研究者
J-GLOBAL ID:201401042230227449   更新日: 2021年07月13日

小段 篤史

コダン アツシ | Kodan Atsushi
所属機関・部署:
職名: 特定助教
その他の所属(所属・部署名・職名) (1件):
  • 京都大学  学際融合教育推進センター 生理化学研究ユニット   ユニット協力教員
研究分野 (5件): 分子生物学 ,  細胞生物学 ,  薬理学 ,  構造生物化学 ,  応用生物化学
研究キーワード (5件): 創薬 ,  分子機構 ,  蛋白質立体構造変化 ,  蛋白質立体構造活性相関 ,  生体高分子
競争的資金等の研究課題 (4件):
  • 2020 - 2023 脂質輸送型ABC蛋白質の分子構造と役割の解明
  • 2017 - 2020 ABC輸送体の動作原理の解明と創薬への展開
  • 2012 - 2015 ABC輸送体の分子機構の解明
  • 2010 - 2011 ABC輸送体のX線結晶構造解析
論文 (19件):
  • Atsushi Kodan, Ryota Futamata, Yasuhisa Kimura, Noriyuki Kioka, Toru Nakatsu, Hiroaki Kato, Kazumitsu Ueda. ABCB1/MDR1/P-gp employs an ATP-dependent twist-and-squeeze mechanism to export hydrophobic drugs. FEBS letters. 2021. 595. 6. 707-716
  • Fumihiko Ogasawara, Atsushi Kodan, Kazumitsu Ueda. ABC proteins in evolution. FEBS letters. 2020. 594. 23. 3876-3881
  • Ryota Futamata, Fumihiko Ogasawara, Takafumi Ichikawa, Atsushi Kodan, Yasuhisa Kimura, Noriyuki Kioka, Kazumitsu Ueda. In vivo FRET analyses reveal a role of ATP hydrolysis-associated conformational changes in human P-glycoprotein. Journal of Biological Chemistry. 2020. 295. 15. 5002-5011
  • Kodan A, Yamaguchi T, Nakatsu T, Matsuoka K, Kimura Y, Ueda K, Kato H. Inward- and outward-facing X-ray crystal structures of homodimeric P-glycoprotein CmABCB1. Nature communications. 2019. 10. 1. 88
  • Keitaro Yamashita, Naoyuki Kuwabara, Takanori Nakane, Tomohiro Murai, Eiichi Mizohata, Michihiro Sugahara, Dongqing Pan, Tetsuya Masuda, Mamoru Suzuki, Tomomi Sato, et al. Experimental phase determination with selenomethionine or mercury-derivatization in serial femtosecond crystallography. IUCRJ. 2017. 4. Pt 5. 639-647
もっと見る
MISC (55件):
もっと見る
書籍 (5件):
  • B&I バイオサイエンスとインダストリー
    一般財団法人バイオインダストリー協会 2021
  • ファルマシア
    日本薬学会 2020
  • 膜タンパク質工学ハンドブック
    エヌ・ティー・エス 2020 ISBN:9784860435370
  • 未来材料
    エヌ・ティー・エス 2006
  • ABC蛋白質
    学会出版センター 2005 ISBN:4762230421
講演・口頭発表等 (7件):
  • Cryo-EM解析を目指した脂質輸送型ABC蛋白質の生産・調製基盤の構築
    (日本農芸化学大会2021年度大会 (オンライン開催) 2021)
  • 多剤排出ポンプMDR1の薬剤絞り出しメカニズム
    (第15回トランスポーター研究会年会 (オンライン開催) 2020)
  • Structural basis for gating mechanisms of a eukaryotic ABC transporter
    (WPI-iCeMS Industry Advisory Committee Conference 2014)
  • High-resolution crystal structure of an ABC multidrug exporter from Cyanidioschyzon merolae, a thermophilic unicellular eukaryote
    (ABC2014, the 5th FEBS Special Meeting “ATP-Binding Cassette Proteins: From Multidrug Resistance to Genetic Disease” 2014)
  • X-ray crystallographic analysis of an exporter-type ABC transporter.
    (4th FEBS Special Meeting on ABC Proteins - ABC2012 2012)
もっと見る
学位 (1件):
  • 博士(農学) (京都大学)
所属学会 (4件):
公益社団法人日本農芸化学会 ,  SPring-8ユーザー共同体(SPRUC)X線自由電子レーザーXFEL利用研究会会員 ,  SPring-8ユーザー共同体(SPRUC)放射光構造生物学研究会 ,  公益社団法人日本生化学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る