研究者
J-GLOBAL ID:201401042230227449   更新日: 2024年06月05日

小段 篤史

コダン アツシ | Kodan Atsushi
所属機関・部署:
職名: 特定准教授
その他の所属(所属・部署名・職名) (1件):
  • 京都大学  学際融合教育推進センター 生理化学研究ユニット   ユニット協力教員
研究分野 (6件): 栄養学、健康科学 ,  分子生物学 ,  細胞生物学 ,  薬理学 ,  構造生物化学 ,  応用生物化学
研究キーワード (7件): 脂質代謝 ,  nascent HDL ,  創薬 ,  分子機構 ,  蛋白質立体構造変化 ,  蛋白質立体構造活性相関 ,  生体高分子
競争的資金等の研究課題 (7件):
  • 2021 - 2025 細胞外基質による細胞機能制御機構の包括的理解とその応用基盤の研究
  • 2020 - 2023 脂質輸送型ABC蛋白質の分子構造と役割の解明
  • 2017 - 2020 ABC輸送体の動作原理の解明と創薬への展開
  • 2012 - 2015 ABC輸送体の分子機構の解明
  • 2010 - 2011 ABC輸送体のX線結晶構造解析
全件表示
論文 (21件):
  • Atsushi Kodan, Ryota Futamata, Yasuhisa Kimura, Noriyuki Kioka, Toru Nakatsu, Hiroaki Kato, Kazumitsu Ueda. ABCB1/MDR1/P-gp employs an ATP-dependent twist-and-squeeze mechanism to export hydrophobic drugs. FEBS letters. 2021. 595. 6. 707-716
  • Fumihiko Ogasawara, Atsushi Kodan, Kazumitsu Ueda. ABC proteins in evolution. FEBS letters. 2020. 594. 23. 3876-3881
  • Ryota Futamata, Fumihiko Ogasawara, Takafumi Ichikawa, Atsushi Kodan, Yasuhisa Kimura, Noriyuki Kioka, Kazumitsu Ueda. In vivo FRET analyses reveal a role of ATP hydrolysis-associated conformational changes in human P-glycoprotein. Journal of Biological Chemistry. 2020. 295. 15. 5002-5011
  • Ryota Futamata, Fumihiko Ogasawara, Takafumi Ichikawa, Atsushi Kodan, Yasuhisa Kimura, Noriyuki Kioka, Kazumitsu Ueda. The role of ATP hydrolysis in conformational changes of human P-glycoprotein in living cells. bioRxiv. 2019
  • Kodan A, Yamaguchi T, Nakatsu T, Matsuoka K, Kimura Y, Ueda K, Kato H. Inward- and outward-facing X-ray crystal structures of homodimeric P-glycoprotein CmABCB1. Nature communications. 2019. 10. 1. 88-88
もっと見る
MISC (59件):
もっと見る
書籍 (5件):
  • B&I バイオサイエンスとインダストリー
    一般財団法人バイオインダストリー協会 2021
  • ファルマシア
    日本薬学会 2020
  • 膜タンパク質工学ハンドブック
    エヌ・ティー・エス 2020 ISBN:9784860435370
  • 未来材料
    エヌ・ティー・エス 2006
  • ABC蛋白質
    学会出版センター 2005 ISBN:4762230421
講演・口頭発表等 (8件):
  • Direct Visualization of ABCA1 Reconstituted in Nanodisc by High-Speed Atomic Force Microscopy (HS-AFM)
    (ABC2023, the 9th FEBS Special Meeting “ATP-Binding Cassette (ABC) Proteins: From Multidrug Resistance to Genetic Disease” Innsbruck, Austria 2023)
  • Cryo-EM解析を目指した脂質輸送型ABC蛋白質の生産・調製基盤の構築
    (日本農芸化学大会2021年度大会 (オンライン開催) 2021)
  • 多剤排出ポンプMDR1の薬剤絞り出しメカニズム
    (第15回トランスポーター研究会年会 (オンライン開催) 2020)
  • Structural basis for gating mechanisms of a eukaryotic ABC transporter
    (WPI-iCeMS Industry Advisory Committee Conference 2014)
  • High-resolution crystal structure of an ABC multidrug exporter from Cyanidioschyzon merolae, a thermophilic unicellular eukaryote
    (ABC2014, the 5th FEBS Special Meeting “ATP-Binding Cassette Proteins: From Multidrug Resistance to Genetic Disease” 2014)
もっと見る
学位 (1件):
  • 博士(農学) (京都大学)
所属学会 (4件):
公益社団法人日本農芸化学会 ,  SPring-8ユーザー共同体(SPRUC)X線自由電子レーザーXFEL利用研究会会員 ,  SPring-8ユーザー共同体(SPRUC)放射光構造生物学研究会 ,  公益社団法人日本生化学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る