研究者
J-GLOBAL ID:201401030515123436   更新日: 2021年10月13日

戴 容秦思

ダイ ヨウシンシ | DAI Rongqinsi
所属機関・部署:
職名: 講師
研究分野 (2件): 商学 ,  食料農業経済
研究キーワード (5件): 農業市場 ,  畜産物流通 ,  酪農乳業 ,  アグリビジネス ,  フード・マーケティング
競争的資金等の研究課題 (9件):
  • 2020 - 2022 農業経営の構造変化による農業協同組合の管理制度への影響に関する中日比較研究
  • 2020 - 2021 中国酪農における非メガファーム経営の存立構造
  • 2017 - 2020 農村「特定貧困扶助」視点下における農産物流通構造に関する研究
  • 2019 - 2020 平成30年北海道胆振東部地震によるミクルサプライチェーンへの影響と災害等発生時の対応に関する研究
  • 2018 - 2019 酪農経営への企業参入に関する研究
全件表示
論文 (12件):
もっと見る
MISC (13件):
もっと見る
書籍 (6件):
  • 令和2年度国産食肉等新需要創出緊急対策事業優良事例調査報告書
    公益財団法人日本食肉消費総合センター 2021
  • 国産食肉等の新需要創出へのチャレンジ:令和元年度国産食肉等新需要創出緊急対策事業
    公益財団法人 日本食肉消費総合センター 2020
  • 和歌山県農業展開史II
    和歌山大学 食農総合研究所 2020
  • 現代アメリカの有機農業とその将来 : ニューイングランドの小規模農場
    筑波書房 2018 ISBN:9784811905372
  • 国産食肉等の新需要創出へのチャレンジ : 平成29年度国産食肉等新需要創出緊急対策事業
    公益財団法人 日本食肉消費総合センター 2018
もっと見る
講演・口頭発表等 (29件):
  • 中国の酪農・乳業: メラミン事件以降の政策動向、産業構造の変化と現場の課題
    (畜産経営経済研究会定例研究会 2021)
  • 中国内モンゴル自治区における中小規模酪農経営の生乳販売行動-Web アンケート調査を通じて-
    (日本農業市場学会2021年度大会 2021)
  • 中国の酪農・乳業に関する主要動向-メラミン事件以降の政策動向、産業構造の変化と現場の課題-
    (第13回関西中国経済研究会 2020)
  • 平成30年北海道胆振東部地震によるミルクサプライチェーンへの影響と既存対策の課題
    (日本流通学会北海道・東北部会定例研究会 2020)
  • 平成30年北海道胆振東部地震によるミルクサプライチェーンへの影響と災害等発生時の対応に関する研究
    (2020年度「乳の社会文化」学術研究報告会 2020)
もっと見る
学歴 (2件):
  • 2009 - 2014 広島大学 生物資源科学
  • 2004 - 2008 天津理工大学 生物工学
学位 (3件):
  • 博士(農学) (広島大学)
  • M.A. (Hiroshima University)
  • BEng (Tianjin University of Technology)
経歴 (5件):
  • 2020/04 - 現在 摂南大学 農学部 講師
  • 2018/10 - 2020/03 和歌山大学 食農総合研究所 特任講師
  • 2016/04 - 2018/09 広島大学 教育室 特任助教
  • 2015/10 - 2016/03 広島大学 大学院生物圏科学研究科 研究員
  • 2014/10 - 2015/09 広島大学 グローバルキャリアデザインセンター 特別研究員
委員歴 (1件):
  • 2017/06 - 現在 公益財団法人日本食肉消費総合センター 国産食肉等新需要創出緊急対策事業優良事例調査委員
受賞 (3件):
  • 2021/07 - 日本農業市場学会 学会誌賞(湯沢賞) 中国内モンゴル自治区における生乳出荷形態の再編論理-大手乳業向け出荷契約解消後の生乳生産者の分析-
  • 2020/08 - 乳の学術連合社会文化ネットワーク 令和元年度乳の社会文化学術研究・最優秀賞 平成30年北海道胆振東部地震によるミルクサプライチェーンへの影響と災害等発生時の対応に関する研究
  • 2016/07 - 日本農業市場学会 学会誌賞(湯沢賞) 中国における酪農生産の変貌と乳業の生乳調達の実態
所属学会 (5件):
畜産経営経済研究会 ,  畜産システム研究会 ,  日本農業経済学会 ,  日本流通学会 ,  日本農業市場学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る