルチサポート戦略事業(パラリンピック競技「B 研究開発プロジェクト」)
  • 2010 - 2013 加速度計を用いた水中運動時の運動判別方法および筋活動量推定方法の開発に関する研究
  • 2009 - 2010 水中環境における身体の位置感覚に関する基礎的研究
論文 (37件):
  • Kaneda K. The features of muscle activity during chair standing and sitting motion in submerged condition. PLoS One. 2019. 14. 8. e0220602
  • Chiaki Tanaka, Yuki Hikihara, Takafumi Ando, Yoshitake Oshima, Chiyoko Usui, Yuji Ohgi, Koichi Kaneda, Shigeho Tanaka. Prediction of Physical Activity Intensity with Accelerometry in Young Children. International Journal of Environmental Research and Public Health. 2019. 16. 6. 931
  • Koichi KANEDA. TRUNK, LOWER LIMB MOTION AND MUSCLE ACTIVITY RESPONSES DURING HIGH VERTICAL STEPPING IN SUBMERGED AND NON-SUBMERGED CONDITIONS. CONFERENCE PROCEEDINGS of the 36th Conference of the International Society of Biomechanics in Sports. 2018
  • Koichi KANEDA. Initiation of walking in submerged and non-submerged conditions: An electromyographic study. XIII th INTERNATIONAL SYMPOSIUM on BIOMECHANICS and MEDICINE in SWIMMING PROCEEDINGS. 2018. 444-448
  • 金田晃一, 引原有輝. 学外活動を伴う集中型の大学体育授業が受講学生の社会人基礎力におよぼす影響:ゴルフ種目を対象に. 大学体育学. 2018. 15. 22-30
もっと見る
書籍 (3件):
  • 運動器 (人間科学の百科事典)
    丸善出版 2015 ISBN:9784621088302
  • Underwater Electromyogram for Human Health Exercise
    InTech 2013 ISBN:9789535111184
  • 第4章「水中運動」、4.2 転倒予防のための水中運動、4.3 寝たきり予防のための水中運動 (水泳パフォーマンスの最新理論)
    筑波大学出版会 2009
講演・口頭発表等 (42件):
  • The effect of cold induced vasodilation on skin temperature rewarming, manual dexterity and neuromuscular function
    (7th International Conference on the Physiology and Pharmacology of Temperature Regulation (PPTR 2018) 2018)
  • Initiation of walking in submerged and non-submerged conditions: An electromyographic study
    (XIIIth INTERNATIONAL SYMPOSIUM on BIOMECHANICS and MEDICINE in SWIMMING 2018)
  • TRUNK, LOWER LIMB MOTION AND MUSCLE ACTIVITY RESPONSES DURING HIGH VERTICAL STEPPING IN SUBMERGED AND NON-SUBMERGED CONDITIONS
    (the 36th International Conference on Biomechanics in Sports 2018 2018)
  • 寒冷環境における巧緻作業能力の低下とその要因に関する研究
    (日本生理人類学会第77 回大会 2018)
  • Classifying Land-Based and Water- Based Daily Living Activities Using Inertial Sensors
    (the 12th Biennial conference on the Engineering of Sport (ISEA2018) 2018)
もっと見る
Works (1件):
  • 我が大学のゴルフ授業(社会人基礎力の養成 (人間力の養成) を第一目的としたゴルフ授業)
    金田晃一 2018 -
学歴 (1件):
  • 2005 - 2008 筑波大学大学院 人間総合科学研究科 体育科学専攻
学位 (1件):
  • 博士 (体育科学) (筑波大学大学院)
委員歴 (3件):
  • 2014 - 現在 日本海洋人間学会 選挙管理委員
  • 2014 - 2016 日本海洋人間学会 編集委員
  • 2013 - 日本水泳・水中運動学会 編集委員
受賞 (7件):
  • 2019/03 - 全国大学体育連合 平成30年度大学体育研修精励賞
  • 2018/09 - ISBS2018 Best Digital Poster Award Silver Medal TRUNK, LOWER LIMB MOTION AND MUSCLE ACTIVITY RESPONSES DURING HIGH VERTICAL STEPPING IN SUBMERGED AND NON-SUBMERGED CONDITIONS
  • 2018/06 - 日本生理人類学会第77回大会 第77回大会優秀発表 寒冷環境における巧緻作業能力の低下とその要因に関する研究
  • 2017/10 - 日本水泳・水中運動学会 2017年度日本水泳・水中運動学会年次大会,ヤマハ最優秀論文発表賞 段階的な水位減少による立ち上がり動作訓練の可能性~動作および筋活動による検討~
  • 2012/12 - 人間生活環境系学会 人間生活環境系学会奨励賞 Evaluation of children's thermal sensation in an outdoor swimming pool during swimming class -Multiple effects of environment, morphological characteristics and swimwear condition-
全件表示
所属学会 (12件):
バイオメカニズム学会 ,  大学教育学会 ,  日本人間工学会 ,  International Society of Biomechanics in Sports ,  日本機械学会 (スポーツ工学・ヒューマンダイナミクス部門) ,  日本スポーツ産業学会 ,  日本海洋人間学会 ,  Sports Medicine Australia ,  日本水泳・水中運動学会 ,  日本生理人類学会 ,  日本体育学会 ,  日本体力医学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る